デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 底つき④

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

底つき④ 

たしかに普通の会社、営利団体のミーティングだったら
そのミーティングにそぐわない発言やスピーチをしたら
注意されてしかるべきである。だがAAのミーティングというのは
基本的にテーマミーティングといえども、その司会者が出した
テーマにそぐった話を無理にしなくても、またパスしても構わない
というのが原則である。まめな司会者だったら必ずテーマを
自分に出した後に、そのことを付け加える。
(少なくとも私はそういう人を何人も知っている)。

その司会者もそれを知っているからこそ「大声を出す」という形で
暗に「鬱憤(うっぷん)を晴らした」のだろう。
さてその司会者が不機嫌であった話は先の記事で話した。
その理由も詳しく話してくれたが、さすがにそれを漏らすわけには
ゆかないのでご容赦願いたい。
彼から見たら私の現在の待遇は恵まれたものに見えるのだろう。
私はまだ健康を失ってないし(失いかけたことはあるが)
職も一度も失っていない、家族もサポートしてくれているし
また会社も理解してくれている。先の記事に書いたとおりの
「家にガレージに車が2台あり」とまでは行かないまでも
おんぼろのバッテリーがあがった車も持っている
(復職するまで直さないつもりだ)。
だが休職中だから給料は入ってこないし、社会的信用も
かなり失っている。


それでも最近不愉快なこと続きの彼からしたら、妬ましい話だったのだろう。
私だって十分苦しい思いはしてきたのに(彼ほどではないが)、
それを底上げしてしてくれるのがAAという場所ではないのだろうか?
これでは先ゆく仲間が本当に「12のステップを歩んでいるのか?」と思ってしまう。

AAのハンドブックには

「私たちがどんなに落ちぶれていたにしても、
自分の経験がどれほどひとの役に立つかがわかるようになる。」

とある。
彼はそれが解っていないのだろうか?このことは6ステップから先を
半分も終わらないうちに解るとビックブックには書いてあるのだが。
その司会者は私が初めてAAのミーティングを訪れたときに
ミーティングが終わった後に(だから話しても構わないだろう)
自分も生活保護を受けていたんだ、それでも回復できたんだ
一緒にがんばって行こうと言ってくれた人だ。
その後もいろいろ世話を焼いてくれた。

それだけに私は「失望させられた」というのが正直なところである。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2008/09/26 11:58 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。