デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 今日は研究所に後片付けに

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日は研究所に後片付けに 

今日は研究所に、荷物などなどの
片付けにいく。

予告していたとおり、9時ちょっとすぎに
到着して片づけを始める。

まずは研究事務所の
片付け、ほとんどの
研究関係の書類は必要ないので
シュレッダーにかける。
研究関係のことが
少しでも書いてあったら
基本的にかけなければいけない。

ただしうちの事務所は
会社内の書類だったら
裏紙使用が奨励されているので
再利用可能は紙は
振り分ける。

私物とその他の
事務用品を回収して
(私物化するのではなく
本社の事務所で使用する)
その後、机と移動式引き出し
を綺麗に磨き上げる
(まあほどほどに)。

これらの作業はほとんど午前中に
済ませることができた。

この作業の前後に
総務の人
(まぁ私も総務だけれども)
と引越しと、傷病手当金について
お話をする。

前も書いたけれど
サラリーマンって本当に
恵まれていると思う。
雇用者がちゃんと
社会保険の積立金を
払っていて総務が
しっかりしてればの
話だけれども。

研究所長が声をかけてくれて
もし食券が大量に余るようだったら
買い取ってあげるよと
言ってくれる。
ありがとうございますと
ただひたすら感謝。

研究所兼工場は結構
大規模なので
食堂があるのだが
そこは食券制だ。

ただし食券販売機が
あってそこで食券を
買うというう形ではなく
8500円の食券代を
総務に支払い、その分の
食券を受け取り、
使っていくという形である。

バスや電車などの
回数券のイメージが
近いだろうか・・・・・・。

食事は定食が450円、
その他麺類など
私が休職していたときに
食堂を経営する
出入りの業者が
変更になり大手に
なったと先日の
パソコンの修復を
してあげた同僚から
聞いていたけれど、確かに
美味くなっているような気がする。

研究所に久しぶりに
入ったときも所員が気安く
迎えてくれたけれども
食堂では工場や品質検査の
人たちも同様に迎えてくれる。

いざ食事を払うときになると
食券の種類が変わっていることに
気づく、以前は300円券と50円券
で支払う形だったが
今では400円券と50円券らしい。
古いのも使えますか?と
尋ねたら、問題なしとのこと。

同僚の食券をちらりと
盗み見たら、以前は
8500円をいっぺんに
購入する形だったが
今では1万円をいっぺんに
購入するらしい。
買ったばっかりで
なくしてしまったら大変だ(笑)。

昼休みはゆっくりと休ませてもらい
(うちの研究所は基本的に
みんなゆったりと、ネットを見たり
読書したり、昼寝をしてすごす)。

午後は「実験台」の片付けにかかる。
ここでいう実験台とは
実験を行う場所、テーブルのこと。
引き出しを開けて、確実にいらないものは
産廃や燃えるゴミ、廃液として
処理する。再利用できるものは
それぞれのおき場所に戻す。

再利用する可能性のある
薬品については元の場所に戻す。
私のの実験台は私が使用する前から
意味不明な薬品、サンプルが
置いてあり、また今日見たら
わけのわからない薬品や
サンプルが増えていたが
それらはまとめて一箇所に
まとめて置く。

作業が終わったら、また
実験台を(ほどほどに)綺麗に
磨き上げる。

その他実験サンプルなどは
もう休職中の間に
片付けてもらったらしく
これらの作業も大体
定時までに終わる。

私の使用していたラップトップコンピューターは
今は他の人が使っているらしい
(私だったらキーボードをこんなに
汚くしないし、確かに以前の
コンピューターのマウスは5ボタンでは
なく3ボタンだった、おまけに
私の取り付けていたテンキー
(PS2接続の私物)も
取り外されていた)。

おそらく研究所を訪れた
他の部署(主に営業かな)の
人がかわるがわる
使用していると思われる
のであまり触れずにいた。

その他やり忘れたことは
ないかとあちらこちら
うろつくがたぶん大丈夫だと
思われる。

いろいろ声をかけてくれる人がいて
そのたびに、何とか戻ってこれました、とか
本当はもうちょっと片付けに日にちが
かかると思ったけれど
もうほとんど終わっちゃった
みたいですよ。とか会話をする。

研究所を出る際に所長と
研究所にいたときの
直接の上司に挨拶。

この時点で食券の
余りは3200円。
「3000円でいいですよ」と
いったが所長は
「いや、いや、いや」と
3200円を支払ってくれた。
遠慮できる立場ではないので
ありがたく受け取る。

さてさてさて
最後の仕事は
脱衣所のロッカーの整理
お仕着せの作業着を
すべて指定の
袋の中に詰め込んで
私服に着替える。

、とこのとき総務の人が
声をかけてくれて
食券が大量に余っていないか
とか質問がないかと
気遣ってくれる。

食券は所長が引き取ってくれた
旨を伝え、作業着の中で
まだ比較的、汚くないものは
再利用できないかと
申し出てみる。
差し出した2着の上着のうち
1着はだめだったが、
もう1着は受け取ってもらった。

残りの汚れた作業着は
指定のゴミ捨て場に投げ入れる。

ふう、疲れたが本来2、3日
かかると思われた作業は
1日で済ませることができた。
帰りは荷物が多いので
ゆっくり自転車をこいで
自宅に戻る。
あと一休みしたら
あす本社に持っていく
荷物の整理をするとしよう。

あとは引越しする前に
一回ぐらい、スーツで
あいさつ回りに行くとしようか・・・・。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2009/05/18 19:59 ] 仕事について | TB(0) | CM(2)
復職、順調な滑り出しのようで安心しました。
これまでは病気主体でしたが、ここからが
娑婆での実社会主体となります。賢明な
アッキーさんならそのあたりは充分分っていることと思います。職場では辛いことも多くなってくると思いますが、
そのあたりの取捨選択を上手にこなして下さい。
無理なものは無理、
出来るものは出来る
そう云った簡単な図式からの出発でヨロシ!と思います。
最初からガンガン飛ばすなんて
馬鹿げた真似だけはしないで下さい。
生意気なことを書きましたが、
先行く仲間からのアドヴァイスと
勘弁して下さい!
いつでも見守っていたいと思います。
[ 2009/05/18 22:55 ] [ 編集 ]
励ましとアドバイスありがとうございます。
研究所での後片付けは
勝手知ったる作業なので
ついつい飛ばしてしまいました。

現在本社の休み時間で
これを書いています。

こちらの皆様は
気を遣っていてくれて
こちらの仕事は
本当に本を読むことと
仕事と事務所の雰囲気に
慣れるだけで済んでいます。

「無理なものは無理、
出来るものは出来る」

いい言葉ですね。

[ 2009/05/19 12:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。