デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 眠剤(睡眠薬)なしの就寝にいどんでみた

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

眠剤(睡眠薬)なしの就寝にいどんでみた 

私がお酒を飲んでいた理由の一つに
「飲まないと眠れない」というものがあります。
どうしても眠れなくて、このままだと翌朝の仕事に
差し控えるからと自分を正当化して飲んでしまうのです。
もちろん翌朝が休日でも飲むのですが・・・・・・。

私が精神科の病院に入院し、断酒していた(させられた)ときは
まずはグッドミン錠0.25mg(ブロチゾラム)を1錠寝る前に処方してもらっていました。
しかしよく眠れなかったので、そのことを主治医に訴えると
さらにロヒプノール2mg(フルニトラゼパム)も処方してもらえるようになり、
ぐっすり眠れるようになりました。

ただ、これらの薬は寝つきはよくなるものの、
寝起きがどうも悪くなるという欠点もありました。
退院時、2週間と2日分の薬をもらったのですが、
私は退院後1週間でロヒプノール2mgは止めました。
寝つきは多少悪くなりましたが、普通に眠れて、
翌朝は多少気分は良くなった気分がしました。
入院した時よりはよく眠れるようになったということです。

昨夜はグッドミン錠0.25mgも抜いて就寝に挑んでみました。
寝つきがひどく悪くなりました。
11時にはベッドに入ったのですが結局午前1、2時までおきていたと思います。
しかも眠りが浅いためかいろいろ夢を見ました、しかも悪夢でした。
とくにその本格的に眠れるまで、起きているのだか、
眠っているのかわからない状態でした。
親がお盆帰りで今朝の4:30ごろ家を出たのですが、
そのときの音で目がやはり覚めました。眠りが浅かったのでしょう。
結局、深く眠れずいろいろな夢を見て(レム睡眠期間が長かった?)
朝の7:30分過ぎに起きれるようになりました。

いつもは8、9時にならないと起きれないので、
この点は改善といえるかも知れません、
しかしなんとなく睡眠不足で薬を飲んだのとは
別の不快感が残ってしまいました。
8月中には、薬なしで寝つき、寝起きが良くなるようには
改善していきたいのですが・・・。

人気ブログランキングに2つほど参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。ついでに拍手してもらえるともっとうれしいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2007/08/13 09:00 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。