デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! MM9、パラダイムシフトが怪獣の存在する世界を実現させる!③

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MM9、パラダイムシフトが怪獣の存在する世界を実現させる!③ 

さてパラダイムとはウィキペディアにあるとおり「“時代の思考を決める大きな枠組み”」
のこと、もっと大雑把言えば、「世の中の大抵の人間が考えていること」
のことだ。ただし

これは誤った(拡大解釈しすぎた)理解であり


とウィキペディアにあるので、本当に詳しく知りたい人はウィキペディアを見るか、
後述する参考文献を参照してもらいたい。
パラダイムシフトとは文字通りそのパラダイムが急激に変わる(シフト)することだ。
ここで山本氏が持ち出したのが「人間原理」だ。
人間原理とは簡単に言えば「人間がそう考えているから、
その物理法則は「真」である」という考えだ。
山本氏は著作「トンデモ本? 違う、SFだ!」の中の一章
「信念があれば反重力も実現できる!」でこのことについて述べている。
(ただし、氏はこの章の中で「人間原理」という言葉を用いていないので
私の解釈は間違えているかも知れない。)
グレッグ・イーガンも「万物理論」の中で同じようなアイデアを用いていた。
(これはすさまじく途方も無いレベルで)
つまり昔の人間のパラダイムにおいては
「怪獣のような巨体の生物が重量に耐えて2速歩行をし、
炎を吐くことができ、その他ウルトラマンに出てくる
無茶苦な能力を持った生物が存在できる「物理法則」
が「真」とされていた。今はパラダイムシフトが起こっている途中で
(私たちの知っている)物理法則が優勢だが、それでもまだ
昔のパラダイムは残り、それが私たちのビックバン宇宙論の物理世界の人間と
神話世界の宇宙論の怪獣を同じ世界に共に存在させている理由なのだ!

この話のすごいのはこの人間原理は「因果律」をも超越する。
未来の人間(の多く)が昔は「昔はこうだった」と考えれば、
過去は書き換わる。今生きていて存在している私たちも
未来の人間が「私たちはいなかった」と考えると
その存在は「無かったこと」になってしまうということだ。
これはMM9の終章「出現!黙示録大怪獣」で
重要なテーマになっている。

かなりネタバレになっている気がしないでもないが、
MM9を読んでみれば、その話のあまりの深さに
こんなのは予備知識にしか過ぎないと思えるだろう。

またこの話のすごいのは私たちの知っている神話や伝承が
巧みに物語に織り込まれていることだ。
星野之宣の「宗像教授シリーズ」もすごいが、
MM9の「出現!黙示録大怪獣」はそれをはるかに凌駕している。
もっとも「宗像教授」のほうはシリーズだからネタを小出しにしているが
山本氏のほうはわずか86Pにもてる限り最高の力を注ぎ込んでいるから
比べるのが酷というものだろう。

最後に私がパラダイムやパラダイムシフトを知ったのは前述の
岡田斗司夫氏の「ぼくたちの洗脳社会」だが、
これは氏の公式サイトOTAKING SPACE PORT
ライブラリーで全部を見ることが出来る。
私が読んだのは本だが、サイトのほうもかなり見やすい。
氏はサイトのライブラリーのページで、著書を全部公開することに
ついて壮大な構想を唱えているが、2001年以降の著書については
公開していないところを見ると、その構想は失敗したのだろう。
しかしその失敗を私は評価したい。
(「いつまでもデブと思うなよ」は読んでみたいので残念だが」)

なお彼の唱えたインターネットで本が無料で読めるというのは彼の2000年のときの構想をはるかに凌駕した形で実現しており、彼のようなオタクやオタクを対象とした本や漫画を書く(描く)著作権保護者ほどその被害(著作権侵害)を受けやすい立場にある。

上記の文章の意味が解らない人、貴方たちは幸せな人だ。
貴方たちの心はいまだアトランティスにある。
(なぜアトランティスなんて言葉を持ち出したかはいつか書く日が来るだろう)
どうやらSFの造詣の深い人物が予言した未来は
「最もその人物が望まない方法で」大体が現実になるようだ。

山本氏の著作を一冊紹介するだけでもこれだけの文章を
書かなければいけない。
本当に山本氏の著書は奥深い。
文章の長さを私の論述の下手さにあるか
私の思い入れの強さにあるのかは、
各自で判断して欲しい。

トンデモ本?違う、SFだ!トンデモ本?違う、SFだ!
(2004/07)
山本 弘

商品詳細を見る


ぼくたちの洗脳社会ぼくたちの洗脳社会
(1995/11)
岡田 斗司夫

商品詳細を見る

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
(2007/08/16)
岡田斗司夫

商品詳細を見る


人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2008/07/09 18:34 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。