デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! こんな本を今日は読みました

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こんな本を今日は読みました 

仕事上がり後御徒町から
秋葉原に行く、今日はパソコンの
部品目当てではなく秋葉原の
ブックオフにいくため。

簿記の本を2冊ほど購入する。
そのまま上野まで歩いて
浅草通りを歩いて
浅草稲荷町店を目指すが
10分歩いても見つからなかったので
引き返す。探し方が悪かったのだろうか?

上野駅の本屋でいつもの様に読書。
クレジットカードのポイントから
交換した1万5千円もの図書カードを
持っていたのでなにか買うに
値する本がないかどうか探す
(ブックオフでは使えなかった)。
思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る

「思考の整理学」ちょと読んでみたけれど
ハッキリ言って爺さんの
古い価値観からの説教みたいで
あまり食指が動かなかった。

宇宙暮らしのススメ―小惑星移住計画宇宙暮らしのススメ―小惑星移住計画
(2009/07)
野田 篤司

商品詳細を見る

面白かったのが野田篤司氏の
「宇宙暮らしのススメ―小惑星移住計画」
宇宙旅行のイロハから始まり
具体的な宇宙旅行について簡潔にでも
面白く書いており、一気に読んでしまった(オイ・・・・)。
書の冒頭にツィオルコフスキーの有名な
「地球は人類のゆりかごだ
だがゆりかごで一生を過ごす者はいない」
の言葉を引用して人間が
現実的に宇宙に進出して
生活していく方法を描いている。
(この言葉、幸村誠氏の「プラネテス」
では「だまされているぞ!そいつぁ
ツィオルコフスキーのついたウソだ!」
と登場人物に言われているのだが
現役の宇宙エンジニアであり
あさりよしとお氏に表紙と挿入されている
漫画を書いてもらっている
野田篤司氏がそれを知らないはずが
ないので意識して引用したのだろう。
なぜ「ウソだ!」と書かれているかは
是非プラネテスを読んで欲しい。
野田氏は本書を読む限り「ウソだ!」と言った
登場人物に結構感情移入していると
私は読んでいる。
プラネテス (1) (モーニングKC (735))プラネテス (1) (モーニングKC (735))
(2001/01)
幸村 誠

商品詳細を見る

SFでは宇宙(地球以外の場所)で
暮らすとなると火星、月、太陽系の
外の未知の惑星、
またはスペースコロニーとか
がたいてい舞台になるけれど
野田氏は
「宇宙で暮らすならばここだ!」
という場所を実に理論的に
書いている(火星や月がなぜ
暮らしたり移住したりするのに
適していないかも)。
その場所とはどこ?
(表紙に書いてあります)

さおり&トニーの冒険紀行 オーストラリアで大の字さおり&トニーの冒険紀行 オーストラリアで大の字
(2009/07/18)
小栗左多里&トニー・ラズロ

商品詳細を見る

「ダーリンは外国人」で大人気の
小栗左多里女史の新作
「さおり&トニーの冒険紀行
オーストラリアで大の字」
私がオーストラリアで体験したのは
コアラとワニを抱っこして、ウォンバットを
触って、グレートバリアリーフに潜って
カンガルーとエミューを食べて・・・
まぁそのくらいだが
さおり&トニー両氏はそれに加えて
さらにラクダに乗ったり、
アボリジニ料理を楽しんだり
各地を巡っていて私をはるかに
超える体験をしていて実に羨ましい。
(カジノについては描いてなかったが
行かなかったのかな?)

この二人はこれからも体験エッセイストとして
ただで、しかも仕事でいろいろな
体験を出きるのだろう・・・。
実に羨ましい。めづめづ 京都は
あんまり羨ましく感じなかったけれど・・・。
めづめづ和文化研究所 京都めづめづ和文化研究所 京都
(2008/11/14)
小栗 左多里トニー・ラズロ

商品詳細を見る


で結局買ったのは
この雑学本。

図解 どっちが得?「おとなの雑学」 (王様文庫)図解 どっちが得?「おとなの雑学」 (王様文庫)
(2009/01/28)
インタービジョン21

商品詳細を見る

あまり中を確認せずに
これだけ立ち読みしたから
申し訳ないというくらいの気持ちで
買って帰りの電車の中で
半分位読んだのだが
中身はちょっと微妙。

知らないことは確かに
へぇそうだったのか、と思わせてくれる
ところも多いけれど知っている分野
(とくにエレクトロニクス)では
情報が古いよ!と突っ込みたくなる
ところもたくさんあった・・・。

まぁとにかく
仕事帰りに大きな本屋のある生活は
最高だ。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/07/16 23:40 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。