デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 裁量労働制と一斉付与の原則と・・・・

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

裁量労働制と一斉付与の原則と・・・・ 

定時(朝9時)から出社しだして
わかった事だが弊社では朝9時に
女性社員(3人)が朝一番のお茶をいれてくれる。
ただし基本的にこれは最初だけで
更に飲みたければ自分で汲む。
出先から営業の人が帰ってきたときは
女性社員の誰かが気を使って
いれることも多いようだ。

本社では定時やお昼にベルがなったり
することはない。この時間から仕事をしろとか
この時間から休めとか特に決めていないらしい。
朝礼とか昼礼も普段はない
(特別な発表や業績の定時連絡ときはあるだろう)
お昼休みも正午の15分くらい前から取りはじめて
13時頃から各々の裁量で始めているらしい。

それに対してかつて私が働いていた研究所と
工場では決められた時間に
ベルがなって、その合図に伴って
仕事をするように求められる。
毎日の朝礼、昼礼はないけれども
(研究所は特別な発表や業績の定時連絡にある
工場勤務の人はそれに加えて毎週金曜日にある)
ラジオ体操の時間が朝一番にあって
それに参加することを求められる
(本来は工場勤務の人のためだろうけれど
研究所の人も参加することになっている)。

きまった時間に鳴るベルは本来は工場現場、
工場事務の人のためのもので研究所所員は
裁量労働だから従う必要はないけれど
同じ敷地内にあって職場が近いので
自然と合わせる形になっている。

当然お昼時間も12時にいっぺんに
とる形なので工場の食堂は正午過ぎに
いっぺんに意混雑する形になる
一斉付与の原則というやつだ)。
研究所の人間が先に食事を済ませてしまえば
少しは緩和されるのだろうけれど
それは流石に遠慮しているらしい
(人気のあるメニューが品切れに
なったら工場の人が不満を抱くだろう)。

タバコの時間もそうだ。
弊社では本社勤務の人間はいつでも
タバコを吸うことが許される
(もちろん余裕がある時に)。
各々の裁量に合わせて、仕事が忙しいときに
仕事をして、時間が空いたときにタバコを吸う。
これは研究所も同じだ。

ただし研究所はタバコを吸うための
吸煙設備を備えた特別のブースがあって
そこでタバコを吸う
(私が入社した頃はとくになんの
吸煙設備も仕切りもないスペースで
吸っていたから大きな進歩だ)。
本社はそういうスペースがないのでオフィスを出て
会社の入っているビルの前で吸う。

それに対して工場勤務の人は休憩時間以外に
タバコを吸うことを基本的に許されない。
工場の人たちがタバコを吸うブースも
あるけれどそこは休憩時間以外は
使用禁止である。
休み時間に働らかざるを得なかった人が
本来の勤務時間に休憩をとることは
許されているが、やはり居心地は悪そうだ。
そういった工場勤務の人はちょくちょく
研究所をいろいろな用で訪れるのだが
いつでもタバコを吸える研究所の
雰囲気を羨ましく思っているそうだ。

しかしその指摘はあまり当てはまっていない
工場では昼間の1時間の休みの他に
午前は10時から15分、午後も3時から15分
休みが与えられている。
その時間はほとんど研究所の人たちは
仕事をしていることが多い。
研究所の人の仕事は基本的に
一人作業で、反応過程などの管理で
決まった時間に休みをとれないことが多いのだ
(昼間の休みも潰れることがある、
まぁ研究職では当たり前だけれども)。
当然夜は残業で工場勤務の人よりも
遅くなることも多い。

しかし裁量労働制の元で働いている人と
一斉付与の原則のもとで働いている
人が一緒に働いているとどうしても
不満を抱く人が出てくる。
当然工場で働いている人が
そういった感情を抱くことが多い。

飲み会の席の話だが私は
「俺たち工場で働いている人間は
勤務時間は話す間もなく働いているのに
お前たち研究所勤務の人間は『いつでも』
タバコをすってべらべらおしゃべりしている」
とか「お前たち研究所勤務の人間と工場勤務の
人間の生涯賃金がどうだこうだ」とか
言われたことがある。

『いつでも』とはとうぜんその工場勤務の
人が研究所を訪れた時の時間だが
研究所は裁量労働制だから
いつでもタバコを吸うことは許されるし
またタバコを吸いながら報告書を読んだり
仕事をすることも多い。

生涯賃金についてはこれは
あまりどうのこうの言いたくないが
工場勤務と研究所勤務の人の賃金を
一緒にしてしまったら、いろいろな意味で
却って不平等になることは疑いない。

こういった軋轢を防ぐためにも
大抵の大企業では工場と研究所は
別にしていることが多いそうだ。

おっとまだ書きたいことがあるけれど
仕事に戻る時間だ・・・・。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/07/16 12:55 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。