デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 精神病院の閉鎖病棟はひどいところばかりではなかった

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

精神病院の閉鎖病棟はひどいところばかりではなかった 

飯はまずかったといいたいところですが
これは意外とまずくはなかったです。
一回目に入院した今年の2月の時は
まずくてしょうがなかったのですが、これは
何かしらの改善があったのでしょうか、それとも
アルコールが抜けたせいでしょうか?
なにしろ一回目の入院の時は心は完全なうつ病
酒を急性膵炎になるまでかっくらっていた状態でしたから。
まあ、とにかく飯はまずくなかったです。
毎回残さず食べていました。
ただし量は不満でした。
酒を毎日飲んでいたときはぜんぜん食欲なんて
なく、酒とつまみがちょっとあればいいなんて生活を
していたのですが、閉鎖病棟に入れられて
酒が抜けてくるとなんだか急に食欲がましてきました。
大盛りメニューに出来るという話も聞きましたが
短期の入院のつもりでしたし(実際にそうなった)
量に不満があるのはおかずの量で、ご飯が大盛りに
になってこられても困るので、結局大盛りメニューに
しないまま退院まですごしました。
まあ飯に関してはそれほど不満はなかったです。

ただし、私が以前入院した白岡の病院(こればっか)は
最低での2種類のメニューが選択できました。
このくらいは見習うべきでしょう。
この精神病院は一律で決められたメニューしか出されませんでした。
もちろんその方が金がかからないからでしょう。

味に関してはコメントを差し控えさせていただきます。
なにしろ私は膵炎を患っていたので白岡の病院では
病院指定の療養食しか退院まで食べれなかったのです。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。
人気ランキングバナー




スポンサーサイト
[ 2007/08/07 17:53 ] 治療 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。