デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 読書は有益だ!

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書は有益だ! 

さて貸借対照表の計算には
意外に手間を取り、損益計算書の
作業に取り掛かれたのは
午後もだいぶ過ぎてからになってしまった。

これでここ数年の各項目の
弊社とライバル社の経営戦略の移り変わりが
解ったから、なにか分析データーを取り出せると
思ったら・・・・。
う、何も取り出せない。
貸借対照表から取り出せるデーターは
資産と負債、資本は
額こそ違うこそ割合は
年度によってそんなに違いはなく
単年度で取り出せる
分析と特に違いは見出せない。
強いて言えばライバル社の
買掛金が減少が著しいことくらいか・・・
買掛金の減少は払わなければ
いけないお金を早めに払って
しまったということだろうか?

それって経営的には良いことなのか?
買掛金は別に利子のつく借金ではないから
とくに少なくする必要はないはずだが・・・。
長期借入金や短期借入金だったら解るが・・・。
私が未熟なのか?
それとも単に経費削減を行いましたから
買掛金が減りましたってことかな?

まぁいい明日損益計算書と
並べて考えよう。

貸借対照表の計算で懲りた私は
最初に損益計算書で
使われている勘定項目を
全て書き出そうとした。

あれ、勘定項目の数がずっと
貸借対照表より少ない。

弊社は株式を公開してないので
損益計算書は思いっきりシンプルだ。
対比を行うライバル社は公開しているので
ずっと勘定項目は細分化されているが
それでもずっとまとめるのは
楽で済みそうだ。
こっちを先にやっとくんだった・・・・。

弊社のここ3年度のデーターをまとめたが
2008年度は前年、前前年に比べて減益だけれども
税引後利益(当期純利益)は黒字だった。

一方ライバル社は2008年度は赤字転落・・・。
私が渡されたデーターは連結ではなく
単独の決算だったけれどライバル社の
ウエッブサイトのIR情報で確認したら
連結も赤字だった。
住宅ローン減税と原油安が追い風になれば
今期も黒字が望めるのだが。

会社が終わると今日は上野駅の
本屋ではなく御徒町の本屋で立ち読みをした。
9時に早々と閉店して追い出されてしまったが
そうでなければ10時まで居座っていたかもしれない。

やはり目についたのは貧困関係の本。
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る

西原理恵子女史の
「金銭論」というか「貧困論」。
自らの体験を元に、貧困は
抜け出せない病、親から子に
受け継がれる病という態度を
一環として貫いている。
自ら貧困国と貧者を見てきた
体験から貧困状態にある人を
「貧困の相続者」ないし
「自己責任が大きい人」として
甘えが一切絶対に許さない切り口が
斬新だ。湯浅誠氏が著書の
どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)で
ひたすら「自己責任論」を否定して
公と民による救済を唱えているのとは
対象的とも言える。
どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)
(2009/06/25)
湯浅 誠

商品詳細を見る


西原女史は堂々と貧困は人の
心を荒ませると書いているし
またその荒んだ心が貧困の連鎖を
産み出すと書いている。
アル中仲間と付き合ってきた私から言わせて
もらえば社会の底辺の人々と付き合っていれば
西原女史のような考え方を
抱くようになるのが自然だと思うのだが・・・。

湯浅誠氏は皮肉るわけじゃないけれど
ああいった貧者に囲まれていて
よくもまぁ彼らを弁護することができると思う
聖者かとんでもない偽善者のどちらかだろうな。
(上記の発言を貧乏人差別と受け取る人は
実際に貧乏な人とたくさん交わってから
反論してください。「衣食足りて礼節を知る」って
言葉があるとおり、所持金と礼節と知性は
かなりの確率で正比例の関係にあると思います。
これは文明が発生してから多分逆転したことは
ない事実だと思います。
日本人は金持ちは悪で、貧乏人は弱者で
正義と思っている人が未だに多いですが、
そういう考え方の人の多くは
貧困を経験したことがないと思います)。

西原女史は湯浅氏のような「周りの助け」による
貧困の脱却の勧めはほとんど書いていない。
むしろ「貧者にただ金を与えるだけじゃ
連中は有効に使わず浪費しちまうよ!」と
いった考え方を堂々と書いている。
ただグラミン銀行だけは割と
好意的に取り上げていた。
私も同感だ。

まぁほんわかとした感じの本では
この本も面白かった。
私が結婚できるとは―イグアナの嫁〈2〉私が結婚できるとは―イグアナの嫁〈2〉
(2009/05)
細川 貂々

商品詳細を見る


この細川貂々女史の
「ツレがうつになりまして。」には
私もうつ状態のとき励まされた。
この人も貧困を西原女史と同じく
漫画で乗りきったのだということが
文章というか漫画から感じられる。
心からお祝いを申し上げたい。
ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
(2009/04)
細川 貂々

商品詳細を見る


さてここ最近、ナショナリズム的な
論調の本が田母神俊雄氏の成功から
「更に」増えている気がする。
本屋の一角・・・・・。
これってデジタル万引きじゃないよね
私は「他のどこの国よりも日本に生まれて
良かった」と思うが多分愛国者ではないと思う。
かと言って君が代とか日の丸に嫌悪感はないし
朝日新聞(テレビ)や毎日新聞(テレビ)は
好きじゃないけれどフジサンケイグループの
新聞やテレビも好きじゃない。
ましてや共産主義や右翼、ネットウヨでさえない。
だからこの手愛の「日本を素晴らしい、
もっと愛そうとか」「日本はこれこれが
駄目だから、もっと右傾化して良い国にしよう!」って
本もそれと真逆の主張をする本も
どうも好きじゃない。退屈だし。

それよりも上記の写真にある
町山智浩氏の著作がずっと面白い。
アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (Bunshun Paperbacks)アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (Bunshun Paperbacks)
(2008/10/09)
町山 智浩

商品詳細を見る


アメリカは今日もステロイドを打つ USAスポーツ狂騒曲 (SHUEISHA PB SERIES)アメリカは今日もステロイドを打つ USAスポーツ狂騒曲 (SHUEISHA PB SERIES)
(2009/02/25)
町山智浩

商品詳細を見る


いかにアメリカが滑稽で、狂っていて、
馬鹿らしくて、ほんのちょと素晴らしいって
ことを知った方がずっと
へんな考え方に染まらず健全に
生きていけると思うのだが。

帰りに御徒町のガード下の
道を歩いていたら
ダンボールを敷はじめる
人が多くてビックリした。
ああ、この通りは9時を過ぎると
こういう風景になるのねと
ビックリする。

帰りの電車の中で
ダン・シモンズの短編
「フラッシュ・バック」を読む。
町山氏が上記の本で予言していた
アメリカの崩壊がこの短編でも
一部実現しているのが面白い
(話自体は構成が複雑すぎて
でいまいちだったけれど)。

帰宅してから経済新聞の
夕刊を読むと町山氏が
第二のサブプライム問題に
なりかねないと予言していた
アメリカのクレジットカードとかの
消費者金融の返済率が
過去最悪という記事と問題と
東京株式市場で日経平均は6日続落。
200円を超える下落となり
5月28日以来の9500円割れとなった。
なんてニュースが載っていた
(株価のニュースはネットで調べて
正確に直しました)。

東洋経済が麻生政権による
景気の二番底がくるなんて
特集を組んでいたなぁ・・・・。
日経平均が6000円台になったら
300万くらい突っ込んでみようかな(笑)。

鈴木みそ氏の「銭」の最終話でも
ピンチはチャンスという
話をしていたし。
銭 七巻 (BEAM COMIX)銭 七巻 (BEAM COMIX)
(2009/03/25)
鈴木 みそ

商品詳細を見る


読書をするだけで
これだけ無駄に長文が書ける。
やっぱり読書っていいなぁ!

読書は有益!と思う方は
したのボタンをクリック!

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/07/09 00:42 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
「衣食足りて礼節を知る」って
言葉があるとおり、所持金と礼節と知性は
かなりの確率で正比例の関係にあると思います。

同感です!

貧困は人の心を荒ませ、その荒んだ心が貧困の連鎖を
産み出す。

そうなんです。みな綺麗事を云いますが、それは負け惜しみか偽善です。現実と向き合うことをしなければ
前に進むことは出来ないようです。
今回は、普段Bohが思っていることを堂々と
書いてくれたので、胸のつかえがとれたみたいです。
業界内にはびこる綺麗事!には
時折嫌悪感すら覚えます。

職場、頑張っているようですね。
ほどほどに、、、
自分の出来る範囲内で!
をお忘れなく!!!
応援してます。
[ 2009/07/10 15:13 ] [ 編集 ]
賛同のコメントありがとうございます。
どうしても本屋をうろついていると
こういった本が目に入るのですよね。

世の中の人がもっと本を読んで
知識をつけて
擬似的な不幸な体験を
本当に体験する前に
しておけば・・・・。
全員とはいわないけれど
そういう人の割合が増えれば
と思うのです。
日本は識字率は
たかいのですから。
このパーセンテージまでも
落ちてきたらもう
貧困と知識の低下には
歯止めがかからなくなるでしょう。

そんなことを常日頃思っていると
ついつい暴走気味になってしまいます。

まぁ私もアル中でいったんは
向こう側に落ちかけたそして
いつ落ちてもおかしくない身の上です。
社会が人がもっと良くなってくれれば
それには相互扶助も大事だけれども
自己努力も大事だとおもうのです。




[ 2009/07/10 22:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。