デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 精神病院の閉鎖病棟は心をさらに病ます9

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

精神病院の閉鎖病棟は心をさらに病ます9 

Yさんの病名は神経症とのことでした。
神経症についてはリンク先をご参照ください。いわゆるノイローゼです。
Yさんは外見に大きな特徴を持っていました。
頭と首に明らかに刃物のものと思われる傷跡が付いているのです。
なんでも2、3ヶ月前に刃物で自殺を図り、家中を血だらけにした状態で発見され、
病院に運び込まれ一命をとりとめた後、こちらの病院に運ばれきたとのことです。

彼は家族に引取りを拒否されたと言っていました。
彼Yさんの年齢は私とおなじ30少し過ぎでした。私と同様就職氷河期を味わい、
彼は正社員になれず派遣の仕事を続けてきたといっていました。
彼は常にあせっていました。さまざまな場所に派遣されてもうまくいかず、
親ともうまくいかず、結局自殺を図ったのです。

将来が不安な派遣を続け、親ともうまくいかずにノイローゼとなる。
正直私も将来は他人事ではない問題でした。
それだけに彼の嘆きは、身につまされ私の心を病ませました。
彼は畜生、畜生、ああ不安でどうしようもないぜと
独り言を病室で繰り返しました。病錬にある公衆電話で長話をして
家族や区役所か市役所の福祉課の人たちと話をしていました。
なんでもYさんは何級かの障害認定を受けており、福祉課に
就職のお世話になることが出来るのだそうです。

Yさんはビル管理士の資格をとり、それを退院後の生業にしようと
していました。その際にその仕事は年収が少ないよとNさんに水を
差されていたのは前述の通りです。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト
[ 2007/08/09 11:16 ] 治療 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。