デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 訪問者~中間施設の中心で真実を叫んだけもの~

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

訪問者~中間施設の中心で真実を叫んだけもの~ 

今日は中間施設に訪問者がありました。
70を超えたアルコホーリクスのおじいさんとその姉(妹に見えた)
と看護師さんです。私がかつて入院し、今通っている病院
に入院中の方です。主治医も同じでした。
1日だけの見学です、こういうよく人はくるのですが
私がブログを再開してからは初めてだと思います。
わたしも同じステップを踏んで、入所しました。
看護師さんは私もお世話になった方ですが
向うの方は私のことを完全に忘れていました(笑)。

彼らは一日通所者と同じことをして(掃除はしない)
通所するかどうかを決めるのです。

その見学者を交えた午前のミーティングはステップ3でした。

私たちの意志と生き方を、自分なりに理解した神の配慮にゆだねる決心をした。

です。私はこのようにスピーチしてやりました。

自分は先日先生と今通っている
中間施設の提案を100%受け入れる
誓いを立てました。
職員のかたがたは過去の私の過ちは
自分の考えを使ったためで、以後使わないことに決めました。
神様に全て自分の考え方をおゆだねします。

職員の方々は本を読むとAAの教えを得るのに妨げに
なるとおっしゃるのでこれからは本を読まないことに決めました。

もちろんAAの12ステップはステップ1
(飲酒にたいして私たちは無力だということ)だけ100%認めればいいだけで、
後のステップは完全ではなく成長を求めれば
いいとおっしゃっているので、完全に出来るかどうかわかりませんが努力します。


もちろん完全な皮肉です。
私は本来皮肉や嫌味を言うのは好きではありません。
また上記のことを守るつもりもさらさらありません。
ただ見学者にこの施設は「こんなこと」を指導する
危険な施設なんだよ、ということを喚起したかったのです。

愉快だったのは普段から私の言うことに
反感を抱いていた「仲間」が
上記の発言を本気にして「おれは自分の意思を持つ、神にゆだねたりはしない」
と短くコメントしたことでした
<おお、神をお許しください、オメルタの誓いを破ってしまいました>

(彼はもともと本は読まない人なので
そのことの反論はありませんんでした)。


見学者のおじいさんはそんなやり取りは無関心なようでした。
なおあまりにも耳に余る発言をすると職員に後で呼び出されて
「指導」を受けるのですが今回はそれがありませんでした。
私の発言は職員の「意に叶っていた」のでしょう(笑)。

午後は歌の練習でした。本来は普通にテーマミーティングなのですが
急遽、職員が歌の練習にしました。これで3日連続です。
正直私は不満でした。私はミーティングに来たのであり
歌を歌うために通所しているのではないのです。
あらかじめ知らされていたのなら別ですが
今日は急遽入れられたのです、そんなに本番の時に良い姿を
みせて、私たちは立派に彼らを指導しているのです
とでも誇示したいのでしょうか?

またせっかく見学者が来てくれているのにこの変更はどうかと思います。
見学者3人はいきなり歌詞を書かれた紙を渡されて明らかに
戸惑っていました。1時間半さぞやり場の無さを味わったでしょう。
私にはそう見えました。

見学者の3人とは帰りのバスで一緒になりましたが
アルコホーリクスのおじいさんは通所する気持ちはなさそうでした。
老いた身では入院しながらの中間施設は無理だというのがその理由でした。
前述のとおり私は彼と同じ病院ですから、入院しながら通所するのが
どんなに大変か解ります。はっきり言って老人には無理です。
私の主治医はいったい何を考えて彼をここに送ったのでしょう。

私の今回の心配は杞憂に終わりましたが、私は「訪問者」が
くるたびにこの「真実」を喚起するコメントをするつもりです。
決して中間施設を疎んでの行動ではありません。
まがうことなく私を回復させてくれた施設を愛しているからこそ
そして更に良い場所になって欲しいからこそなのです。
ハーラン・エリスン『世界の中心で愛を叫んだけもの』の冒頭で
大量殺人を犯したウィリアム・スタログが処刑される寸前に
「世界中のみんなを愛している!」と叫んだのと同じように。

世界の中心で愛を叫んだけもの (ハヤカワ文庫 SF エ 4-1)世界の中心で愛を叫んだけもの (ハヤカワ文庫 SF エ 4-1)
(1979/01)
ハーラン・エリスン

商品詳細を見る

人気ブログランキングに2つほど参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。ついでに拍手してもらえるともっとうれしいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2008/06/30 18:30 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(2)
およねといいます
コメントありがとうございました
リンクの件ですが
こんな私でよければぜひお願いします
[ 2008/06/30 21:49 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
早速リンクに加えさせていただきます。
いずれ貴ブログのことを拙ブログで
紹介させていただこうと思います。
よろしくお願いします。
[ 2008/06/30 23:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。