デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 救えなかった人

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

救えなかった人 

私は常に一枚の手紙を持ち歩いている。
私が入院中に同室で一緒にいつもAAに通い、
いろいろ話した人からのものだ。
もちろんアルコール依存症だ。
彼は私が中間施設に通い始めても
ただAA通いを続けた。
私が何らかの中間施設に通うことを進めても
首を立てに振らなかった。

彼は私が入院中の3/11に退院した。
私が退院した日とたぶん同じ日か、その前日だ。
わたしが中間施設から帰ると、いつの間にかいなくなっていた。
正直驚いた。私宛に手紙が残されていた。
簡単に内容を書くと

私の退院のお祝い、私の主治医(彼の主治医ではない)
と話して退院を決めたこと
自分は中間施設ではなく、自助会でやっていくとの意思表明、
私への入院期間中の感謝、
そして「自分の意思を貫き、
かつ無理をせず生きることの大切さ」

が書かれていた。
彼とはばったり、その1、2日後に病院で会えた、
彼は荷物を何回にも分けて病院に取りに来ていたのだ。
彼は照れくさそうな顔をしていた。
他愛もない話をして別れた。

彼がどうなっていたか不明だったが昨日のメダルミーティングで
彼がどうなったかを仲間の1人から知ることが出来た。
(ミーティング会場はその病院に近い)
彼は退院の一週間後、荷物を取りに病院に現れた
そのとき彼は酔っていなかったものの、明らかに飲んでいる
様子だった。そして5月ごろ、本格的に酔った状態で
病院に現れたらしい。住んでいたアパートは
追い出されたらしい。
その後は誰も知らない。

アルコール依存症の自助会に長く関わっていると
誰しも味わう経験らしいがとうとう私の身にも
起こった。仲間がスリップしただけではなく
死んだという話もいつか聞くのだろう。
じぶんがAAにつながっていれば。

リンクを切られた。
麻耶さんのブログ「躁うつ病と共に生きる」にだ。
求めに応じて私もリンクを消した。
これについては多くは語らない。
拙ブログのここここの記事、彼女のブログのこの記事
全てが残されているからだ。
ジャッジを仰ごうとは思っていはいない
ただ私のやりかたでは人を救えなかった、ただそれだけだ。

人気ブログランキングに2つほど参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。ついでに拍手してもらえるともっとうれしいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2008/07/05 06:44 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。