デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! ご褒美と罰

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ご褒美と罰 

今朝私はいつもより朝早く中間施設に向かいました。
昨夜書いたとおり、鳥かごと金魚の世話をするためです
これは皆が朝やる掃除当番のひとつですが、
諸事情により皆が掃除を始める9:30前に終わらせなければ
いけません。私はいつもその9:30ぎりぎりに来るので
このような特別な当番のときは早く行かなければならないのです。

行く途中に駅で私はスーツ姿で跪く(ひざまずく)男性を見ました。
理由はもちろん解りませんでしたが、土下座しているようにも見える
男性の顔は苦痛に満ちていました。
特に声をかける人もいず、その人はいないように無視されていました。
いや見ていないはずはないですから、放置されていたというべきでしょう。
私は彼のそばを通り過ぎてから、声をかけるべきかどうか迷い
立ち止まりました。「大丈夫ですか」その言葉をかけるかどうかを。
結局、私は1分ほど考えて断念しました。あれだけ人が通る中で
彼が絶望した顔で跪いているにはよほどの訳があるのでしょう。
倒れているのだったらともかく、彼は意識はしっかりしているように見えました。
近くに交番があり、その前には警官が立ち事態は認識しているようでした。
私が声をかけても、たぶん一蹴されるか、万が一悩みを打ち上げられたとしても
休職中のアルコール依存症患者には解決できない類の問題だったでしょう。
私は再び歩き始め駅のすぐそばにあるバス停に並びました。

バス停はいつもより早い時間のせいか学生たちで結構込んでいました。
大抵は大学生でした。順路の途中にたぶん日本で一番学生が多いと思われる
大学のキャンパスがあるのです。
いつもはゆったりと座れるのですが、今日は2人掛けの椅子に大学生と並んで
座りました。そこで神様のご褒美が現れました。
私のストライクゾーンにかなり近い若くて清純そうな制服姿の女学生が
私の座っている椅子の前方ちょっと前に立ったのです。

彼女は「いつも帰りのバスにたくさん乗ってくる小学生のように可愛くはある」が、
私にキリスト教の七つの大罪である”LUST"を起こさせるものではなく、
またバスに乗ってくる女学生の大半を占める「髪を染めて派手な服装の女子大生」
(こちらもまたLUSTをあまり私におこさせない)とはまったく違い、
清純な容姿、風貌を備えていました。これで携帯電話をメルメルやっていたら
減点ものだったのですが彼女は何もせず、ただ私の視線上に”立って”いました。
読書もしていませんでした。読書自体は私の評価の減点にも加点にもならず
「読んでいる本の種類」によって加点されるか減点されるかどうかが決まるのですが
彼女はなにもせずただつり革を掴み外を見ている様子でした。
その顔はよくきれいな女性が意味無くやっているようなしかめっ面でもなく、
またぼんやりした様子でもなく、口は軽く閉じていました。
(口を意味無くしっかり閉めていたり、わずかに開いている女性のなんと多いことか!)
私は彼女がバスを降りる十分間ほどのあいだ、本を読むふりをして
彼女を視姦(なぜこの言葉はWORDの辞書に載っていないのでしょう!)していました。
若い男性として健康的でもあり、またあまり健康的でない考え方を抱きながら。
彼女は私の視線に気づいている様子もなく、平然として”立って”いました。
彼女ほどの容姿だったら、もし気づいたとしてももう慣れっこなのかも知れません。
私は楽しい、10分間を過ごしました。
私がもし跪いている男性をそのままとおりすごしたり、また声をかけたりしたらおそらく
このご褒美は無かったでしょう。神は自分に出来る限り正しいと思える判断をした
私にご褒美をくれたのです!

さて罰のほうですが、今日の午前のプログラムは歌の練習でした。
いつものCDでのカラオケではなく、ピアノを弾ける先生
(よく身分は存じません)が無償の奉仕で来てくれるのです。
本番もこの形式でやるのですが、練習前に実際にやるのは
今日が初めてです。施設には普段は誰も使わない電子ピアノがあるのですが
それが練習にふさわしい位置におかれ、机は隅に寄せられて
即席のステージが出来上がりました。
私はピアノが配置されてコンセントを差し込まれていつでも弾ける状態に
なりました。私はかつてエレクトーンを習っていたことがあり、
ピアノを独学で高校生の頃練習したことがあります。
久石譲がお気に入りでした)
もう何年も弾いてなかったのですが、私はまだ体が覚えているかどうか
試してみたくなりました。そこにはもしうまく弾けたなら音楽に少しは心得が
あることを見せられるという自己顕示欲がありました。
結果はもう散々なもので、口のあまり良くない仲間からの
「五月蝿い」という冷淡な言葉が投げかけられました。
神は私に罰を下されたのです。

まさに神は私を見ている、それを感じさせてくれる出来事でした。
肝心の練習のほうは、先生にあらかじめ渡されていた楽譜と
私たちの練習していたものに、歌によっては大きな違いがあることが
解り、修正がいくつもありましたが、一時間半の時間で
なんとか合わせることが出来ました。
実際の伴奏で練習できるのは、本番の日の朝にやるリハーサルだけですが
まぁうまく行くのではないかという感じでした。

人気ブログランキングに2つほど参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。ついでに拍手してもらえるともっとうれしいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2008/07/02 17:59 ] 自分について | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。