デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 鬱でもないのに死んでゆく若者たちへ

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鬱でもないのに死んでゆく若者たちへ 

記録的な猛暑が続いています。
それに伴い熱中症で死亡、泳いでいて水死というニュースをよく耳にします。
私が神も仏も世の中にはないと再認識させてくれるのは、
若い人たちが死ぬニュースです。

ラグビー部員が熱中症で死亡
2歳児が海で水死=バーベキューの合間、海へ-長崎
中1男子が水死 新潟の河川公園で

探せばまだまだあるでしょう。
一番上のラグビー部の部員が熱中症で倒れたのは8/8です。
それから死亡するまでの8/17までの9日間の間、
ご家族や関係者がどのようなつらい思いをして、
またこれからもしていかなければいけないかと思ってしまいます。
この場合一番つらい立場になるのは、親と部活の顧問の先生、
学校の校長、部長といったところでしょうか、かれらがどれだけ悲しみ、
また悲しみはおいといてどれだけの社会的責任を負わなければいけないのか。
ついつい自分の身に置き換えて想像してしまい気が重くなります。

こういった死に限らず、恐らくうつ病でない方が
特に若い方が不慮の死を遂げたというニュースを聞くたびに思うことがあります。
彼らのほとんどは、人生に生き飽きておらず、
またうつ病でもなく、若いころの私がそうであったように、
将来の夢と希望にあふれていたでしょう。
もし自分の死を死後の世界(が存在したとして)で告げられたら、
全力でまだ死にたくない!と叫ぶでしょう。

私は人生に生き飽きて、将来を憂い、いまは何もやる気がなく
休職中のアルコール依存症+うつ病の32歳の独身男です。
でも自分で死ぬ勇気なんかは微塵もありません。
私は今日一日クーラーの利いた部屋にだべって、
本を読んだりゲームをしたり、ブログを書いていたりしていました。
熱中症、水死そして不慮の事故からは程遠い存在です。

自殺も嫌だけど特に生きていく希望のない私は、
彼らのような不慮の死にある意味あこがれます。
これ以上生きていく必要のない言い訳がほしいのです。

死ぬ前に何らかのかたちで死を宣告されたら、
私は狼狽し、自分なりに残りの人生を悔いないものに行動すると思います。
でも同時に心のどこかでほっとすると思います。
自殺という手段ではなく、これ以上生きていかなくていい言い訳をもらえたことに。

健全な心と社会的地位をもつ人にこの心境はわからないでしょう、
うつ病とは死にたくないまでも、特に生きてもいたくない、
長生きしたくないと思わせてくれる病気です。
これがさらに重症になると本気に死にたくなり、死を選ぶ人もいます。

死を望まなく不慮の死を遂げた彼らに対して、
生きる展望をなくしているのに生き続けている、
生き続けなければいけない私。理性的に理論的に考えれば考えるほど、
このような現実を前にして自分には信仰心のようなものは
一生芽生えないだろうなと思います。
このような私にAAは助けを与えてくれるのでしょうか。

慈悲深い死 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション) 慈悲深い死 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)
田口 俊樹、ローレンス ブロック 他 (1990/07)
二見書房
この商品の詳細を見る

AAのことで記事を書いている人がいないかと思って検索したところ
たまたまMARKOさんの管理する「おとなの隠れ家」でこんな本を見つけました。
なんでもアメリカのAAに参加しているアルコール依存症の探偵が主人公だそうです。
アメリカのAAのことがかなりストーリーに絡んでいるとのことで
興味がわきました。
読んでみてみようかなと思います。

人気ブログランキングに2つほど参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2007/08/17 19:19 ] うつ病 | TB(0) | CM(2)
初めまして。
読んでいただき、ありがとうございます。
この本はスカダー・シリーズの7作目ぐらいかと。
何作目までかは覚えていないけれど、最初のほうでは
この探偵、ガンガン飲んでいました。苦笑
わたしは、AAに関してはこの本に書いてあることしか知りません。
はじめは、AAに参加して効果あるのか?と疑いながら読んでいたけれど
回追うごとに探偵の日常にAAが確実に組み込まれているところをみると
彼(探偵)にとって重要な場所だといえるのでしょう。
ちなみにこの本、このあと6冊ぐらい出版されています。
好きな作家の本なので、あまり手をつけないようにしているんですが(もったいなくて 笑)
気が向いたら、また遊びにきてくださいまし。(^^)
[ 2007/08/19 23:04 ] [ 編集 ]
コメントどうもありがとうございます。
このローレンス ブロックという人は本当にたくさん
本を書いているんですね。まずはこのAA通いの
アルコール依存症探偵スガターシリーズから
始めたいと思います。よんだらブログで
紹介してみますね。
[ 2007/08/20 15:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。