デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 男は借りを作るのが嫌なんだよ!

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

男は借りを作るのが嫌なんだよ! 

現在NHKの
「日本の、これから「独身者急増!
どうする“未婚社会”」
を見ながら書き込み中。

さていきなりだが
荒川アンダー ザ ブリッジ
という漫画をご存知だろうか。

中村光によるコメディ漫画である。
現在ヤングガンガンで連載中。
中村光は「聖☆おにいさん」を
書いている人といえば
わかる人はずっと増えるだろう。

「荒川~」の主人公は
市ノ宮行(いちのみや こう)=リクルート(通称「リク」)
という眉目秀麗、成績優秀、etc.....。
若くして会社の社長という
エリートである。

一応常識人ではあるが
彼の唯一の弱点というか
変わったところは
「他人に借りを作れないこと」
単に義理堅いという意味ではなく
人(家族も含まれる)に借りをつくった状態だと
「喘息」がとまらなくなるという
病気(絶対精神の病気だな)
なのだ。
精神科に行くことを薦めたいが
まぁこれはギャグ漫画なので・・・・。

まぁ彼は極端な例で
実在の人物でさえ
ないけれど、
他人に借りを作りたくない
特に女性に・・・。
という男性は多いのでは
ないだろうか・・・。
私もそうだ。
上記の「荒川~」の主人公リクも
女性に返しきれない借りを作り
それを返す生活を送る。
それが物語のベースとなっている。

今見ている「未婚社会」
ではさまざまな題材で
出演者にアンケートをとって
そこを叩き台にして
出演者に討論をしてもらうという
形みたいだ。

最初のお題は
「男子が女性に積極的に
(結婚とか付き合うとかの)
アプローチをしないのは
問題か?」である。
「YES」、「NO」

既婚男性女性は全員「YES」
それに対して
未婚女性はほとんど
「YES」、未婚男性は
「NO(問題と思わない)」
に見事に別れた。

女性はあくまで
「男性から声をかけて欲しい
かけるべきだ・・・」という
考え方らしい。

まぁ多少は女性のほうから
声をかけるのは
「はしたない」という
気持ちはあるのかも知れない。

NOと答えた未婚男性諸君は
ちょっと前に提言された
草食系男子
とカテゴライズされるだろう。
私もそうだ。
なおウィキペディアには
30代未婚男性の4分の3は
自分を草食系だと
思うというアンケートが示されている。
私のほうが多数派だ(笑)。

自分はウィキペディアの
草食系男性の記事に
あげれれている
草食系男性の
特徴にほとんどが当てはまる・・・。

自分に言わせてもらえば
なぜ好き好んで
異性と付き合って
自分を束縛する
生活を送らなければいけないのか?
それよりも仕事はちゃんとして
(いや今、私は休職中ですけれど・・・)
自由に生きる生活が
ずっと性に合っている。
まぁその他いろいろ
言いたくない理由もあるけれど・・・・。

自分はホモセクシャルではないが
付き合うとしたら同性のほうが
ずっと楽だ。
それもたまに会って
うまい料理を食いながら
趣味の話で歓談するくらいのレベルで。
(同居するのを男性か女性で
無理やり選ばされたら
たぶん女性を採るだろうけれど・・・)。

この番組の出演者の
草食系男子によると
私が挙げた理由のほかに
「セクハラと思われる」を挙げる人が
いた、これは新しい発想だ。

私からも新しい
発想を挙げさせてもらおう。
男性からアプローチする
つまり「付き合ってくれ、
結婚してくれ」ということは
もし受諾された場合
女性に借りを作る
ことになる。

このご時勢にも関わらず
年収400万以上の
男性を妥協の限度と
考える女性が大半の
中でだれがこの自由な生活を
捨てて、束縛されたい生活を
「借りを作ってまで」
望むのだろうか?
(ちなみに未婚男性の
30代は圧倒的に
それ以下の収入の
人が多いという
アンケート結果を
この番組で出していた)

相手の欲求を満たせない場合
「あなたが申し込んできたんだから
付き合って、結婚してあげたのだから・・・・」
と言われれば、圧倒的に
男性、つまり申し込んだほうが
不利である。
このような駆け引きをかんがえれば
「積極的」になれない
男が増えるのも無理はないだろう。
草食系男子はなよなよしているようで
実はプライドは結構高いのだ!


私はこの未婚男女が
若い世代に増えるのは
単に社会が発展しての
多様性の問題だと考える。

もちろん不況が続いて
収入が少ない人が
増えているのも
大きな関係は
あるとおもうけれど。

私もかつては人並みに
結婚したいと大学を
卒業して、就職してから
思っていた。

しかしパソコンという趣味を
知ってから、これを
使いこなせれば
少なくとも私の場合は
お金を使わなくても
十分満ち足りた生活を
遅れるということを
知るようになってから
DINKS」がいいんじゃないか・・・
という思いに変わり、
果ては病を得るに至って
「男女交際はしたくない」
と思うようになってしまった
(男と女どちらかと交際
をしないといけない
という究極の
選択を強いられたら
女性を選ぶけれど・・・・)。
ここまで多様な生き方を
選べる社会であえて
「結婚」に縛られる必要は
ないようにと思うように
なってしまったのだ。
番組に出演している
草食系男子も
それを挙げていた。

しかし、結婚の
問題はともかく
「少子化」は大きな問題だと
私は思う。

別に結婚しなくても
子供はできるが
やはり男女の交わりなくして
それも良好な関係なくして
将来有望な
子供はできにくいと思うから。
もっと言わせてもらえば
両親の社会的ステータスも・・・・。

荒川アンダーザブリッジ (1) (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダーザブリッジ (1) (ヤングガンガンコミックス)
(2005/07/25)
中村 光

商品詳細を見る


人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2009/05/07 21:04 ] 自分について | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。