デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! The world looks all fucked up!But I know the truth.

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

The world looks all fucked up!But I know the truth. 

水曜日と木曜日はAA内の争いを
いつに無くいろいろと聞いた日でした。

水曜の午後の外回りに行く途中
おしゃべりな仲間の人がこんな話をしました。
1.私が通っている中間施設をつい最近修了したとあるおじいさんが
 とあるAAグループに所属していて、そのグループが開くAAで中間施設の話をした
 (おそらくミーティング中に)。そのミーティングの司会者は
 おじいさんにAAとその中間施設は違うのだから、その話はするなと
 言った。(怒っていったのか、やんわりといったのかは不明)
 おじいさんは「切れて」、机を「ドン!」と叩き、○○○(中間施設の正式名)
 はAAのプログラムにのっとって、教育を行っている。そんなことを言うのなら
 このグループを抜けさせてもらうと。司会者も切れ、「大いに結構、これまで
 寄付してもらったお金はお返しする!」と応酬したそうです。
 結局どうなったのかは解りません、おいおい解るでしょう。
 その司会者は長年の飲酒で体を壊し、そのおじいさんに司会を変わってもらうことが
 たびたびでした。またそのおじいさんは同じ話を何度も繰り返す人でした。
 (私はそのおじいさんを個人的によく知っています、同じ通所者だったのですから
 司会者の方は名前はしっていますが、だれだかわかりません。)
 たぶんそのおじいさんがいう「中間施設に通って酒が止まった。と言うせりふが
 司会者の忍耐を越えたのでしょう。「じゃあAAは無意味なのかと!」
 まぁ詳しい話を聞かないうちはジャッジは下せませんが。

2.とある女性クローズドミーティング(アルコホーリクの女性だけが参加できる
 クローズドミーティング)はとあるグループの女性4人によって仕切られている。
 その雰囲気が気に食わなくて、私(噂をした本人)はそのAA会場に
 通うのをやめて他のミーティング会場に換えた。
 (で1.に書いたような事件に出くわした)
 まぁ女性だけでのミーティングはこういってはなんですが、陰険なところがあって
 さばさばした性格のその「おしゃべり好きの仲間」には耐えられなかったのでしょう。
 ちなみに、私はそのグループが開く男女混合のミーティングに参加していますが
 やはりその女性四人が狭い会場を仕切るようにテーブルに座っていて異様な雰囲気を
 かもし出していたことが思い出されます。

ここまでがおしゃべりな仲間の話。

3.水曜日の夜はビジネスミーティングだったのですが、私はそこでうんざりするほど
 各グループ、各地方の間の軋轢を聞きました。
 幸い参加した私のグループの人は人間が出来た人でしたので、
 なるべくその争いには加わらなかったそうですが、うんざりした
 様子でした。もう作る各グループがつくるパンフレットが、あらかじめ決められていた
 書式に従っておらず、まとめられないやら、南にあるAAグループが分裂して3つに
 分かれることが確実だとか(もちろん紛争が原因とは限りませんが、その場合は
 分離と言う言葉を使うでしょう)、他にもういろいろです。
 私はグループに参加してないうちは、ビジネスミーティングは
 視聴覚神経を遮断していたのですが 
 じっくり聞くと、いろいろ興味深く、決してAAの12の伝統どおりに
 物事は進んでいないことが解ります。
4.今日の中間施設の昼食はソーメンと天麩羅、混ぜご飯のおにぎり、漬物などでした。
 大量の揚げ物を扱うときに、中間施設のキッチンは手狭で危険なので、
 揚げ物は外注にすることがあります。
 口の悪い仲間(その仲間の数々の暴言についてはいつか書きます)が
 「あ、職員が手を抜いた~」と発言しました。中傷された職員はいつもだったら
 「なんでも思ったことをすぐ口にするんじゃないよ」とたしなめるのですが、もうその日は
 限界だったのでしょう。「切れて」、「いい加減にしろ」というような台詞を残して
 職員室にひっこんでしまいました。その際職員室のドアを思いっきり閉めて
 大きな音を立てさせました。
 「本当のことを言われたから怒った」か「350円という少ない予算を何とかやりくりして
 豪華な食事(そういうに足りる昼食でした)を用意したのに、それを手抜きと言われて
 頭にきたのか」どちらかは解りませんが、私は後者だと思います。
 またどちらにせよ、その口の悪い仲間の度々の暴言がその職員を怒らせたのは
 間違いないでしょう。

 結局その職員は昼休み中も出てこず、午後のミーティングの
 司会もやりませんでした。午後は歌の練習で、それはその「怒った」職員がやる
 決まりだったのですが、別の温厚な性格の職員がやりました。
 その「温厚な職員」は明らかに、指導に慣れていない様子でしたが
 私たち通所者はもう歌の練習は慣れっこになっていたので
 司会者がどうであれ、うまくこなすことが出来ました。
 私はその「怒った職員」がなぜ司会をやらないかと聞いたところ
 「温厚な職員」は「お客様が来て応対にあたっているから」と答えました。
 そのことは嘘ではありませんでしたが、昼食のことが無かったら
 いつもどおりその怒った職員が歌の練習の指導をしたのではないかと
 私に邪推させるのに十分な一連の出来事でした。

この世界はくそったれに見えます。しかし私は真実を知っています。
一連の出来事には私はいずれもまったく関与していません、
しかし神は私をまずストレスに強くするために、
これらのことを起こしました。
そしていずれこれらと似たようなことがは私の身に
降りかかるでしょう。私はそれに少しはうまく対処できるでしょう。
神はワクチンを私に打ってくれたのです。

Amazing Grace!

人気ブログランキングに2つほど参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。ついでに拍手してもらえるともっとうれしいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2008/07/04 01:38 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。