デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 21世紀も少女は宇宙を駆ける~寄り道だらけのオデッセイ~④

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

21世紀も少女は宇宙を駆ける~寄り道だらけのオデッセイ~④ 

トンデモ本の世界の「はじめに」(前書きみたいなもの)
によればと学会の結成は
1992年だからこのギャラクシーシリーズは
と学会の設立から最初の出版物(トンデモ本の世界)
を出す時期と重なって出版されていることになる。

山本氏は「トンデモ本の世界」の中で
このような出版物が堂々と出版され
沢山の人がそれを本気にして(だまされて)
いることを嘆いている。
それを知っていると、このギャラクシーシリーズは
まさに、地球外のことを描いていてもまさに
書かれている内容は地球における現実の
パロディであることがわかる。

私は2巻の内容をジョナサン・スウィフトの
ガリバー旅行記になぞらえたが
これは全巻にわたって言えることだ。
山本氏はこういった現実を
表現の自由を侵害してまで、批判、規制するのではなく
「笑い飛ばす」ことこそが唯一の対処法であると書いている。
(表現の自由~は私が勝手に加えた文章)

まさにギャラクシーシリーズはその理念に基づいて書かれている。
美葉にこのシリーズに渡って降りかかる災難は
かなりシリアスなものもある、
そしてそれはたいていが異なる価値観、容姿
生活形態を持つもの同士の衝突によるものだ。

それさえも笑い飛ばすことができるのが
このシリーズのすごいところであるのだ。


最後の最後で言わせてもらうが、
この3巻にわたるギャラクシーシリーズの
全巻の最初と最後には山本氏が作詞した、
このシリーズのオープニングテーマ、挿入歌、
エンディングテーマが記されている。
またメタフィクションな後書きも書かれている。
まさに「バカSF」で」ある。

山本氏は今日も仮面ライダーのように
世の中の「トンデモ」と戦う日々を続けているが
そこにはギャラクシーシリーズで描かれてた
ユーモア色が薄くなっていることはゆがめない。
その理由も何となく解る。
まさに美葉が陥った感情に
山本氏も陥りかけて
いるのかもしれない。

是非、またギャラクシーシリーズのような
「バカSF」を書いて、世の中を笑いとばしてくれることを、
願わずにいられない。

たぶんそれが山本氏にとってもよい選択だと思うから。

CIMG7978.jpg
ギャラクシー・トリッパー美葉〈3〉寄り道だらけのオデッセイ (角川スニーカー文庫)ギャラクシー・トリッパー美葉〈3〉寄り道だらけのオデッセイ (角川スニーカー文庫)
(1995/10)
山本 弘

商品詳細を見る


人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2008/10/15 22:42 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。