デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! シネマハント①

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シネマハント① 

さて私が先のように長い記事を書いたのは
なにも「自分はこれまでこんなに映画を観てきたんだぞ!」
といいたい訳ではない。
(むしろ映画好きと名乗るには少ないほうだろう)
ただたまたま映画の本の書評を書こうと思って
帰ってきたらこんな番組がやっていたので驚いたのだ。
では以下から始まります。

柳下毅一郎氏の最新著作
『シネマ・ハント ハリウッドがつまらなくなった101の理由』
の書評。
氏は映画評論家を自称する人物の中で
私が信じられるといえる2人のうちの1人である。
(もう1人は町山智浩氏)。
映画秘宝関係の映画評論家にはまだ
信じるに値する方はいらっしゃると思うが、私の不勉強上に
この二人だけを挙げさせていただく。

これは雑誌「エスクァイア」(日本語版)
(公式サイトはこちら。)
に今なお連載されている柳下氏の「シネ・ハント」(シネマ・ハントではない)
の1996/9~2006/12連載分を再編集したものである。
ただしタイトルどおりに本当にハリウッドがつまらなくなった
101の理由が書いてあると思って手に取ると
だまされたと思われるかも知れない。

実際に載っているのは101の映画の批評である。
ただし一つだけ映画を二つ同時に紹介しているページがあるので
実際には102の映画を批評している。
また映画を1つ取り上げるたびに
2つか3つは他の映画に必ず触れられているため
触れている映画の数は200は軽く越すだろう。

じゃあ101の映画の悪口が書かれているのかというと
そうでもない、確かにほめていない映画も多いが
ほめている映画も多い(手放しで褒めているのは
「ロード・オブ・ザ:リングズ」と「少林サッカー」ぐらいか)。

またハリウッドの映画しか取り上げていないのかというと
そうではなく、邦画やインディーズ系の映画も取り上げている。

はっきり言って「タイトルに偽りあり」といわれても
しょうがない本だがそれを超えて余りある魅力が
この本はある。
それをこれから紹介したい。

シネマ・ハント (Eブックス・映画)シネマ・ハント (Eブックス・映画)
(2007/12/21)
柳下 毅一郎

商品詳細を見る


人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2008/07/25 01:03 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。