デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! アルコール依存+うつ病を受け入れてくれる病院は少ない

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルコール依存+うつ病を受け入れてくれる病院は少ない 

私の親はうつ病を治すためにいくもの病院をめぐってくれました。
しかしたいがいの病院は酔っ払ってお酒を飲みながら
薬をくれと私を受け入れてくれる病院は一つもありませんでした。
私は当時は自分をアルコール依存症ではないと思っていました。
自分がいま気分が沈んでいるのはうつ病と仕事のせいだ。
アルコールを適度に飲んで心を楽にして、
仕事から離れて心を休めそしてうつ病の
薬を飲んでいれば、また働けるようになる。
そう思っていたのです。

結局いくつもの病院を回り、私は久喜にある
大きな精神科の病院に運び込まれたのです。
そこは混雑しており、長い間待たされました。
私はその退屈な時間に耐え切れず、
お酒を求めて暴れました、少し診察の前に飲ませろと
親と口論し、財布を奪い合いました。
診察室にはとてもいられず、親の車の中でそんな
やり取りをしていました。
そうしているうちに親が連絡をしたのか
数人の男の看護士に私は押さえつけられ
診察室に運び込まれました。
わめきながら・・・・。
私は病室でもお酒を「適度に」飲みながら病の薬を
飲んで通院したいと希望しました。
そんな私に医者は一括しました。
「酒を飲みながらうつ病がなおるはずないだろ!」
そして私は無理やり入院させられることになりました。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押してくれるとうれしいです。
人気ランキングバナー
スポンサーサイト
[ 2007/08/04 13:38 ] うつ病 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。