デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 久しぶりの地元のAA②

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久しぶりの地元のAA② 

なんとか就職が決まり修了のためのレポートもだしたが、
彼女と研究室との仲間は修正されることは
なかった(最低限のつきあいはしてくれた、言葉通りの村八分である)。

まぁそんな訳で私は修了証書授与式(という名前だろうたぶん)に出たくなかった
正直レポートを出した後、ほとんど連絡は途絶えていたし、
修了審査の結果がどうなったかも不明だった。
式に参加してもぽつんとしている自分が想像できた。
部活との仲間とは関係は良好だったが、彼らは彼らの専攻した
学科、研究室との方を優先させるだろう。

そんな式の前日に友人から電話がかかってきた
一緒に彼の家で飲まないかという話だった。
彼とは中学の頃の同級生で、私が大学生時代の頃にふと再開したとき
放送大学に今では通っているんだ。
社会からドロップアウトしてしまったよ、と自嘲していた人間だった。
私は放送大学のことを今もよく知らないが、彼の話は渡りに船だった。

今思うと寂しかったのだろう。お互いに。彼の家にいくのは初めてだったが、
よく行けたものだと今では思う。
いきなりの電話で不案内な地理で、しかも携帯電話もなしに。

家は彼以外誰もいなく、2階のかなりのスペースを
個室として利用していた。そこでプレステのゲームをやるとか、近況などを話しながら
ひたすら酒を飲んだ。木村拓哉の のロングバケーションの話も何故かでた
(今調べたら、ロンバケの放送は1996年、当時の4年前だ、
ビューティフルライフの間違いかもしれない。

樽のディオゲネスは一番うまい酒はなにか?
と聞かれて「他人の酒(ただ酒)」と答えと言うが、本当にうまい酒だった。

いや今は味なんてどうでもいい、問題は私たちがその時痛飲したということだった。
彼はもう就職してもいい年なのに、なにもしてないようだった。
また私も痛飲することが翌日の式をサボる口実になるのではないかと
半分無意識のうちに考えていた。
翌朝(といっても昼近くだと思うが)
こたつで眠っているところを私の母の電話で起こされた。
卒業アルバムにある住所から電話番号を調べて電話してきたらしい。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2008/09/23 22:39 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。