デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 精神病院の閉鎖病棟はひどいところ3

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

精神病院の閉鎖病棟はひどいところ3 

精神病で病院に入ったのだから、
ちゃんと毎日メンタルケアをしてもらって、大切に扱ってもらえる
と思いますか?
とんでもない!
基本的に私が入った精神病院は朝6時に起床させ、検温させます。
この検温ですが、患者がやるんですよ。
もちろん出来ない車椅子の人や寝たきりの人は看護師さんがやってくれるのですが、
基本的に入院時の検査で異常がが見つからない人
(つまり精神は病んでいても肉体は健康な人)以外は、
朝一回検温させ、前の日に何回便(大のほう)をしたかを書き込ませるだけです。
大便の回数はもちろん当然検温は自己申告です。

こんなことでいいんでしょうか?白岡の病院では当然看護師さんが
一日に何度も検温と血圧を測定してくれました、
重症だったから当然かもしれませんが、本当にこれでいいのでしょうか。
現に前に入院した時点で私はすぐに高熱を出して急性膵炎になったのですが
少なくとも3日ぐらいはほっとかれました。黄疸がでてやっとCTスキャンが撮られて、
白岡の病院に運ばれたのです。

もうそのときはかなりの重症だったということは前書いたとおりです。
当時は私がアルコールの飲みすぎで自業自得と考えていましたが
(医者にもそんなことを言われた)
ちゃんとした病院だったら、すぐに気づいて処置をするでしょう。
そうすればあんな危篤寸前までならなくて
済んだのかも知れないと思うと本当に腹が立ちます。
いくら畑違いとはいえ病院のすることとは思えません。
おそらく、前回私が手遅れで死んでいれば体制も変わっていたのかも
知れませんが、結局何事もなかったのでそのままと言うことなのでしょう。
人件費を浮かせようという病院の魂胆が垣間見える体制です。
なにしろ毎日数回、ちゃんと看護師さんが体温と血圧を測っていたら
人件費がいくらかかるかわかりませんからね。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。
人気ランキングバナー



スポンサーサイト
[ 2007/08/07 18:13 ] 治療 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。