デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 横暴患者だけで片付けていいのか?1

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

横暴患者だけで片付けていいのか?1 

入院していたころの苦悩を思い出させるニュースが配信されました。
横暴患者に大学病院苦悩、昨年は暴力430件暴言990件」だそうです。
入院や通院している患者のわがまま、横暴による暴言、
暴力事件が顕在化してきたというところでしょう。
こういう問題は白黒つけるのは難しいです。
病院での入院中の待遇には私もいろいろ不満を持っていました。
また通院する際の長い待ち時間も不満であることは確かです。
昨日は9時に病院にいって診察がすべて終わり
薬をもらえたのは12:30でした。正直不満だったです。
これらは病院もあまりにも多い患者に対して、
患者が満足する十分なサービスを法律が定める医療費では
与えることが不可能なのが原因ではないでしょうか。
社会や技術はどんどん発展してゆき、生活はどんどん便利になっています。
携帯電話、インターネット、大画面テレビ、
多様化した情報、サービス。自然に人はわがままになり、
それらのサービスが提供される日常を健康な人は当たり前のよう思うようになります。

飲食業を代表とするサービス業は、
待ち時間の短縮をさまざまな技術を用いて図り、
その他のサービスも含めてますます効率化、多様化しています。
そんな中で病院が提供するサービス
(という言い方はが適当かはわかりませんが)は変化が
遅れている部類に私は確実に入ると思います。

健康だったころは社会の発展の恩恵を受けた生活を楽しむことが可能です。
しかしいったん病気をして医者にかかるため病院にいくとなると、
これまでのお客様は神様のイメージからは程遠い、
扱いを受けることになるでしょう。
入院するとなるとさらに悲惨です。

おそらく入院をすることになったら、テレビはロビーに一台で
みんなで見るしかない、個人用のTVなんて個室にしかない、
ましてやインターネットなんてとんでもない!

ただベッドに横になるだけの生活を送らなければいけないのです。
これではストレスがたまる人が出てきます。若い人は特にそうでしょう。
加えて、人によっては点滴をはじめとする
苦しい治療をうけなければいけない人もいるでしょう。
快適な生活を送ってきた人が一転そういう生活を
送らなければいけないときの苦しみを私も少しは味わいましたから理解できます。
自然に心は荒れ、八つ当たりもしたくなるでしょう。

社会の進歩、発展にともなう「健康な体と良好なサービス」の生活から
「不健康な体、一昔前から変わらない入院生活」
このギャップが大きくなってきたことが私はこの問題の原因と捕らえます。

人気ブログランキングに2つほど参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。ついでに拍手してもらえるともっとうれしいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2007/08/21 13:33 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。