デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! シネマハント②

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シネマハント② 

さてタイトルに偽りありといわれてもしょうがないと書いたが
やはりそのとおりに批判されていた。
Guarby氏が運営されているサイトGuarby's氏のブログの
ここをごらんいただきたい。
なおこの記事は柳下氏のサイトにトラックバックされており
氏はそれを承認されている。
ただしGuarby氏が間違えているのは「シネ・ハント」は
2008/9月号の時点でいまだに連載中であり、また
柳下氏はスタイルは違えど常に
「真面目に」映画を評論しているということだ。

柳下氏が本著の最後の樋口泰人氏との対談で
「悪口を言う(批判をする)方が簡単だが、褒めるのは難しい。」と述べている。
それに対して樋口氏は「悪口は芸がいる」と述べている。
(反論している訳ではない。)

その「芸の」形のひとつであり「お下劣」な形をとったのが
「ファビュラス・バーカー・ボーイズ」であり
「お上品」な形をとったのが「シネ・ハント」なのだ。

ただしGuarby氏の言うとおり、
題名だけを見てハリウッド映画がつまらない
理由を求めて買ってしまった人には
柳下氏は説明責任があるかもしれない。

私は本の題名を常に著者が決められるものではないという
ことを知っている「世界の中心で、愛をさけぶ」も編集者が
つけたものだ。もし編集者などの他人に
出版促進のために付けられたのならばそれを
潔いとしなくても(氏の性格ならありえる)
それを書いておくべきだったかもしれないし
また連載は「シネ・ハント」がなぜ
「シネマ・ハント」に変わったかもだ。
(日本の読者は何々の○○の理由とかやりかたという
類の本が大好きだ)

なお余談だが私は最初「シネマ・ハント」という題名を
聞いててっきり「赤狩り」を意味する英語が「Red hunt」で
それからとったものではないかと思ったが
その予感は外れた(リンク先を参照)。
シネマは一応フランス語だから、そっちも調べてみたが
それも外れた。映画史と赤狩りは切っても切り離せない
関係があるからだ。

さて話を元に戻すと、柳下氏が「商業化された」ハリウッド映画が
つまらなくなっているいくつかの理由というのは
実は氏がこれまで関わってきた
「映画秘宝」関係の本や氏の著作自体に
大いに書かれている。
それを知っている私だからこそ本作を読んでも
特に怒りもなく、別にハリウッド映画だけを扱っていなくても
批判ばかりじゃなくても、怒りは沸かなかった。
(ちょっとやばいんじゃないなとは思ったけど)

氏は多分自覚しているだろうけどその
「芸」の上に誤解されることも多い。
私は氏が関係している映画秘宝ムックの
「70年代映画懐かし地獄―あの頃映画は爆発だった!」
で氏が町山氏との対談(て言えるのかな)で
「70年代以降の映画は惰性で見ている」という発言を見て
だったら映画評論家なんかやめちまえ!
と本気で怒ったことがある。

2008/9/7追記、いろいろ後片付けをしていたら
「70年代映画懐かし~」が出てきました。
そこで見直していたところ両氏が惰性で見ていると言ったのは
70年代ではなく80年代以降の間違いでした。
また柳下氏は町山氏が最初に発言されているのに
同意するという形で上記に類する発言をしています。
ただ私が7/25に書いた感想はそれによって
変わっておりません。


しかし実際には氏は映画をいまなお愛しているし
また評価している。でなければ氏のブログにあるとおり
精力的に映画を観れるはずもないし
こんな本も書けない。
とにかく、「シネマ・ハント」は素晴らしい、
映画評論本だ。ただし決して批判本ではない。
題名が「シネマ・ハント」だけだったら
もっと高く評価されていただろう。

もしこの本を見て氏を素晴らしい
映画評論家と思われるのならば
ぜひ氏のほかの著作も見てほしい。

さしあたっては以下の2作をお勧めする。
70年代映画懐かし地獄―あの頃映画は爆発だった! (映画秘宝コレクション21)70年代映画懐かし地獄―あの頃映画は爆発だった! (映画秘宝コレクション21)
(2002/06)
映画秘宝編集部

商品詳細を見る

愛は死より冷たい―映画嫌いのための映画の本 (映画秘宝コレクション)愛は死より冷たい―映画嫌いのための映画の本 (映画秘宝コレクション)
(1998/08)
柳下 毅一郎

商品詳細を見る

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2008/07/25 18:11 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。