デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 営業会議は解らないことだらけ。

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

営業会議は解らないことだらけ。 

さて、先日マーケットプレイス
(amazonの個人単位の
取引をクレジットカードでも
決済できるようにしてくれる
サービス、ここを参照))

で仕事に必要な(と私が
思っている)本を購入したが
なんと領収書がついていない。

普通ついているだろう?
と思って調べてみたら
なんとマーケットプレイスでは
いろいろな規約というか
法律のため領収書を
発行できないとのこと。

金銭の授与については
メールで明確にしているので
それを領収書にしてくれとのこと。
ちゃんとした領収書では
ないので認めてくれるかどうかは
その会社の判断次第だ・・・。

室長に相談して
経理に持っていったところ
「領収書じゃないからダメ」
とのこと。

これは私のミスだから
黙って自分で買ったことに
しようと思ったら
室長の方から声をかけてきてくれて
「どうだった?」と尋ねられたので
正直に「駄目でした」と答える・・・。

室長は自分が負担してくれると言ったが
私は「いいえ・そういうわけにはいきません」
と答える・・・・。
もちろん室長は「いいから」と
私からその「領収書にならなかった
メールの文面」を受けとり
その額ぴったりを支払ってくれた・・・。

うううう、1100円経費削減しようと
安直にマーケットプレイスに手を
出したばかりに室長に2000円+@の
負担をかけてしまった。
情けない、よく調べなかった自分と
領収書を発行できないシステムとか
いろいろ・・・・。

なおマーケットプレイスと領収書については
以下のリンクに詳しい。

http://plaza.rakuten.co.jp/wakubuku/diary/200801170002/
http://1sedori.net/info/archives/2005/12/post_119.html
http://q.hatena.ne.jp/1225204414

さて今日は営業会議・・・・・。
私の参加は2回目。
今回は社長も出席する。
前回は出張のため
されていなかった
)。

議長はやぱり本部長が行う。
以前と同じく目標額の発破を
かけた後会議が始まる。
しかし会議の資料が見辛いのは
相変わらず・・・・。
資料は数字がずらずらと
大量に並んでいるだけ・・・・。

発表者はその資料を
見ながら発表するのだが
この膨大な数字のどこを
発表しているのだ?

発表者はこの表のどこを
発表しているのかは
わかっているのだろうけれど
ほかの人はどこを
発表しているのかわかっているのか
微妙だ・・・。
営業経験のない私だけか?
理解できないのは?

私は最下座(入り口のすぐそば)
に座っているのだが周りを見渡すと
やはり回りに座っている人は
各々報告書の違うところをみている・・・。
これはやっぱり・・・・。

いやわかってないのは
私だけだ・・・。
ほかの人はもうみんな
わかっているのだ・・・。


発表している人を
見るとその人は
その人だけの「カンペ」みたいなを
見ながら発表している
(全員がではないけれど)。
そのカンペを報告書に
すればいいのに・・・・・。

そういえば本部長が
会議の始めに
「かならず「週報」を
ほんの少しでいいから
箇条書きでいいから、
書いてください」
と言っていた。
そういうからいうからには
書いていない人が多いのだろう。

私も少しでいいから
「発表の内容を箇条書きでも
いいから書いてください」と思った。
カンペは作っているのだから
報告書にも書けるだろう。

もっとも発表者の中には
ちゃんとそうしている人もいた
(遠くの事業所なので、
あえて詳しく書いている可能性も
あるけれど)。

2シーンほど社長が
声を荒くするシーンも。

ひとつはこれからの原料の
値段が上がるにつれて
弊社の製品の値上げの準備を
しておくようにという社長の主張。
営業本部長は(値上げ交渉は)
慣れているのか
泰然とした態度でいたが
社長はいざというときのために
しっかりと準備をしろとのことを・・・。

もうひとつはとある
不採算部門についての処遇・・・。
現在はその部門は
弊社の強みの部門でもなく
赤字部門であるがかつては
弊社の大黒柱であった部署。

社長ははっきり「リストラ」とは
言わなかったけれども
その部署を「なんとか」したがっている
ことが言葉の端々から伝わってくる。
リストラとは言わなくとも
その製造ラインをもっと
付加価値のあるものに
早く変えて欲しいのだろう。

それに対して本部長はやはり
泰然とした態度。

本部長がこの弊社に勤めて
本当に長いのに対して社長は
親会社からこられた立場で
日日はそれほど長くない
(そんなに短くもないけれど)。

かつてはこういう人事でなる
弊社の社長は「お飾り、名誉職」だった
ことが多かったらしいが
現在の社長は営業出身らしく
就任当時から
「ビシバシ」やる人として
私が遠くの事業所に
いた頃から有名だった。
ほんの2~3年の腰掛だからと
ただなのめに社長の
椅子に座っているよりは
ずっといいと思うけれども。

ちなみに本部長は
移動する前の役職は
「工場長」であり、
その部署に愛着を持っていることは
間違いない。難しいところだ・・・・。

この対立とみえる社長と本部長の
間は仕事熱心さからくるもので
仲は悪くはないのか・・・・・。
それともやっぱり色々
心理的に対立しているのだろうか・・・。
判断は難しい。

別にどっちが良いかは
一概に言えない。
馴れ合いよりは対立の
方が良いときもあれば
行き過ぎもあれだ。
心理的対立だって
時にはうまくいくことも・・・。
まあとにかくこういうのは
結果が全てだ。

ビジネス誌を読んでいると
気づくが結果が成功すると
あらゆることは「成功の母」となり
逆に失敗するとあらゆることが
「失敗の母」となる。
まったく同じことが
ビジネス誌の記事になるときは
成功か失敗かで
まったく異なる結果となるのだ。

さて私から言わせてもらえば
社長は原料の値上げの
商品転嫁の遅れを気にしているけれど
(一昨々年、一昨年、去年はそれで苦労した)
おそらくそれは杞憂に終わるだろう。
10月から11月早ければ明日にも
世界市場は中国の失速により
2番底を迎えると私は踏んでいるから。
景気が低迷すれば値上げなど
言ってられないだろう。

べつに景気の低迷を願っている
わけではないけれど
低迷しなくてもこの
部署が赤字部門であることには
あまり変わりはないだろう。

さてその部署だけれども
B/SとかP/Ll、C/Sだけで見れば
その部署は「なんとか」したほうが
確かにいいだろう。
しかしこの会社が長い元工場長である
営業本部長からみれば
下手に「なんとか」はできないだろう。
私など思いにもよらないさまざまな理由で。

さてまだ書きたいことは
いっぱいあるけれど
明日にするか・・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/09/07 22:55 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。