デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 「リテラシー」の大切さ

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「リテラシー」の大切さ 

昨日いけなかった図書館で
ほぼ1日を過ごす。

実は最近週刊新潮、文春が面白くない。
政治というか選挙、政治家の
ことばっかり載っているから。

政治にまったく興味がないわけでは
ないけれどなんか政治家個人の
スキャンダル記事みたいであまり
食指が動かない
(ついでに書かせてもらえば
芸能人のゴシップも私は
興味がない)。

その分今週号のAERAは
面白くて、興味深い内容が多い。
これはAERAの見開きにあった
内部文書管理についての広告。
広告だったら写真撮影しても
かまわないだろう。
20090913(003).jpg20090913(004).jpg
20090913(008).jpg

広告主は富士ゼロックス。
漫画「釣りバカ日誌」の
ハマちゃんが内部統制
プロジェクトに抜擢されて・・・・。
その際に富士ゼロックスの
統合文書管理システムを
導入することにしました・・・。
というもの。

なるほど自分たちでやるのが
無理だから(絶対ハマちゃんには
むりだろうな)アウトソーシング
しましょうよ。って話だな。

鈴木建設は多分かなりの
株式を公開している
大企業だろうけれど
(内部統制を本格的に
導入しようとしているし)
弊社のような中小企業に
導入しようとして
果たして費用対効に
見合うものだろうか・・・・。
こういうところに頼めば
企業の身の丈にあった
内部統制システムを
手頃な価格で導入してくれるのだろうか・・・。
いや甘いよな。

そういえば最近全然
内部統制について勉強していないなぁ・・・。
20090913(006).jpg20090913(007).jpg
ちなみに次のページでは石ノ森章太郎の
「HOTEL」を用いた広告も載せていた。
こっちは「情報セキュリティ」に
ついての広告。

おっと飽くまで面白いのは
AERAの記事。

現在の政治の状況を
わかりやすく図解で
載せてくれている。

朝日新聞系の雑誌だから
民主党礼賛記事ばっかりと
思ったら結構シビアに書いている。
他の情報誌にありがちな
「バラ撒き政策の財源は
どうたらこうたら」という
内容ではなく多岐に
渡って分析している。
これもある意味期待しているから
といって良いのかな。

「国家戦略局」が
官邸主導、政治の一元化を目指すのに
対して「行政刷新会議」が
財政の無駄を無くすための
監視をおこなうか・・・。

ふーん官僚体質脱却と
いっても結局は財務省は
敵に回せなくて、
経済産業省も安泰で
この2省が民主党政治に
必死に食い込もうとしている。

でスケープゴートになりそうなのが
国交省とか厚生省とか
農林水産省か・・・・。
総務省は「官僚たちの夏」で
トチ狂ったのかNECと東芝に
携帯電話のガラパゴス化を
どうにかしろと注文。
それに対して両社は
予算がないうんたらかんたら。

現在の格差社会の
2大戦犯の一人と言われる
竹中平蔵氏にも
インタビューが行われていて
語られている内容が
興味深い。

民主党の政策は
どうしても「大きな政府」を
産みやすい。と財源の
心配をする。
さてどうするのか
日本の国際的格付けが
下がれば国債が値下がり
して長期金利アップ・・。
弊社のような借金をたくさん
抱えている会社はただ事ではない。

竹中氏はしきりに
日本の社会ひいては
日本人の「経済リテラシー」の
無さを嘆いていた。

それさえあれば
今の「格差社会」と
言われているものは決して
小泉政治のせいではないし
また格差社会も数字が
否定しているのに
「弱者叩き」と言われるのが
怖くて本職の経済学者さえも
それを言わない・・・とか。

最近「リテラシー」という
言葉をよく聞く。

上記の竹中氏が言いたいこと
日本人は「経済の知識」が
ないくせに今の「格差」
と言われているものの
犯人を小泉元首相と
自分に押し付けたがって
いると言いたいのだろう。

私もある程度同感だ。
高校生でもわかる日本経済のすごさ高校生でもわかる日本経済のすごさ
(2009/08/29)
三橋 貴明

商品詳細を見る

竹中氏の主張はこの本に
ある程度載っている。

経済発展が著しく
給料が右肩が狩りに登り
土地の値段が上がっていた頃は
ただ一生懸命働いて
貯蓄をして、ある程度
遊楽に費やし
経済リテラシーが無くても
多くの人が幸せに暮らすことができた。

しかしもう右肩上がりの給料は
望めない。さてどうするのか?
もう日本は十分にインフラ、
その他の設備は整っている。
貧民でも必ずしも
情報弱者になるわけではない。
経済リテラシーを持ち
自分で考え、投資をして
「給料が上がらない生活」でも
「生活が豊になる方法」を
「考えて」いかなければ
いけない時代なのだ。
これは森永卓朗氏も同意見だろう
(森永氏と竹中氏の意見が
同じとは、違和感を覚える人も
いるだろうけれど)。

ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」
(2009/09/04)
堀江 貴文西村 博之

商品詳細を見る

この本でひろゆきと堀江氏も
同じことを言っていた。
派遣で寮に住んでいて
手取りが10万円しか
ないなんて「貧困」の
理由にならない。
それしか収入がないのならば
貯金して家賃3万円でもいいから
住所を持ち、それを根城として
キャリアアップを図れと・・・。
それなのに彼らはその余りがねの
7万とかをパチンコとかに使ってしまう。
貯蓄に回さない。
彼らの目の敵にしている
団塊の世代は生活を楽しみながらも
貯蓄はしていた、そうする余裕があった。

しかし派遣労働のかれらは
楽しみだけをとり貯金をしない。
他の人ががそうしているのだから
自分もそうする権利があるのだと
思っているのだろうけれど・・・・・。

というような内容だった
(詳しくは読んでね)。
つまり貧困は「たいていは」
自己責任だと言っている。

私も強く思う。
もう少したくさんの人が
経済を学び、資産の
有効な使いかたを知り、
もっと利口なお金の
使い方をすれば
まだまだ日本は強くなる
余地があるし、その可能性は
高いのに。

まぁとりあえず私は
読書はやめられない。
「経済リテラシー」とやらに
を持たなければ
どうも未来は暗そうだから。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/09/13 22:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。