デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 酒からの解放と、災害に対するBCP

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

酒からの解放と、災害に対するBCP 

今日のAAはテーマミーティング。
テーマは「酒からの解放」
私は今こうして飲まずにいられるが
酒から解放されたか?
と聞かれてたら
「多分されていない」という
のが正直なところだ。

とくにストレスがたまることはないので
それが酒を飲もうとは思わない。
私はかつてストレスで
どうしようもなかったときに
「その時は」酒で救われたことがある。
その時は私は酒の「虜(とりこ)」になった。
それ以来お酒は止められたけれども
解放はされていない。

居酒屋に入ろうとは思わないが
楽しいときは
「飲んでも良いのではないか?」という
思いが頭をめぐる・・・・。
臆病だからなんとか
スリップはせずに済んでいる。
仕事をしているとき、
AAに参加しているときは
そうは思わない。
一時的にはしろ
酒から「かなり」解放されている時だ。

こうしてブログを書いているときも・・・・。
だから私はこうしてAAに参加して
ブログを書いて、AAから
つかの間の解放を得られる時間を
長くするようにしている。。
AAに参加してれば
いつか本当に解放される日がくるのか・・・。


さて今日は防災の日だ。
地震については
先日も書いた・


今NHKでやっているドラマを
書いているのだが
首都直下地震地震が
起きたときどうなるか・・・・。
被害総額は112兆円、
避難所に入れない人は
60万人だそうだ・・・・・。
こちらのページに詳しい)。
ちなみにこの112兆円の見積もりは
5年前、首都圏に本社が
集中したことにより
もっと現在では大きく
見積もられているそうだ。

超高層のビルのオフィスで仕事を
していたとき(28階位かな)
に大地震が起きたときの
シミュレーションが
見たが働いていた人がロッカーや
机にもみくちゃにされて
これでは絶対に
無事に済まないだろうな
と思わせてくれるものだった。
大型のコピー機は一秒間に2m動く。
直撃したらどうなるやら・・・・。

弊社が入っているビルは
それほど高層のビルではないが
エレベーターには
乗らなくてはいけないので
その時地震が起きたらと思うと
本当に怖い・・・・。
私はとくに閉所恐怖症ではないが
閉鎖空間恐怖症では
あると思う・・・・。
閉じ込められるのは
絶対に嫌だ。

実は私はエレベーターは
好きではない。
前の職場では4階に
オフィスがあったのだが
よほど重たい荷物を
持っていたときか
疲れていたとき以外
使ったことがない。
階段を使っていた。
もちろん地震が怖いからである。

今働いているオフィスは
貸しビルのワンフロアであり
上下の階は他の会社なので
当然というか
非常階段しかなく
おまけにその鍵は
日中も掛けている・・・・。
つまりエレベーターを
使うしかない。
最近はだいぶ慣れていたのだが
今日の番組を見ていたら
やっぱり怖くなった。
なるべくエレベーターは
使わないようにしよう。

さて今日の番組を見ていたら
聞き慣れない言葉が出てきた。
BCP(Business Continuity Plan)、
つまり事業継続計画
のことらしい。
日本語でいうとあまり
緊張感が伝わらないが
(英語でもそうだけれども)
これは大惨事、天災、
人災(テロも含む)が起きた時
つまり非常事態になるべく滞りなく
事業を継続する。
つまりいざというときの備えの
計画を立てることらしい。
単に計画書を作るだけではなく
実際に物も用意しなければ
いけないからその費用は
けっこうなものとなる。

日本人の感覚だと
不慮の事故、災害に巻き込まれたときは
困ったときはお互い様というか
ビジネスがストップしても
許されるというか
しょうがないという感覚が
働きそうなものだが
欧米ではそのような
感覚は甘いらしい・・・・
(番組のドラマでは
BCPを立てておらず
大地震の為に契約を
守れなくなった日本の企業が
容赦なく外国の企業に
契約を切られる様が
描かれていた)。

現に欧米の会社の95%は
BCPを用意ずみ、ないし
策定中だという。
911同時多発テロの時に一気に
広まったらしい。
それに大して日本のそれは30%
位らしい。しかもこれは量の問題だ。
その質にしても
日本は欧米に及ぶかどうか・・・。
立てているだけで、具体的に
「モノ」にお金をかけていなければ
なんにもならない。
画餅という言葉がふさわしい。

番組に出演していた外人さんが
言っていたが「BCPにお金を
かけることは実際に
災害が起きてしまった場合よりも
ずっと安く済む」そうである。
保険に入るのと同じ感覚なのだろう。

日本だって自動車で事故を起こしてしまって
人に大損害を与えてしまい
保険に全く入っていませんでしたでは
済まないだろう。
経営企画の人間として
発言の機会があったら
車内で口に出して良いかな・・・。
せめて社員にヘルメットと
乾パン、水を配るくらい
してはどうですかと・・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/09/01 23:49 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。