デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり 

やっと機会にめぐまれていたので
小畑健×大場つぐみ」の「バクマン。」を読む
(私は基本的に単行本派)。
バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2009/01/05)
大場 つぐみ

商品詳細を見る


まだ一巻の途中だけれども
(三巻まで読む予定)
主人公二人組
(二人共程度の差はあるけれど
頭が良いという設定)
が二人共
「天は人の上に人を造らず
人の下に人を造らず」

意味を誤解しているのに驚いた。

もちろんこれはフィクションの
中の二人がが間違えたことにしているのであり
原作者の大場つぐみは正しい
意味を知っている可能性はある
(この二人のタッグで送り出す漫画だったら
何人もの教養のある人によりチェックされているから
それら全員が見逃したとは考えにくい、
大御所(笑)過ぎて誰も指摘しない
可能性もあるけれど)。

しかし「天は人の上に人を造らず
人の下に人を造らずと」という言葉は

「 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。」
(中略)
「されば前にも言える通り、人は生れながらにして貴賎貧富の別なし。
ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、
無学なる者は貧人となり下人となるなり。」

と続くように
人の身分、ステータスの上下を決めるのは
「天(生まれ身分とかの先天的なもの)ではなく
その人が修めた学問(後天的なものですね)」であると
言っているのだ(まぁこれも極論ですけどね)。

私は身分こそがその人のステータスを決める全てでは
ないと思うけれど、「人は生れながらにして貴賎貧富の別なし。」
というつもりもない。
生まれながらして貴賎はともかく富裕の違いはあるし
両親の社会的ステータスが高ければ
それもやはり受け継がれやすい
(低い方もね!)。

その悲しい現実は様々なデーターで
実査に現れている
(東大に行く学生の親が年収が高い
傾向があるというのはその最たるものですね)。

ああ、勉強すればするほど
(勿論身に入ることを前提にね)
社会のステータスが現実に
決まるのならば、世の中は
もっと平和なのかもなぁ・・・・。
面白くない世界になってしまうことも
否定できないけれど・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/07/11 23:21 ] 日記 | TB(0) | CM(5)
上とか下とかじゃなくて、横にいると考えたいです。

ただ人間ってのは、少なからず上と下で比べて見ていると思います。例外なく。

そう思いそうになったら、なるべく切り替えるよう自分は努力してます。

見上げるのはいいと思うんですけど、見下しそうになる自分が嫌になります。
[ 2009/07/12 02:41 ] [ 編集 ]
そうですね、
あまりこいつは俺より下だとか
上だとか考えていると
剣呑な性格になってしまいますね・・・。
機会の平等という意味だったら
横並びが望ましいと思います。

でも質の悪い連中と人生で
遭遇してしまうと、
こんな奴よりは下になりたくない
といった「反面教師」とも
出会ってしまうことも
事実です。

本文のようなことを
書いていますが
やっぱり私は能力よりも
性格、人柄で人を評価します。

どんな優れた能力の人でも
人格がアレだと、
軽蔑の対象です。

人格が劣っていて
さらに能力まで低いとなると
さらに軽蔑の対象です。

逆に人柄に優れた人は
ちょっと能力に難があっても
見下したりはしません。

アナゴさんがどのような
タイプの人を見下しそうに
なるのはわかりませんが
人格が劣るものを
見下すのはまだ
健全だと思いますよ。


[ 2009/07/12 21:07 ] [ 編集 ]
そうですねぇ、確かに「見下し方」って言うのはありますね。

自分はそういうのに疲れたんで、もしそういう人に出会ったら、興味を無くします。

興味が少しでもあると、嫌でも何か考えてしまうので。

ある意味一番冷たいのかもしれません。


ただ最近思うのは、何かを否定するときは、自分にもその節がないか考えてから否定しようと思ってます。

何かを否定すると、それがそっくりそのまま返ってくる感じがして…なんて言うかわかりませんが、そう思ってます。

嫌いな人は確かにいますが、それ以上に自分が誰かに嫌われることに、すごく恐れています。
[ 2009/07/12 22:58 ] [ 編集 ]
確かに、何かを人を
否定してしまったら
自分も否定されることを
覚悟しなければいけませんね。

まぁ実際に人生を歩んでいると
そういう人間やできごとにアナゴさんも
出会う機会があるかも知れません。

「否定する」って言い方は
変ですけれど「お前を認める」のは
俺の良心が許さないという人物、
出来事と私は不幸なことに
何度も巡り会いました。

そうなったら「自分も否定されるのは
嫌われるのは怖い」とは言ってられません。
何度か否定してきたこともあります。
「No」を突きつけなければいけない
事態もあります。
飽くまで私の主観的な判断ですが。

そのような事態になってしまったとき
アナゴさんが自分を殺さずに、
行動できることを願っています。

すません、うまく言えません。
[ 2009/07/13 20:45 ] [ 編集 ]
いえ、こういう話は普段しないので、すごく嬉しかったです。
ありがとうございました。

嫌いになるよりは好きになりたいです。ただやっぱりそうなれないときは、仕方がないのだとも思いました。
むしろまずは、自分自身が「仕方がない」と思われないように、努力したいと思いました。
[ 2009/07/13 21:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。