デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 見るほうにもベースとなるものが無いとね

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

見るほうにもベースとなるものが無いとね 

ツタヤ・ディスカッスから昨日の夜に発送された
カサノバ、【BLU-RAY】スウィーニー・トッド
フリート街の悪魔の理髪師(ブルーレイ)
が届いていた、最初に届けられたときは
アパートの集合ポストではなく、
部屋の新聞入れのほうに入れてくれて、
セキュリティに気を使っているんだなと
感心させられたが
今日は普通に集合ポストに入っていた。

どうも配る人の気質にこのあたりは
委ねられているらしい。

キング・コング、まだ視聴中である。
なにしろ長い映画だ。
2時間14分見て、やっとコングが
ニューヨークにつれてこられたところ。
残りは明日見よう。

夜の9時から10時からあたりまでは
近くのスーパーで半額、またはある程度値引きされた
お惣菜を漁ることが多い。
日本では一日に3000万人分の
食べ物が無駄になっているそうだが
それを減らすのに貢献しているのだ
(山本弘氏に言わせれば、
私が半額のお惣菜を食べようが食べまいが
食べる量は同じなのだから、
関係ないと突っ込まれそうだが)。

今日は大量だった。
しばらくは買出しに出なくてもよさそうだ。

さて全部見ていないうちに批評するのもなんだが
映画によっては見る人のほうにも
ベースというか、背景を知っていないと
どんなすごいコンセプト、迫力のVFXで作ろうと
届かないものがあるんだなと、考えさせて
くれる映画である。

ピーター・ジャクソンの前作、
ザ・ロード・オブ・ザ・リングズでは
J・R・R・トールキンの「ホビットの冒険」、「指輪物語」が
それになってくれていた。

指輪物語を読んでいれば
映画の構成上、説明をはしょらなくても
いけなくても観客はその映画に
ついていけて、そのすばらしさを味わえる。
(逆を言えば、読んだこともない人が
多いだろうに、あそこまで(日本で)ヒットしたのが
私には不思議だった、お前本当にわかっているのかと?)

ちょっと古い映画をあげさせてもらえば
イングリッシュ・ペイシェント
なんかも、原作未見だと????、な人が
多いのではないだろうか。

ティム・バートンの「エド・ウッド」もやはり、
背景のエクスプロイテーション映画の歴史や
エド・ウッドについて知らないと、面白いは思えない。
(エド・ウッドは知っていると、面白どころか
泣けてくる映画である)。

このキング・コング、ギラーミンのキングコングの
時代設定が現代(当時の1976年)だったのに対して、
おそらく初代の映画が作られた1930年代か
それよりちょっと前、映画の黎明期を
舞台にしていると思われる(正確な
年代は私が確認した限り出てこない)。

映画というとなんか(ジャンルにもよるだろうけど)
少し(少なくともテレビよりは)高尚なものと
考えたがる日本人では、いかに当時の映画というのが
見世物的で、作る人たちが山師的だったかを
知らないとこの物語は楽しめない。

しかしその山師たちもそれなりの矜持をもって
見物人にいかに新しくて、珍しくて
そして自分たちが稼げるものを提供したくて
命がけの冒険をしてきた。
この舞台裏がわからないと
この映画の本当の楽しみはわからない。

この映画は面白い映画を作ろうとして
髑髏島に強引に乗り込んだカール一行が
(カールはプロデューサー、監督、カメラマン等、
などあらゆる役を引き受けられる、映画黎明期の
典型的な人物である)、そこにすむ未知の化け物
に襲われ、多くの犠牲を出す。
なおかつワンダーを世界に提供してやろうという
意気込みを感じさせてくれる。

それが解らない人は単なるカールのような
人物は単に、人命を軽んじる守銭奴で強欲な人物としか
映らないだろう。

ジャクソンには2007年度のギネス新記録によると
22億円強の監督費を前払いでもらって
これは監督に対する前払い額の最高記録だそうである
(あくまで当時、今は破られているかも知れない)。

しかし私はカールという登場人物に、幼いころから
彼に影響を与えてきた、B級映画、モンド映画の
監督、製作者へのリスペクトが払われているとしか
思えない。

自分が憧れ、これからもそうありたいと
思ってきた人々への。

興行師たちの映画史 エクスプロイテーション・フィルム全史興行師たちの映画史 エクスプロイテーション・フィルム全史
(2003/12/21)
柳下 毅一郎

商品詳細を見る

映画を単なるデートの一舞台や、
暇つぶしの娯楽としか考えてない
本当の意味の「映画好き」には
ぜひ読んでほしい著書。
以前も紹介したことがあるけれど
ぜひ本当の映画史を知るために。

キング・コング 通常版 [DVD]キング・コング 通常版 [DVD]
(2006/05/25)
ナオミ・ワッツジャック・ブラック

商品詳細を見る


人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2009/01/16 22:52 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。