デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! MM9、パラダイムシフトが怪獣の存在する世界を実現させる!②

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MM9、パラダイムシフトが怪獣の存在する世界を実現させる!② 

なんだかMM9の評論というより
「異常愛、私は如何にしてトンデモ本を信じるのをやめて、
山本弘氏を偏愛するようになったか」
というタイトルにしたほうがいいような気がしてきたが、
もう止まらないので続けさせていただく。

さて山本氏は「こんなに~」の中の
ゴジラ」自衛隊ではゴジラに勝てない?
と題した章で、柳田氏がゴジラを倒せない
と論じた文章を(他の文章と同じく)
辛辣に批判している。
そしてゴジラがわれわれの物理世界で生きている生物だったら
「自衛隊の武装でも十分倒せると」論じている。

気になったのはそこで「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(2001)を
やたら褒めていることだ。なおこのゴジラは平成版ガメラで有名な
金子修介(今ではもっと有名だが)が監督したことで
ゴジラファンの評価が高い作品だ。
山本氏はそのゴジラは「太平洋戦争で死んだ人々の
「残留思念の集合体」であるという設定だ。
だから近代兵器で倒せないというという設定は
「科学的」には間違えているが
「SF的」には納得できると書いてある。
正直私には納得できなかった。山本氏ほどの人物が
そんなオカルト的な理由でなぜ納得できるのだ?と。
やはり身びいきって言うものが彼にもあるのか?と思ったものだ。

注:私はこの作品に山本氏の直接の
関係者が参加しているかどうかは知らない。
ただ山本氏の人脈からその可能性は大いにあること、
また氏の著書には「オタクは国境さえも
超えて皆兄弟」といった考えを髣髴させる箇所が
たくさんあることだけは述べさせていただく。


ちなみに私はいわゆる昭和版ゴジラは一度もまともに見たことが無い。
(初代の1954年のものはおぼろげに見た記憶がある)

平成版は「ゴジラ(1984)」「ゴジラvsビオランテ(1989)」
それと「ゴジラvsキングギドラ(1991)」を見たことがある。
はっきりいって1作目と2作目はつまらなかった。
3作目の「ゴジラvsキングギドラ」はつまらなさを超えて、怒りを覚えた。
お前ら(東宝のスタッフ)は観客を馬鹿にしているだろう?
観客が科学的に無知な馬鹿ぞろいで、
「ゴジラ」ってさえつけていりゃどんなにばかげた内容でも
ヒットすると思っているだろう?って思ったものだ。
現にその後10作が作られているが
私はどれも見ていない。もう彼らが「ゴジラvsキングギドラ」を作ったことで
私のゴジラ観は固定化され、
「馬鹿か馬鹿が好きなゴジラファンがお祭り気分でみるもの」になった。
矢追純一のUFO番組と同じ様なものだと。
唐沢俊一氏(彼も「と学会」の会員)が弟の唐沢なをき氏との共著
(脳天気教養図鑑か怪体新書かガラダマ天国 のどれか・・・・・だと思う)
のなかで作品名は挙げてないものの、
明らかに「ゴジラvsキングギドラ」と解る絵で痛烈に批判していて
ああ、こう思っているのは私だけじゃないんだと安心した記憶がある。

また話が脱線した。
やっぱり山本氏はハムゴジ(ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃のこと)
に納得していなかった。それを証明してくれたのが今回挙げた「MM9」だ。
このMM9の「MM」とは「Monster Magnitude」の略で、怪獣のサイズを
示す指標値であり、地震の大きさを表す
マグニチュードと同じようなやり方で計算される値だ。
MM9の世界では、私たちの住んでいる世界とは違って自然災害(地震や台風など)
は少ないが、その代わりに「怪獣」が自然災害として同様の被害を
世界にもたらしている設定となっている。またテロもそうだ。

たとえば私たちの住んでいる世界で起きた
「阪神大震災」、「関東大震災」、「地下鉄サリン事件」は
すべて怪獣災害として扱われている。
(地下鉄サリン事件はいわゆるカルト宗教(オウム真理教とは書かれておらず、
別の教団名になっている)が起こした怪獣テロ、生物化学テロと説明されている)
彼ら(怪獣)には通常の(ビッグバン宇宙論の)物理法則が通じず
神話の世界の法則が適用されるため、通常の兵器では
倒せないと説明されている。

この神話の世界の宇宙論を成り立たせているのが。
パラダイムであり、ビッグバン宇宙論と
神話の世界の宇宙論を並立させているの
つまり「私たちの世界」に「非科学的な怪獣が存在する」
のを許しているのがパラダイムシフトと説明される。

すみません、今日はここまでが限界です。
続きはまた明日!

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2008/07/09 00:40 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。