デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! イギリスコミックはアメコミとは一味違うねぇ、Vフォー・ヴェンデッタ

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イギリスコミックはアメコミとは一味違うねぇ、Vフォー・ヴェンデッタ 

今日は映画のあたり日らしい。

ネバーランドに続き、
またまた面白い
Vフォー・ヴェンデッタ を見ることができた。

この映画の予告編は映画館で見た記憶があるが
その印象は単なる、刃を持った怪人が
主人公のアクションにしか見えなかった。

なんかウルトラヴァイオレットとか
マスク・オブ・ゾロと同系列の映画だと
思っていた。
だって予告編から受けるイメージが
そうなんだもん
ウルトラヴァイオレットが駄作(主観です)
だったのでこの映画にもあまり期待をしていなかった。
まぁせいぜい派手な立ち回りを
見せてくれとくれというくらいで・・・・。

実際に見てみるとこれはぜんぜん違う。
確かに派手なアクションシーンはあるが
世界観はジョージ・オーウェルの1984年を
彷彿させるような独裁主義国家のイギリスが舞台
(近未来に時間軸は設定)。
その独裁体制と闘うヒーローが
主人公のVなのだが、もう内容が
ひねってあって、アメコミ原作の映画のような
単なるヒーローとヴィランの戦いを
派手なVFXで盛り上げる内容があまりないような
筋立てとは一味もふた味も違う、
実に深いのだ。

上記に権力と闘うと書いたが、
これだと単なる正義の味方のように
感じてしまうが、実際はかなり
癖がありとても正義とは言えない行動もとる。

あえて言えば「復讐の鬼」といったところだろうか
(そしてその復讐のためには手段を選ばず
またかなり異常な行動もとる)。

原作はイギリスの「DCコミック」だそうだが
(イギリスにコミック文化があると知らなかった
私は冒頭のDCコミックのロゴで
アメコミ原作か・・・と誤解した(笑)。

原作コミックについてはこちらのリンクを参照。

ざっと上のリンク先を読んでみたが
壮大なストーリーを実に
よく一本の映画にまとめたと思う
(全編で132分だからやや長尺だけど)。

「プレミア(映画雑誌)」が休刊になってしまってから
映画雑誌を読むのをやめてしまった私だが
また目を通して見ようかな・・・。

でも「アレ」は内容が硬すぎるし、
「アレ」は映画スター主流だし、
「アレ」は内容が主流とは外れすぎてるし
「アレ」は単なる、映画何でもヨイショミーハー雑誌にしか思えないし。

宝島社の「この映画がすごい!」を立ち読みでもしてみるか。
プレミアの半分くらいも辛口の批評が載っていたら
読んでみてもいいかな・・・・・。
Vフォー・ヴェンデッタ 特別版 [DVD]Vフォー・ヴェンデッタ 特別版 [DVD]
(2007/06/08)
ナタリー・ポートマンヒューゴ・ウィーヴィング

商品詳細を見る

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2009/03/30 19:07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。