デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 6/17午前のミーティング

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

6/17午前のミーティング 

今日の午前のミーティングのテーマは「飲酒歴を振り返る」でした。
テーマがテーマだけに1人1人に長い話が続き、特に司会者が1人で30分も喋ったので
5~6人にしか発表の機会がありませんでした(笑)。
幸い私はそのうちの1人に選ばれました。
以下はその内容です。

私が始めてお酒を飲んだのは母の実家ででした。
母の実家にはお盆に行くのですが、そのときご馳走が振舞われます。
その席には特別に「男の大人の席」が一角に設けられ、
大人たちがそこでお酒を飲むのが常でした。
私は高校生のころ初めてそこに座ることを許され、お酒を飲みました。
ビールでしたがそんなにうまいとは感じませんでした。
しかし年を重ねるごとに増えマナーも悪くなり、
最後にその宴に出たのは大学1年生の時でしたが、
その場で私は本格的に酔っ払い醜態をさらし、
それ以来その宴には出ていません。

本格的に飲むようになったのは大学生になってからでした。
私が所属していた合気道部では新歓合宿が行われます。
夜の稽古が終わると銭湯に行き、必ず飲みに行くのが決まりでした。
新入生は基本的に飲み会はただで、OBや先輩が持ってくれました。
1年生はずっと飲み代はただというのが伝統だったので、
私たちは1年生の頃は飲みまくりました。
OBがくると稽古後私たちは飲みに誘います。

しかし決して「飲みに行きましょう」とはいいません。
代わりに「先輩、喉が渇きましたね」というのです。
すると先輩が「飲みに行くか」と応じるのです。
これが暗黙の了解というか私の部活の伝統でした。
こうして私は酒のうまさを知りました。
(ギリシャの哲学者樽のディオゲネスは一番うまい酒は?
と問われて「他人の酒(ただ酒)」と答えたといいます)本当にうまい酒でした。

私は酒に酔うと暴れこそはしませんが、
奇行をとるらしくいくつもの武勇伝を作りました。
ほんの一部を紹介いたしますと合宿の夜は
体育館の道場に貸布団を敷いて眠るのですが、
酔って眠っていた私が急に起き上がりトイレに行こうとして
トイレに続く道場のドアではなく清掃用具を入れているボックスの扉を
ガンガンと引っ張り、「開かないぞ~!」と騒いだり、
酔っ払っての寝相があまりにひどいので冷蔵庫に帯で括り付けられたりと
(ぜんぜん私に記憶はありません)、などなどまだまだあります。

部活を4年で引退した後、飲む量は一時減りました。
酒は飲み会の場、居酒屋で飲むものだと思っていましたし、
私は大学院まで進んだのですが研究でほとんど飲む機会が無かったからです。
しかし私は就職活動でつまずき
(就職氷河期と、諸事情で本格的に就職活動を行うのが遅かった)
ためなかなか内定が決まらず、
そこで初めて欝を晴らすためお酒を使うことを始めました。
結局中堅のメーカーに内定が決まりましたが、
もし就職浪人になっていたら精神病院に入るのが10年早くなっていたでしょう。

就職がきまったことにより酒量は減り、
お情けで修了させてもらい就職しました。

研究所に配属されたのですが、
そこでの学歴が私は一番だったのでどん底を味わいかけたのに
再び私はうぬぼれることになりました


そして7年かけて自分は無力で、何の力も無い人間と思い始め
再び酒に溺れるようになりました。
うぬぼれていた時も自己憐憫におちいって欝になっていたときも
酒量はそれほど変わりませんでした。
元気な頃は酒臭い息で研究をしてそれを後輩に指摘されても
「ワインを昨夜2本空けた!楽しい酒だから大丈夫」といっていました。
しかし繰り返しになりますが己の無力さを認め始めた頃から
悪い酒になってゆきました。
そして去年の2月ごろ初めてうつ病で倒れました。
入院後2ヶ月ほどで復職しましたが、結局お酒を飲み続け、
自己憐憫の感情も変わらなかったため3ヶ月間しかもたず
7月ごろ再び倒れ、実家のある地方に再入院しました。
そこを2週間足らずで無理やり退院しても私の酒はとまりませんでした。
結局11月ごろ今も通院している病院に半強制的に入院させられ
3ヶ月と3週間過ごしました。

そこから今の中間施設に繋がり、4ヶ月ほど通っていますが
確実に回復していることを感じられて本当に幸せですと。


信じてもらえないかも知れませんが私は上記の事を
5分とちょっとで話しました。私はとっても早口なのです。

私は本当に口だけ人間です。

では昨日言ったとおり図書館に行ってイーガンの本を借りてきます。

人気ブログランキングに2つほど参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト
[ 2008/06/17 17:58 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(2)
素晴らしい回顧です。
Bohは偏差値↓↓↓の大学出ですが、、、
中卒だろうが高卒だろうが、、、はたまた
マスター、ドクターコース出だろうが関係ありません。
人格、人間性が重要です。
大切なのは学的知識ではなく、生きる上での教養です。
アッキーさんはこれからどんどんと
人格のレベルアップが進むでしょう。
⇒人間力
[ 2008/06/17 21:25 ] [ 編集 ]
そのとおり、学歴なんて関係ありません。
生きるうえの教養を私は中間施設とAAで
学んでいます。
励ましの言葉ありがとうございます。
[ 2008/06/18 16:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。