デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 倒錯劇は続く、人を傷つけながら①

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

倒錯劇は続く、人を傷つけながら① 

さて、今日の夜のミーティングのテーマは
「取り組みさえすれば必ず実現する」だ。
俺の好きなビックブックの第六章、
ハンドブックにも引用されている部分の最後に書いてある言葉だ。
俺の番が廻ってきた。俺は言ったんだ。

自分は過去ハンドブックに書いてあるのとは違う悪い意味で、
必ず自分のやることはうまくいく(実現する)ってうぬぼれていた。
結果はそうならず、物事がうまくいかないこと、
自分の限界に気づいちまった俺は
そのストレスからたらふく飲んだ。
そしてアル中になった。
おれは中間施設に通い、AAに通うことで
ようやく等身大の自分を取り戻しかけている。

おれはとあるAAグループに所属した。
でもそのグループでは所属後後一年間は
会費(正式名はBOX献金という)を払わなくてもいいんだ。
一見親切なように見えるが、実はその逆だ。
1年間は所属し続けないと、会費を払えずまともにグループの活動をする
資格が無いってことだ。別に自己憐憫で言っているわけじゃない。
この業界いくら出入りがオープンだからって、来る奴来る奴全てに
すぐにグループのメンバーとしての資格をたやすく与えていたら
むちゃくちゃになっちまう。なんていったってスリップ(再飲酒)して
ミーティング会場に来たり、ひどいときは再入院する奴らの集まりだからな。
少なくとも一年間は飲まずにメンバーとして、
しがみついている根性のあるやつで運営しないと
すぐそのグループはめちゃくちゃになっちまう。
でも新しくグループに所属してくれた仲間を露骨に「新参者」扱いも出来ない。
そこで考えたのが、この一年間会費免除制度だ。
ちょっと気が利いた奴だったら、この制度が何を意味するか解るだろう。
俺も最初グループメンバーになったときは張り切っていたが
この制度を知るやいなや、大人しくなった。
俺も大人になったものだ。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2008/07/07 23:44 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。