デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 2009年07月

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。
月別アーカイブ  [ 2009年07月 ] 
≪前月 |  2009年07月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私の保険論②+本格的復職決定 

6月気の住宅地着工件数が発表になった。
21年6月の着工数は68268件で
21年1月(70688件)に迫る
ここ6ヶ月ではもっとも高い値。
住宅ローン減税の効果を
もっとも受けるはずの
持ち家区分は26494件であり
これも去年の10月(26533件)に
迫るこここ9ヶ月ではもっとも高い水準
(投資的住宅にも適用されるから
貸屋区分も含まれるかな)。
それなのに国土交通省の
レポートではここ9ヶ月連続の
減少とか書いてある・・・・。

え!増加に転じたじゃないか?
とよく見たらどうやら「前年同月比」に比べて
9ヶ月連続で減少したと言うことらしい。
多分「前月に比べて」よりも
「前年同月に比べて」のほうが
正しい経済指標を示すと
考えられているのだろうけれど
せっかく久しぶりに増えたのだから
「大幅増加」と書いてほしい。
3、4ヶ月は続かないと
「増加の傾向に」とまでは
書いてくれないのかな。

退勤のちょっと前に
常務に呼ばれて8月から
晴れて復職半ばのリハビリ勤務から
辞令も出て正規勤務となることになった。
でちょっと驚いたのは
弊社の定時は9時から
17時30分までだったということ。
ずっと17時までだと思っていて
17時ちょっと過ぎに帰っていたのだが
まぁこれからはちゃんと定時までは
いるようにと言われた
(怒られてはいない)。

あと前もらった弊社とライバル社の
分析データーを来週中に
見せてほしいとのこと。
一応自分ではわかりやすいように
まとめてはいるが
人様に見せられるようなものでは
ないので見やすくする必要が
あるだろう。来週の
前半はその作業に追われそうだ。

閑話休題。昼間書いた自分の
保険論について再開。

とにかく相互扶助とその精神は
尊いものであり、
またそれゆえに厳格に
適用されなければいけない。
相互扶助の仕組みに加入しない
人間はいま現在、そして将来
様々な理由で苦しむ人を
(自分も含めて、自覚がなくとも)
見捨てているのも同然なのだから
当然そのペナルティは負うべきだ。
無知は言い訳にならない。

かつて911同時多発テロが起こり
その見舞金的なお金が国から被害者に
支給される際に国はその見舞金を
被害者が任意の保険に入っているか
どうかで額を変えようとした
(当然「国」はアメリカ政府です)。
つまり保険金が払われている人には
少なく、無加入の人には多く支払って
「結果の平等」をはかろうとしたのである。
これに対しては物議が起こった。

国は普段から任意の保険に入りなさいって
言っているくせにいざ事が起きたら
日頃生活を切り詰めて保険金を
払っている人間を差別するのか!?
というもっともな意見である。

保険という相互扶助の尊さが
わからない人間ほど感情論で
保険に加入していなかった人の
遺族の貧窮を思うが故に
誤った判断をしがちだが
冷酷に思えてもこの場合正しいのは
政府ではなく、後者の意見である
(この見舞金問題は結局
どうなったのだろうか?)。

7/30の経済新聞に、先ほどのNHKの
ニュースでも国民年金の納付率が
最低の62.1%になったと報道された。
われわれ厚生年金加入者は
国民年金にも加入しているはずだから
62.1%の中に入っていると思いたいが
それでも大問題だし、
もし国民年金にしか加入できない
人間の62.1%しか加入していないとしたら
さらに大問題だ。

保険金を払いたくないという人の中には
社保庁が起こした数々の不祥事を
その理由に挙げる人もいるだろう。
私もその気持ちはわからないことはない。

社保庁の最大の罪は相互扶助という
人類最大の発明と精神を踏みにじり
掛け金に対して、支払額が少ないという
損得勘定に話を矮小化させたことである。

相互扶助の精神を国民に忘れさせ、
支払われる額が少なくなるだろうから
年金は払いたくない、どうせ社保庁の
バカ共に無駄遣いされるんだろう、
なんというモラルハザード的な
考え方を生み出した社保庁の
には責任をとって欲しい
(ヤミ専従なんてやっているところを
みると反省はしてないようだから
無駄だろうけれど、桝添大臣も連中が
無駄遣いした金を完全に取り戻す
つもりはなさそうだし)。

尊い相互扶助の精神を踏みにじった
社保庁の連中は万死に値すると思う
(正直本当に責任者は財産没収の上
死刑にするべきだと思っている、
そのくらい相互扶助の
精神を踏みにじった罪は重い)。

幸い今のところ高度成長時代に
がむしゃらに働いた
団塊世代以上のおかげで
無駄遣いされても
積立金は莫大な額となり
団塊ジュニアである私たちや
その下の世代にも払われる
額はまだまだありそうである。

どうか政府は年金の損得勘定ではなく
相互扶助という精神と
国民年金の遺族年金的
傷害保険的な役割を
全面に出して、納付率が
上がるように努力して欲しい。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/07/31 22:48 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

私の保険論① 

8月からは本格的な
フルタイムでの仕事になる。
通院日を除いて特別な
理由がない限りは普通に
定時に出勤して退勤する。

直接の上司もなにか仕事を
用意してくれると言ってくれた。
する仕事はたくさんあるけれど
なにから手をつけてよいのか?
というところもあって難しいのかもしれない。

そもそも上司からしたら
私が何が出きるのか?
というところもあるだろう。
私になにができるか・・・・。
ネットでしていされた分野の
(無料の)情報を収集してくる
ということだったらできるのだが・・・・。

閑話休題、先日の最後の調整日
(会社の仕事になれるため
もらっている休み)を7月29日に
水曜日にもらった。
その日に引越しでやり残していた
ほぼ唯一の仕事である
各保険の住所変更の手続きを行った。

私は保険は医療保険
(掛け捨ての損保ジャパンの
Dr.ジャパン)と個人年金に2つ、
あと個人介護保険1つに加入している。
生命保険は独身なので
これまで掛けてこなかったのだが
私が今住んでいる県は、住んでいる
住民しか加入できない非常に便利な
県民救済がある。
母にしきりに加入することを
勧められているので、重い腰を
あげたというわけだ。

私は既往歴があるので
それは大丈夫かと尋ねたところ
まずは既往歴があることだけを
申告して申し込み、
それから詳しい話を
共済の人として、その過去患った
病気を保障外にする契約をすることによって
申し込める可能性があるとのこと。
私の場合は急性膵炎とアルコール依存症に
なるのだろうか・・・・。

さて上記にずらずらと並べた通り
私は結構「保険」という名前のものに入っている。
個人年金だって「年金」という名前はついているが
その実態は「保険」であり、
国民年金、厚生年金で生活費が賄えなかった
場合の備えである。
ここを参照にしていただきたいが
年末調整では税の控除を受けることもできる。

自分が任意で払っている保険額は
月3万5千円強になる。
今はパラサイトシングルしているので
払っていないが車を持っていて
賃貸アパートに住んでいた頃は
それらの保険料も払っていた。

さらに給料から天引きされる
健康保険、厚生年金、雇用保険等々の額を
合わせれば私の月々の支出の大部分は
「保険」が占めているといって
過言ではない。

しかし私はそれらの保険料を高いとも
勿体無いとも感じたことはない。
心を患う前からそうである。

さてフリーターとか
若い自由業者の中には十分な
収入がありながら国民年金や医療保険を
支払わない不届き者が増えているという。
もちろん収入がなくて払えないという
人までは(そんなに)責めるつもりはないが。

私個人の考え方としては
収入から住居費、食費などの
最低限度の生活費を差し引いて
余るのならば、そのお金は
真っ先に国民年金と医療保険に
当てなければいけないと思っている。

もし収入が少なくないならば
生活費は健康な生活を送れる
最低限度まで切り詰めるべきだし
遊興費には一銭も使わない生活態度で
払うべきだ
(頭を使えばお金をかけなくても
生活は健康的に楽しめると思う)。
もちろんギャンブルをしていて
払えないは論外である。

なぜ私はそう思うのか?それは保険というものに
対する私の強い信念があるからだ。

「子殺しをするのは人間だけだ」
「同じ種類の動物で殺し、傷つけあうのは
人間だけだ」、「無駄な殺生をするのは人間だけだ」
いう文章を目にすることがある。
大抵はその「人間だけがすること」というものは
「悪いこと」であり、万物の霊長たる人間とは
いっても結局は愚かなことをしているでは
ないではないか!という文脈の文章に
みられる表現だ。

しかしその「愚かなこと」とは大抵の
場合はそれを書いた人間の無知に基づくもので
子殺しをする、同種族で異種族で
無意味に、愚かに傷つけあう
人間以外の動物は数え切れない。

しかし「人間しかやらない」と
胸を張って言えることが少なくとも一つだけある。
それはその社会システムに
「相互扶助」を組み込んでいることだ。

相互扶助とは広い意味があるけれど
この場合は「不慮の事故、病気などで
働くことが不可能になった場合、それを助け合う」
という意味に限定させていただこう。
お互い助け合ったり、幼い子供を助けたりとかする
動物は数が多いだろうが、老齢になったり怪我、
病気で動けなくなった仲間を助ける動物は
寡聞にして聞いたことがない。
群を作る動物だったらある程度は
その機能が社会システムに
組み込まれているかもしれないが
それは副次的なものだろう。

年金は年をとって働けなくなった時のため、
医療保険は病気、怪我のため、名前は違っても
保険とはそういう意味合いを持つものだ。
心身に限らなくても、火災保険、地震保険は
もしそれらの保険の加入者のなかで
被害にあった人がいたら、遭わなかった人の
積立金で助けてあげましょうという
性質のものである。

これぞ万物の霊長たる人類が産み出した
どのような文明の利器にも勝る尊いもので
あると私は考えている
(MASTERキートンっていう漫画の1話を見ると
保険の発祥はギャンブルからだって
学説もあるらいいけれど・・・・)。
MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)
(1988/11)
勝鹿 北星浦沢 直樹

商品詳細を見る

医療保険を忌避する理由と言うものは
金銭的困窮以外はあまり聞かないが
(おれは病気や怪我に遭わないという
愚論を除いて)、国民年金を払わない
理由として聞くのは「支払った年金よりも
戻される年金の方が少ないから」とか
もっとすごいのが「俺はその年まで
生きそうにないから」というものまで
いろいろある。

一見正しそうに見えるがいろいろな
意味で間違えている。
まず保険と言うものは金持ちではなく
貧乏人のためにあるものだ。
本当のお金持ちであれば保険なんか
入らなくても自分の医療費ぐらい
払うことができる。
その他の損害も同様だ。
もし不慮の自己にあった場合自分の
財力、能力だけで回復不能な人間こそ
保険に遊興費とかを犠牲にしても
入らなければいけないのだ。
もしその余裕があり、その保険が
あることを知っていながら
加入しないでいたのならば
当然そのペナルティは負うべきだ。

つぎに国民年金で今時点では年齢が
高い人ほど還元率が高いというのは
本当であろう。しかしそれは忌避の
理由としていいのだろうか?
「年金」という名前から矮小して
捉えられることが多いようだが
実際には国民年金とは怪我をして
働けなくなったらそれを保障してくれる
障害基礎年金 (障害保険)や
遺族基礎年金 (生命保険)の役割も持っている。

国民年金に支払うよりも、自分で
貯金や投資などで運営していたほうが
お得だと考えている人間はもし自分が
まだ若くて、貯蓄もろくにないうちに
怪我や病気で働けなくなったら
どうするつもりなのか。
見捨てられて飢え死にする覚悟なのだろうか?

おっと続きは家にかえってから・・・・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/31 12:55 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

卑屈になるわけじゃないけれど・・・・・ 

弊社の定時は9時から17時まで。
本社は定時に帰る人間は
用がない限りほとんどいない。

ただ私だけは今のところは
とにかく勉強しておけ!
と言われている(ような気がする)
だけで、特に決まった仕事が
与えられているわけでもないので
定時に帰ることにしている。

卑屈になるわけじゃないけれど
趣味の読書とブラウジングを
しているだけで給料が払われ
これで残業代までもらったら
申し訳ないから。

でも17時ピッタリにそさくさと
帰るのもなんだかみっともないので
17:10頃にタイムカードを押すように
帰宅するようにしている。
まぁ社内失業者の小さなプライドだ。

今日は簡単だけれども
PDFファイルを取り扱うアプリの
指導とかをすることもできたし。

でも会社を出て家にまっすぐ
帰宅することはまずない。
大抵は帰り途中にある
本屋で立ち読みをする。
読むものは大抵ビジネス雑誌とかの
情報誌だけれども
簡単に読める本は斜め読みで
一気に読んだりする。
今日読んだ本はこれ
あした選挙へ行くまえに (14歳の世渡り術)あした選挙へ行くまえに (14歳の世渡り術)
(2008/11/01)
池上 彰

商品詳細を見る

さて今回の選挙についてわれわれ
選挙権をもつ人間が
考えるべきイシューが書いてあるのかと
おもったら実際は現代選挙に
おける雑学本に近いものだった。
これはこれど面白く
一気に読んでしまった。

あと読んだのは週刊ダイヤモンド
東洋経済、日経ビジネス、SPAとか。
ダイヤモンドの特集「農業」入門は
あまり面白くなかったけれど
東洋経済の特集の「睡眠力」の
は非常に面白い。

睡眠の大事さや、それが
睡眠を大事にしないと起こる
様々な障害が豊富に述べられている。

アルコール依存症と鬱を患った
私からすると興味深い
話題もあったりする。
アルコールを利用して眠る
(いわゆる寝酒)がなぜいけないのか?
というのが実に科学的に書いてあったり
不眠と鬱病との関連性が
述べられている。

東洋経済ではウォルマートストア
特集とコラムのアダム・スミス
神の見えざる手に対抗する考え方の
「サーチ理論」についてが面白かった。

本当に読書は面白い。
面白いのはいいのだけれども
なぜ面白いのか、何が面白かったのかを
書く時間がないのが残念だ。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/30 22:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

うーん、自信がないなぁ・・・・・ 

今日いつものように業界新聞
工業新聞その他を読んでいたら、
総務の人に「会社の製品に詳しいですか?」
と尋ねられた。

質問が抽象的なので
どの程度のレベルで詳しければ
「詳しいですよ」と答えていのかが
がわからないし、また製品の
どのステータスが詳しければ
よいのかもわからない。
性能(特性)、用途、主原料、
卸先、製造方法、値段、利益率・・・
各部門ごとに必要とされている
項目はまるで異なり
全てを把握していなければ
とてもじゃないけれど
「詳しいですよ」と答えるのは
無理だろう。

というわけで
「いいえあまり詳しくありません」と
答えざるを得なかった。
今から思えば「どの部門で詳しければ
良いのですか?」と聞き返せば
良かったかもしれないが
どの部門でも私は「詳しい」と
言えるだけの知識はないから
これでよかったのだろう。

上記の質問はもちろん仕事絡みでの
質問、もし私が自社製品に
精通していれば、なんらかの仕事を
手伝えたのだが、残念だ。

弊社の製品については一応カタログがあって
それを見れば主要製品はだいたいわかる。
しかし弊社は住宅メーカー工務店の
求めに応じて細かい改良品も
出しておりそれはカタログには
乗っていない。

またOEM製品も多く製造しており
当社のとある製品が
全く同じものであるのに
別の会社ブランドで
販売していたりもする
(商社とかを通して)。

営業部の作る販売実績の
資料を見ればどの製品が
どれだけ売れたかもわかるが
じゃあその売れたOEM商品の
中身はなんなの?
となるとあまりにも
品番が多すぎて、個人の
頭では処理しきれない
(通常はコンピューターの
アプリケーションで処理している)。

実際に営業部に配属されていれば
また研究室でお客さんと
付き合う機会が多ければ
自然に覚えられるだろうけれど
あいにく私はかなり独特な
キャリアを歩んでおり
お客さんんとあまり付き合う機会が
なかった。

製品がどのような原料で
できているとかそういうことは
製造工程表を研究所時代に
見たことがあるので
いくらかわからないことも
ないがそれもやはり
製造工程関連の資料を
よく見ている製造に
関わっている部署の人間でないと
無理であろう。

とほほ、本当に中途半端な
自分の知識に泣けてくるというのが
正直なところだ。

さて上記の質問をしてきたのは
先日PDF-XChange viewerを
教えてあげた人と同人物なのだけれども
このアプリケーションについて
いくつか追加の質問を受けて
それには難なく
(ネットで検索することによって)
答えることが出来た。

ネットでの検索能力だったら
少しは自信があるのだけれどもなぁ・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/30 12:48 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

AAに繋がって認めることができたこと、できないでいること 

今日も一日図書館で涼しい日を過ごし
夜のAAの向かう。

今日はテーマミーティング、
テーマは「認める」。
AAのステップ1に

私たちはアルコールに対し無力であり、
思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた。



ってこともあるとおりAAでは
まず最初の一歩。

皆が思い思いの話をする。
もちろんテーマに会わない話を
する人もいるがそれはそれで
かまわないのがAAのルールだ。

私はこんな話をした。

私が今の用にお酒を飲まなくなり
また飲もうと思わない日々を送れるように
なったのはいろいろたくさんなことを
認めなければいけないことがあった。

まず私は最初はアルコール依存症ではなく
「うつ病」と診断された。
当然そんなことは認められず、
暴れて「措置入院」となった。
「措置」とはgoo辞書では
スル (1)うまくとりはからって始末すること。処置。
とあるけれど、いわゆる「強制入院」だ。
都道府県知事または政令指定都市市長の命令によりと
あるがそれは建前であり、本来裁判所の
許可がいる「逮捕」と同じで
現場の判断で簡単に発動されて、患者は
心身の自由を奪われて入院となる。

自分が精神病なん認められないし
健康な(と思っている)自分が入院なんて
認めることができなかった。

結局私はこのような
意味のない入院で自分の誤りを
「認める」ことはできず
退院して復職したあとも
飲酒を繰り返しアルコール依存症と
診断されて措置入院でないが
半強制的に再入院となった。

やはり入院してもしばらくは
自分が病気だと
認めることができなかった。
自分がアルコール依存症だということも
そしてなぜ自分がアルコール依存症に
なったかも。

本格的にアルコール依存症の
治療を受けてAAと関わることによって
やっと自分はアルコール依存症なのだと
認めることが出来た。

またなぜ自分がアルコールに走ったのかも。
自分は自分を認められなかった。
「自分は有能だ」と自分の勝手な価値観で
思っていたのに対して、社会、会社は
自分を「認めて」くれなかった。
そのギャップからくるストレスから
私はそれを忘れるためにお酒に溺れたのだと
いうことを認めることが出来た。
つまり自分が会社に貢献できない、無力な
人間だということを「認める」ことができた。

もちろん「会社に貢献できない無能」だと
いうことを認めたのは過去のことだ。
これから将来においても
そうだったら私は会社のお荷物になる。
自分の能力を認めたうえで
貢献できる人間にならなければいけない。
そのためにはお酒は飲んでは
いけないことと認め続けていかなければいけない。
そのための努力をしているつもりだ。

AAに繋がる事で私はかつては
虚栄心が邪魔をして決して
認めることができなかったことを
認められるようになった。
でもまだ認められていないことは
たくさんあるだろう。
それを認めていくためにも
AAにつながって生きていきたいと。

最後に私は何を認めていないのだろうか?
アルコール依存症は理由を求めない。
アルコール依存症であるから
アルコールを求めるという
考え方が正しいらしい。
でも自分は社会的に
認められなかったことを
暴飲の理由にしている。

自分は正しいのか?
間違えているのか?

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/29 22:08 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(0)

いろいろ財務データーから推測してみた 

結局6月度単独の財務データーは
見つけることができなかったので
第一四半期のデーターと
4、5月のデーターで推測を行う。
4、5月累計の税引前利益は少し赤字だったけれど
第一四半期のそれとほぼ同額だったので
6月は予想していた通り
売り上げが回復して大幅な赤字に
ならなくてすんだと思われる。
6月はトントンだったと言うところだろうか・・・。

先日のブログで4月の売り上げがまずまずで
5月がおもわしくないという話を
書いてあるけれども、それは飽くまで
売り上げベースの話であり、
実際の税引前利益は両月とも赤字だが
5月のそれは4月よりもずっと少なくなっている。

6月の赤字がほぼ0と推測されることから
7月からは黒字に転換、累計利益も
その後にプラスになる期待が持てる。
7/31に発表される6月期の【建築着工統計調査】は
去年より厳しい値が予想されているけれど
減税効果のおかげで、先月よりは
高い値が期待できるし、
もし予想が外れて去年より増えていたり、
またあまり減っていなかったりしたら
業界にも、また世論にも弾みを
与えてくれるだろう
(そのくらい思い切った減税処置が
住宅購入には現在とられているのだ)。
今日お得意様のとある住宅メーカーが
四半期決算を出したと新聞に載っていた。
結論からいうと赤字になってしまったのだが
「景気対策効果がこれから認められる」と
下方修正は行わなかった。
うーん力強い。

力強い民間企業に対して
独立行政法人である
住宅金融支援機構
天下り撤廃を叫ぶ
民主党政権の成立前に
「天下り人事」を急遽今日
行ってしまったというニュースがやっていた。

全ての天下りがいけないという
つもりはないが、このタイミングで
やったら邪推されるのは当然だろう。
私たち住宅建築で飯をくっている
人間の親分的立場なのだから
下々の人間が辛い立場に
立たされることを自覚してほしい。

「多くの人に住宅」をという
崇高な目的の法人であるならば
ちゃんと襟を正して欲しいものだ。

さて弊社の分析に戻って
今季に入って弊社の赤字の原因を
損益計算書などの第一四半期の各データーから
単なる割合から見ると
まず「売上原価」、「販売費及び一般管理費」
が抑えられず高い割合に
なってしまったため、限界利益は辛うじて
プラスだが、経常利益でマイナスになってしまった。
という結果となる。

しかし額面で見てみると
「販売費及び一般管理費」自体は
額面自体は減っており、経費削減の
努力が認められる。「売り上げ」という
分母が小さくなってしまったため
割合自体は大きくなってしまっている。

「販売費及び一般管理費」を低く
抑えられていたのは弊社が
高利益率をあげられてきた強みだが
その額面と割合をさらに落としたので
どんな無理をしてきたのかと
見てみたら、広告宣伝費、サンプル費、
研究開発費、厚生福利費、人件費などの削り額が大きい。
ただし研究費と人件費は分母が大きいので
削った割合自体はそれほど大きくない。

割合的に大きく削ったなぁと
思うのが上記の広告費などに加えて
賃貸料とか役員報酬など、役員報酬の
削減した額を役員数で割ると
ノブレス・オブリージュってやつを
感じさせてくれる。
福利厚生費も大きく削っているから
組合員も大変だけれども。
まぁ全体的にバランスがとれた
削減の仕方だと素人なりに思う。

あとどうやら今年は団塊の世代で
退職する人が多いのか退職給付費用が
多く積まれており、費用削減効果を
押し下げている。

さて額面も上がってしまい
当然割合も上がって利益率を
押し下げている「売上原価」だが
話の単純のために製造原価にして
材料費、労務費、経費で考えてみると
材料費は自体は去年の同時期より
だいぶ下がっている。
これは減量であるナフサが去年の
同時期より値下がりしているためと
生産を抑えているせいか。

またここ数ヶ月値上がりしているから
油断はできないけれど。

製造原価は固定費の割合も大きいけれども
変動費的な要素も無視できないはずである。
工場の稼動を抑えているはずなのだが
労務費、電力費、水道光熱費といった
減ってしかるべき値が大きく
上昇しているのが気になる。

あと修繕費も結構かけている。
工場の稼働率が小さいときに
問題のある場所の修繕工事をいろいろと
行ったということだろうか?

工場を休ませるのは生産調整をして
また労務費や電力費などを抑えるためだが
それが上昇しているのはどうもいただけない。
工場を休ませた意味がないからだ。
理由を聞いてみたいものだ。
修繕費をかけるのは、それに見合う
効果があるのならばやむを得ないとは
思う。工場の問題がある場所を放置して
おくのは事故などだらなる問題を
産み出すと思うから。

えらそうに言っておいて最後に
何だけれども上記のデーター正しいのだろうか?

間違えて変な値を書き込まないように
ファイルを参照するときは
コピーして見ているのだが
エクセルファイル同士の
参照がコピーの際に狂ったのか
複数の金額が一致しない所がある。
本当に上記の分析は
あっているのだろうか?

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/28 20:52 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

営業部の人とはじめての食事を 

さていろいろネットをサルベージして
最新の営業成績のデーターを探していたら
ずっと以前勉強のためにもらった
第一四半期のデーターが見つかった。

ただし6月単独のデーターは
見つからない。

第一四半期と4~5月のデーターはあるから
自分で計算は可能だけれども
いくら何でも手間がかかりすぎるだろう。
もっとよく探そう。

お昼は同僚と食事にいく。
いつもは同じ部署か
総務部と人といくのだが
今日ははじめて営業の人と
食事にいく。

そのうちの一人は
自分と近い場所に
住んでいると聞いて
ちょと驚く(自転車で
いけないこともない)。
もう一人の人は先月までの
重役会議資料を作っていた
人なので今月号は
どこにありますか?
と聞こうと思ったけれど
食事中に変に仕事の
話をするのもなんだし、
人事異動などで事情が
異なっているのかも
しれないのでやめにした。

天気はあまり良くない。

ゲリラ豪雨に巻き込まれなければ
良いのだけれども。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/28 12:51 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

ダイビングをしていろいろな情報をサルベージ 

今日は初めて直接の上司と
一対一で昼食をした。
他の人と同時に食事したことはあるけれど
サシで食事をするのは初めて。
普段はお蕎麦屋に行くのだけれども
今日は中華料理に店に、
私は味噌ラーメンを頼む。
いつもは食事はそれほど
話すことなく終えることが
多いのだが、今日は休日になにを
しているとかスポーツは何を
やっていたとかいろいろ
話すことができた。
一対一だと会話が弾むことが多い。

今日の仕事は社内ネットワークでいけるところまで
ダイビングをすること。

要は社内のネットワークの共有スペースに
ある財務関係のファイルを参照にして会社の
経営状況を学ぼうと思ったもの。

さすがに個人名の名前がついたフォルダにある
ファイルを開くのは遠慮する
(フォルダを覗きはするけれど)。
それにしてもフォルダ構成が
無茶苦茶で一貫性がない。
とくにルールもなく、
みんなが思い思いのところに
フォルダを作成しているので
すごい状況になっている。
もう直そうにもこれは手遅れだろうな・・・・。

さてダイビングの最大の目標は
弊社の販売状況や
月毎に作っているはずの
会議資料とそれに載っているはずの
最新の損益計算書と貸借対照表。
またそれに記された営業部員の
生のレポート、書く部署の報告書。
これは月一回の重役会議の
度に作っておりどこかにあるはずだ。
フォルダ構成が無茶苦茶だから
本当にサルベージ作業である。

というわけでインデックスを作成して
重役会議に関係する言葉で
共有フォルダの中のお目当ての
ファイルを見つけ出す。
うーん、4月期は比較的順調だったけれども
5月期がいまいちか・・・。
日経新聞とかのデーターをあてにすれば
6月期は上昇しているはずだけれども・・・・。

うーん、いろいろ見つかったけれども
弊社の先日の重役会議で
作られたはずの最新の資料が見つからない・・。
人事異動の関係か、それともしっかり手直しして
PDFファイルにしてから初めて
保存するようにしているのかな?

まぁその他いろいろめぐることによって
弊社がどこの金融機関から
融資をうけているかとか
その利子はどうだかとか
残金はいくらぐらいととか。
また細かい製品ごとにどれだけの
売り上げがあるとか、各部署の予算などのデーター
を見ることができたが
いまいち、量が膨大すぎて
良く解らないというのが正直なところ。

時事に詳しくなっても
足元の会社のことがわからなければ
どうしようもないだろうなぁ・・・・。
明日はもっとよく整理して
探してみよう。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/27 22:09 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

簿記は知識だけで資格はいらないかなl・・・ 

日商簿記の資格はいらない
なんて思い始めている。

昨日、今日は昼間は
ほぼ図書館にいた。
昨日簿記3級の試験の
精算表とか損益計算書とかの
作成の練習をしていたのだけれども
もうやってらんねぇ!って感じだ。

表から仕分けをして
(ここまでは良い)、
Tフォームやらその他の
たくさんの表を作って解答用紙に
記載して終わり。
とてもじゃないけれど
面倒くさがりやというか
合理主義(のるつもり)で
自画汚い自分にはやってらんね!
って感じである。
時間がかかりすぎる上に
とてもじゃないけれど
実用だと思えない。


今時経理は普通の会社だったら
普通にコンピューターを使って
やるものだろう。
そちらのほうがずっと簡単だし
間違いもない。

そもそも簿記の勉強を
するのは経理をやるためではない
各財務指標を見たり
会計の帳簿を読めたり、分析
できるようになるばめだ。
3級のレベルではその目標は
十分に果たせたと思う。
仕分けも自然に出きるようになったし。

経理が出きるようになるためだったら
最初から簿記の勉強ではなくて
「経理ソフト」の勉強をしているよ!
って開き直りである。

というわけで昨日から簿記3級の
試験の勉強はすっとばして
簿記2級の勉強をはじめた次第である。
ちゃんと財表に関しての
知識を学ぶことが可能だから。

まぁ理屈はこねても
結局は根をあげたということだけれども
今はそれで良いと思う。
このまま2級の勉強を続けていれば
いつの間にか簿記の試験を
受かるほど綺麗に字が書けるように
なるかも知れないし、そしたら
それでとれば良い。
テキスト購入に五千円くらい使っちゃった
けれどもこのくらいだったら
いい勉強代だと思う。

さて読もうかなぁと思っていた
「President」を見てみたら
名前とはちがってずっと
読みやすい雑誌であった。
よく見たら表紙にも
経営者からヒラまで全ての
ビジネスマンのための雑誌みたいな
ことが書いてあるな。
「社長とか役員」が読むような
雑誌ではなかったのね。

隔週発売見たいだけれども
実に読み応えのある雑誌だ。
量的にも内容的にも。

最新号の特集は
「法律の新知識」面白いけれども
これからの日本社会が
どんどん訴訟社会に突き進んでいる
ということと、「訴訟リスク」というのを
考えていかなければね・・・って内容。

バックナンバーがないかと見てみたら
今年発売になったものでは
3月発売の「いる社員、いらない社員」という
特集のものがあった。
内容は結構私のような
企業内失業者には重たい内容。

ただこんな社員はいる、こんな社員はいらない
って個人の紋切り型の価値観を押し付ける
ビジネス本のような特集ではなく
ずっと建設的な提言を特集全体に
してくれている。
これこれこういうやり方は
みんな違法だから、
少しくらいの嫌がらせで
安易に退職勧奨に応じないように
発言は記録しておけ!とか
企業上部よりはずっと
首をきられる側のためになる。
もちろん自助努力も大事ですよ
っとも書いてある。

とった方が良い資格なんて
いうものも書いてあったけれど
とっとはうが良い資格とは
弁護士とか公認会計士とか
自分で飯が食べれるレベルのもの。
ちなみに簿記2、3級は
「もっているだけでは紙切れ」レベルの
扱いだった・・・・。

やっぱり簿記というか経理は
資格よりも、実績、経験なのね・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/26 20:18 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

有意義だった昨日 

昨日は仕事が終わったら
秋葉原の方によって行く。

PDF-XChange Viewerの使用法を
見たときに同僚の使っている
コンピューターが羨ましく
なったから・・・・。

現在職場で使っているコンピューターは
処理濃度とかのスペック的には
不満はないけれどディスプレイが
狭すぎる。15インチでXGA(1024×768)だ。
15インチのディスプレイを使っているのは
私だけではないし、大抵の人は17インチで
SXGA(1280×1024)だから
私の待遇が特に悪いわけではないが。
問題は一体型だからディスプレイだけを
替えるわけにはいかないこと・・・。
一体型は導入初期費用が安いのか
弊社の本社オフィスで使われているのは
たいてい一体型だ
(研究所はなぜか
ラップトップコンピューター)。

ちなみに私の向かいには
社内のネットワークを
おもに担当している部長が
座っているのだが部長は
15インチのディスプレイを
2つ使ってデュアルディスプレイ
にしている。
OA購入の責任者である(多分)
部長でさえこれなのだから
私が文句を言えた口ではないな・・・・。

正直費用は自分持ちでも
いいから買い換えたい。
もっともロクな仕事をしていない
全国の企業内失業者607万人に
間違いなく数えられている
私がそのようなことを頼んでも
痛いだけだし、部長の面子を
潰すことになるだろうから
事実上不可能だ。

まぁそんな切ない思いでの
秋葉原探索・・・・。
あー「企業内失業」でぐぐったら
真っ先にこんなニュースがデュアル
トップに来た・・・・。
企業内失業、急増607万人
企業内失業者607万人

それはさておき目標スペックは
Athlon X2 Dual-Coreか
AMD Turion X2 かCore2 Duoを
積んでいてスリムなタイプ。
そして映像出力は2端子が
最低条件(デュアルディスプレイに
するため)、あとOSだが一応ビジネスで
使うものだからVista Businessか
XP Professionalでないといけない・・・。

葉原をあちこちさまよって
ディスプレイは1万から1.5万だせば
19から22のワイドタイプの液晶を
新品でも購入できることが解った。

問題はコンピューターの方・・・・。
ノートパソコンは結構置いてあるが
省スペースで上記の条件を
満たすものはなかなか置いていない。

あちらこちら巡ったけれど
条件に合うものは見つからなかった。
これは家に帰ってからの話だけれども
カカクドットコムの中古パソコンを
検索したらわずか3万円弱で
上記の条件を満たす
コンピューターは見つかった。
まぁ秋葉原を巡るのは
嫌いじゃないから徒労とは思わないけれど。

7時半までいたけれど
次の用事があるので
秋葉原を名残惜しいが後にする。

電車代がもったいないので
上野駅まで歩く。
定期は御徒町からもっているけれど
今日は久しぶりの外食で
上野駅のそばにある寿司屋で食事を
したかったから。
途中トイレのためにパチンコ屋に入ったら
いきなり「サービスです」と
たこ焼きが4つ刺さった串を
示される。ただでトイレを
使わせてもらっただけではなく
ご馳走になってしまった
(好意は素直に受け取る性格なのです)。
ちなみに私は習慣的にギャンブルをする
(宝くじを除いて)生活はしていない。

小規模の回転寿司屋が沢山並んでいる
ガード下の一皿129円の店に入る。
もっと安い店もあるけれど
このくらいが外れがなさそうでよさそうだ。
店の前にも「築地から仕入れてきて
職人が手で握っています」って書いてある。
築地市場から本当に仕入れているかは
不明だが職人さんが握っているのは本当。
うん、外れなし!新サンマとマグロが
グッド(綺麗な赤身だったから
本マグロかインドマグロかな?)
ボラも入っていたので食べてみた。
カラスミは食べたことがあるが
身を食べるのは初めて。
うん、ちゃんとした場所で
取れたものらしく不味くはないけれど
サンマのほうが普通においしいな。

イワシも並んでいたけれど
イワシの生は当たり外れが大きいので
手を付かなかった。
ボラと違って珍しいものでもないし。
他に黒鯛とかも入っていたので
食べようと思ったが
さっきのたこ焼きもあって
7皿も食べればおなかいっぱい。

帰りのとある駅で降りて
すぐそばにあるシネマコンプレックスに
行く、お目当ては
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
見て驚いた。実は前夜に復習のため
DVDの「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
のほうも見ていたのだけれども
序のほうはストーリーは
かなり変わっているけれど
まぁ前作の面影を留めていたのに対して
「破」のほうはまったくの別物。
「使徒」の概観もまったく異なると
言っても良い。
まったく見飽きない展開でポイントが高い。
「翼をください」とか「今日の日はさようなら」
とかが流れたのは興醒めだったけれど・・・・
(個人的嗜好によるものです)。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]
(2009/05/27)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る


費用を節約するためレイトショウで見たので
帰ってすぐ寝る。有意義な一日だった。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/25 21:12 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

外部の情報よりも内部の情報にあたってみた 

さて、私のできる限り
(私の人件費以外はただでできる)
市場調査はどうも進捗がない。
私のネットリテラシーも
ここまでかな?
と思っていたら弊社で使っている
グループウェアでは
社内のいろいろなドキュメントを
公開しておりそれを見ることが
できることを思い立った。

見ることのできるドキュメントは
社内規定とかそういったものもあるけれど
「出張報告書」、「会議の議事録」などもある。
「研究所で基礎研究ばっかりやってきたから」と
弊社と他の会社の取引に疎いのではしょうがない。

午後はもっぱらそれらを見て
弊社がいまどちらの会社に出向いて
どのような話をしているか?
という情報の収集にあたった。
情報量が多くて全部はさすがに
見れなかったけれど
へぇ弊社はこのような会社とも
お付き合いがあるのかと
感心したり、朗報やクレームに
一喜一憂、ビジネストリップで
日本中を回れるのは羨ましいけれど
正直どちらにしても「大変だなぁ」
というのが正直なところ。
お付き合いしている会社が
上場している場合は
すぐに情報が引き出せるように
取引のある証券会社の
情報ボードに登録した。

出張報告書は出向いた管理職
が書くこともあるけれど随伴した
部下が書くことも多い。
私よりも後に入社した後輩が
たくさん書いていることを
羨ましく感じる。
私は一度も書いたことがない・・・・
(取引先に出張したことは
何度もあります)。

まぁとにかく良い情報収集になった。
「弊社はどのような会社とお付き合いが
あるのか?」なんて膨大な量がありすぎて
とても他の人に聞けなかったが
自分でできるなりに調べよう。
共有データーベースというか
参照できるネットワークにも
アクセスできるので
そこでいろいろな情報を
週明けは集めようと思っている。

これまでは外部の情報ばっかりに
頼っていたけれど
まずは内部とその直接の取引先の
情報をよく知ることが先だったな。

まだまだ知らなければいけないことは多い。

おっと余談だけれども
弊社の厚生関係でPDFファイルを印刷して
から提出する書類があったのだけれども
PDF-XChange Viewerを使って
必要事項を書きこんで提出したら
その仕事を担当している人に
とても驚かれた。
PDFファイルは通常それを作った人以外
修正することができないが
「作成者が許していれば」いろいろな
情報を上書きすることは
出きることも多い。
各項目に書き込んで提出する形の
書類でも通常紹介されているAdobe readerでは
それはできないため、いったん
印刷してから必要事項は書き込むものだと
思っている人がいるが
(私もかつてはそうだったけれど)
Adobe以外の会社が作っている
アプリケーションには
そういうことができるものがある。

インストールから使い方まで
簡単に教えさせてもらった。
彼女のコンピューターのフォルダには
様々なPDFフォルダが入っており
これまでは上記の
「手書きをする手間と
間違えて書き込むリスク」を
負っていたことが伺える。

些細なことだけれども
復職してから始めて
会社の役にたったことを
した気がした。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/25 08:21 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

今日は重役会議・・・・・ 

昨日までは重役会議に出席する
上司たちの資料作りなどで
いつもは比較的静かなオフィスが
騒がしかったのだが
今日は部長より上のクラスの人は
ほとんど会議室に入ってしまい
いつも通りというより
いつもより静かなオフィスになる。

昼食はいつも上司と食べるのだが
今日はよその事業所からくる
上司同士のパワーランチと
いう形なので同僚と摂る。
同僚の一人は先日子供が
産まれた先輩。
難産だったみたいで
如何に大変だったかを
教えてくれた。

自動車税を納税。
以前送られてきた後に
すぐ廃車にして
手続きしたのだが
ちゃんとやってくれたみたいで
随分安くなって
再請求。近くのローソンで
支払いを済ます。
やはりクレジットカードは
使えないみたいね・・・。
ローソンポイントは貯まったけれど。

食事から帰ると研究所時代の
上司が声を掛けてくれて
「いいデーターを取ってきてくれ
期待しているからな」と
応援してくれた。

「済みません、データーはいっぱい
ダウンロードしましたけれど
今年6月すこし業界が上向きに
なりましたってニュースがほぼ唯一の
良いニュースで、悪いニュース、
見通しの方がずっと多いです・・・・」
とも言えないので、
「ありがとうございます。頑張ります。」
と答える。

私の今日の仕事は
毎日配送されてくる
日経ビジネスオンライン」と
「ケンプラッツ」を読むこと。
ケンプラッツとは、

建築、土木、不動産分野に強力な取材ネットワークを有する
日経BP社建設局が運営するウェブサイトです。

とのこと。21万にも会員がいて
(登録無料、私も一応会員)
建設関係の人も多く読んでいるそうだから
私の会社の他の人も何人かは会員なんだろう。
一級建築士の叔父さんも会員かもしれない。

ケンプラッツはともかく
日経ビジネスオンラインは
本当にコンテンツが豊富だ。
毎日読むだけで大変な手間である。
サイトの特徴で面白そうな
過去記事にどんどんリンクが
貼ってあるためついつい
どんどん開いて読んでしまう。
当然タブで開くので
どんどん未読の記事が溜ってしまう。

これだからタブブラウザは
便利で止められない。
おかげで特に与えられている
ことがなくても「市場調査」、
「ビジネスの勉強」という名目で
ブラウジングが楽に行える。
私はいくら読書をしても
モニターを見ていても
目が疲れるということがないので
この点もお得である。
読書(もちろんビジネス関係の
本、経済、業界新聞)をしても
良いのだろうけれど、
それは見た目どうしても
サボっているような感じが
するような気がするので
ほどほどにしている。

新聞はともかく本は
なにを読んでいるかぱっと見
わからないせいだと思うが
コンピューターに
向かっている方が
「仕事をしているように見える」
といのは残念ながら事実のようだ。

私が真面目にだけれども
とくに責任のない仕事をしている間
今重役会議では様々な重大な
議題が話し合われているのだろう。

今の不景気な動向をどう改善していくか
にやはり重点がおかれて
話されているのだろうか・・・・。
良い営業結果と会議の結論が
出てくれれば良いのだろけれど。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/24 12:51 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

今季の利益をプラスにする方法をいろいろ考えてみた。 

せっかく導入した
Lunascape5、FireFoxだけれども
どうも使いにくい。
Lunascape5は使用するエンジンにもよるけれど
しょっちゅう文字化けするし
FireFoxは使い勝手が
Sleipnirと違いすぎる。

おまけにLunascape5は表示とか
Javaスクリプトとかの表示や起動は
速いのかも知れないけれど
タブを開くとその間、
フリーズすることが多い。
表示のほうに全力を
使っているのではないだろうか。
これだったらSleipnirの方が
ずっとましなような気がする。

あと会社のマウスでは起こらなかったけれど
自宅のマウスだとLunascape5は
ホイールでの上下スクロールが
うまくできない
(他のアプリではそのようなことはない)。

結局家でも会社でもSleipnirを使って
情報収集をすることになった。

しかし今日は得るものが少なかったというのが
正直なところだ・・・。
大体主要なシンクタンクは
全部当たってみたのだが昨日訪れたところ以上に
良い情報を(ただで)提供してくれるところはなかった。

住宅関係の個人のブログにも
手を出したらやはり大手ハウスメーカーとか
建築士とかの業界の裏側をあつかった
ものがたくさん見つかったけれど
うーん、これも家を建てるときはともかく
戦略として役立つかどうかは微妙だな・・・・。

ハウスメーカーはお得意様だから
うっかり「ネットで御社のことが
こんな風に書いてありましたよ」って
いったら激怒させかねない内容の
ものが多い(2chに書いてある落書きより
ずっとましで根拠があるだけ性質が悪い)。

先日常務からもらった弊社とライバル者の
損益計算書と貸借対照表の分析は終わって
レポートも書いたのだけれども
常務はもう直接の上司では
無くなってしまったし、
書いてあることはもうすでの
上司たちは知っていることだ(多分)。

出すのならば「だったらどうそこを
改善するべきか?」も添えて
出すべきだろう。
そんなことは会社の詳しい事情を
預かり知らない私にできるはずが無い・・・・。

おまけに明日は月一回の重役会議があるので
その用意のため上司はみんな
ピリピリしている(気がする)。
とてもじゃなけれどこんな
拙い報告書を出せる勇気は無い。

まぁ図書館から借りてきた本を元に
机上の論理だけれども
乏しい私の会社の知識で
いろいろ考えてみた。

①リストラをする。

「人」をというと真っ先に何もしていない
私が「先ず隗より始めよ」と言われそうなので
上場企業だったら減損損失を
計上しなければいけない「固定資産」を
リストラする。
でもこれも特別損失を計上しなければ
いけないはずだよな・・・・。
ペイするかな?

②売掛金などの債権を取引先に
早めに払ってもらい、買掛金などの
債務の支払いを来期まで引き伸ばしてもらって
今期の損益計算書上の利益を引き上げる。


うーん、うちの取引先は
原料購入も製品納入も
大手企業が多いからなぁ・・・・。
向こうのキャッシュフロー的に
問題が無いとしても、立場の弱い
弊社の方からそのようなお願いが
通るだろうか・・・・。
まぁ取引先がこちらより小規模だったら
そういうことをしてもいいのか?
って話になるけれど・・・・。

③減価償却を今期はできるだけ計上しない。

減価償却を毎年せずに、廃棄するときに
いっぺんに売却損として処理する。
つまり損失の先延ばしだ。
「姑息」といわれそうだけれども
シンクタンクのレポートには
「不動産、建築は今が一番苦しい時で、
今をしのげば業績は回復するから
今季は無理をしないように」
って書いてあるものもあったから
その見通しがが当たるとすれば
悪い方法ではない
(会計上可能かどうかはしらないけれど)。

④減価償却期間が終わっている、
ないし終わりかけて残存価額が
売値を下回る固定資産が
あればそれを売却すれば
収益として計上できる。


そんなもの弊社にあるのかな・・・・。

⑤減資をして資本金を一億以下にする。

払わなければいけない税金は確実に減るけれども
手数料や手間賃を考えるとすぐにペイするだろうか?
もししたとして資本金が下がることによって
会社の信用が下がって、借入金の利息が上がったら
本末転倒だ・・・・。
経理の人もたいへんだろう。

⑥現在管理職だけの給料カットを
さらに下の役職まで広げる。


うーん、労使協定の問題もあるだろうなぁ。
いま工場では月に何日か完全に操業を停止して
いるけれども工場の人には会社に来てもらって
ちゃんとお給料は払っている
(有給休暇をとる人も多いそうだけれども)。
それをカットすればいくばくの足しには
なるだろうけれど、非難囂々は目に見えている。
加えて工場の人には停止日には
休んでもらっていいだろうけれど
研究所の人には休んでもらうわけにはいかない。
弊社は工場と研究所が同じ敷地にあるから
むずかしいだろうな。
メリットとデメリットの分が悪すぎる。

⑦社員全員に簿記の最低限の知識を持ってもらう。

それがなんになるの?と思う人がいるかも
しれないけれど、私が挙げられう方法の中では
これが一番何の問題もないように思える。
例えば自分の会社の損益計算書を見て
純利益率が1%だったとする。
これは損益計算書を下から見る
ことを知っていれば、たとえば
100円のボールペンを費用として
使うとしてもその100円を会社が
稼ぎ出すためには1万円の売り上げを
会社が上げなければいけないことが解る。

もし一日2万円の研修を一日1万円給与として
もらっている人間が受けるためには
その研修のために会社は300万円の
売り上げをあげなければいけない。

こう考えると社員のコストダウンに
かける意識と仕事のモチベーションが
ぐっと上がるのではないだろうか?
少なくとも私は簿記を学んですぐに
そうなった。

でも知らない人が聞いたら
「この頭でっかちが」って
言われそうだな・・・・。

むずかしいなぁ・・・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/23 20:35 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

自分は古い人間になりつつあるのかもな・・・・ 

午後は引き続き野村総研の出してくれた
住宅事情のデーターを見て自分なりに
考えるのだけれども、どうも先々の
業界における「国内の」見通しは
暗いデーターが多い。

野村総研の出してくれる
データーは親切でじゃあ
どうしましょうか?という
答えにちゃんと答えてくれている
ことである
(ただで読めるのだ)。

もっとも飽くまで弊社は
建築メーカーではなく
そこに建築部材を販売する
製造業なので、実際にそれを
実行するわけには行かないが
取引先はIRをしっかりしている
ところが多いので、
それを知っていおくに
越したことはないだろう。

野村総研がまず提案しているのは
開発力の向上とブランド価値を高める
という既存のやり方。
そして新規のやりかたとして
提案しているのが
マンション立替の取り込み
(築30年を超えるマンションが
これから増えるのだ)、
リフォームや介護などのアフターケア、
そして「海外進出」だ。
海外進出は今、円高だから
有効な策かも知れない。

野村総研が挙げているのは
ASEANとか中国とかの新興国への進出だけれども
今日株式新聞、産業新聞を見てみたら
売上高業界第2のハウスメーカーが
オーストラリアに進出と
書いてあった。
まぁいろいろ考えるところが
あるのだろう・・・・。

また6月はすべてのハウスメーカーではないが
大手3社の受注額が住宅減税の
おかげで増したとの記事・・・。
弊社の業績にも少しはプラスになるだろう。
今日の日経の夕刊にも
不動産、建築業の取引が回復してきたから
業者は資金調達に乗り出しているという
ニュースが載っていた
(銀行は融資に慎重らしいけれど)。

まぁ住宅メーカーは置いといて
製造業たる弊社が利益を
増す方法は?
今日DIMEという雑誌を読んだら
西友(ウォールマートの完全子会社に去年
なりました)や紳士服の青山(青木だったかな)とかが
徹底した安値の特売(KY(カカクヤスク)や
9000円台の紳士服を行えるのはなぜか?
という特集をやっていた。

でその理由としては
「海外からの大量購入により
製造原価を下げるとか
効率化により販売費および
一般管理費を抑えるといった
方法ばかり。
ただし品質は落とさないのは
大きなポイントである
(上げもしないけれど)。
人員削減という嫌なことは
書いてなかったけれども
「なるべく少人数でやる」という
事は書いてあったので
似たようなことはやっているのかも知れない)。

職人肌の研究者からしたら
付加価値、高性能の製品を
作ったら高くても売れる!
と思いたがっている
人が多いのだが(私もそうだった、
研究職からはもう外れたけれど)
どうもそういう考え方は
この消費者物価指数が
下がっている社会トレンドでは
言ってられないらしい・・・・。

つまり弊社の場合
「販売費および一般管理費」は
十分同業他社より抑えているから
同程度である「製造原価」を
下げて利益率を高めなければいけない。

会社もそのことは解っているみたいで
会社の提示版には今期の目標が
張り出されているのだが
「売上高」は「微減」は
止むを得ない として、
原料コストや無駄を省いて
前期よりも高利益「率」を
達成しましょうという
計画になっている。

ちなみに私が比較を行った
ライバル社だがIR情報を見てみたら
今期予想を見てみたら売り上げが減るのは
しょうがないけれど純利益だけは
なんとか「わずかでも」プラスに
しましょうという目標を掲げていた。

弊社と似たような計画だが
向こうは上場している企業だからか
その予想(目標?)利益率は
弊社に比べてかなり控え目だ。
一般株主に対してあまり
(達成できなかったらまずいから)
大きな目標も掲げられないが
マイナスにもできませんという感じだ。

でもこちらは上場していないからといって
強気の値を出しているのかというと
そうでもないのだ。純利益がマイナスに
なってしまったら有利子負債の金利が
上昇してしまう(らしい)。
弊社はライバル社に比べて
有利子負債が金額自体も貸借対照表の
負債の方に占める割合も高いので
非常に好ましくない
結果となってしまう。
高い目標をあげてそれに
邁進するに越したことはない。

私のような「高付加価値=強気の値段OK」
という古い考え方はひとまず置いといて
(いつか復活して欲しいけれど)
原価を抑えつつこれまでと
同じ品質のものを提供していくことを
考えるのが現実的なようだ。
でも研究職にその方法だけを研究させると
思いっきりモチベーションが下がるので
ほどほどにしたほうが良いと思うけれど
(実際に私がかつて所属していた
部署はそうだった)。

私は古い人間だと思ったのは
DIMEのライバル誌である
日経トレンディを読んだとき。
そこには高機能携帯や
スマートフォン、様々な
ゲーム機や家電をインターネットに
つなげて様々なサービスを
受けるのがこれからのトレンドだと
いうようなことがかいてあった。

家電やゲーム機のインターネットへの
接続はともかく私は今のところ
モバイルに対してのインターネット接続は
あまり熱心ではない
(じゃなかったらNOKIANM705iなんて
携帯は使っていない)。
最近電車で周りを見てみると
携帯をずっとみていたり
モバイルゲーム機で遊んでいる人が
目立つようになってきたが
わたしは相変わらず読書派だ。

私は速読には自信があるから
モバイルの小さい画面で
何かを読んだり、ましてや
あのインターフェイスで
文字を打ち込んだり
(自宅のキーボードの方が
数十倍速く打てる自信があるよ!)
ゲームをするよりも
読書のほうがずっと
有意義な時間の使い方だと
思うからだ。

ネットやゲームをしたければ
自宅の大画面のディスプレイないし
液晶ディスプレイでしたほうが良い!
ってことだ。
でもそのような古い考え方だと
いつか置いていかれてしまうかもしれない。
WiMAXとかの無線通信技術の常時接続費が
もっと安くなったら試してみるのも
いいかもしれない(今は高すぎ!)。

先に書いた「高付加価値=強気の値段」だけれども
現在それを打ち出している商品で
最近の話で私が思いつくのは
完全電気自動車の三菱のi MiEVぐらいだろうか・・。
これもやはり儲かっていないらしい
(ノウハウの蓄積と話題とりのために
あえて先行したらしい、黒字化は
まだまだ先の話で成功するかどうかも
未知数だ)。赤字でも三菱グループの
援助があると踏んでいるからこそ
これだけのものに製品化が
できるのだとやっかんでしまう
(成功して欲しいとは思うけれど)。

あ、でもやはり夕刊にAppleがiPhoneの
おかげで大幅な増収増益
だと書いてあったな
値下げもしたから「高付加価値=強気の値段」
とは言いきれないけれど、
是非とも弊社もあやかりたいと思う
話であった。

まぁとにかく古い人間には
なりたくないものだ・・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/22 23:39 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

ブラウザを変更してみた 

今日も引き続き、(一応)
経営企画室の名に恥じないように
市場調査を行っている。

今日は真面目にシンクタンク系を
調べてみた。

さて昨日のブラウジングで思ったことは
もうSleipnir2は使いづらいということだ・・・。

タブが多段に開けるように設定せれているし
最初からちょと設定を行うだけで
軽快に動作を行える。
タブの数が少ないうちは・・・・・。

タブが多くなるとどうしても動作が重くなる。
更新もしばらくないし、ネトランでも
取り上げられないようになって久しい。

そろそろ他へのブラウザへの乗り換え時か・・・・。
まずはGoogle chromeを使ってみる
(これは昨日家で行った)。
うーん、動作は軽快だけれども
機能があまりにも簡略すぎるなぁ・・・。
多段タブもできないみたいだし。
タブをあまり開かないのならいいけれど
これだったらSleipnir2の方がましだな・・・。

という理由でFire Fox3.5を導入、
試してみた(これも大体は昨日のうちに済ませました)。
うーん、いい感じだな。
早速いろいろなシンクタンクを比較してみた。
住宅関係では野村総研がいいデーターが
良質なデーターを出してくれているな。
内容はあまり良好ではないけれど・・・。

でも多段タブのやり方がよく解らないや・・・・。
アドオンを導入してもうまくいかないし・・・・。
ということでLunascape5を導入。
FireFoxより更に速いらしいし・・・・・。
機能もアドオンを入れる前に揃っているな。

よし午後はLunascapeを使って
ネット上で市場調査を行うか・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/22 12:55 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

知らないほうが良い知識など無いと思いたいけれど・・・・ 

午後は結局日ほとんど
日経ビジネスオンライン
見て過ごす・・・・・。
建築業界の情報も豊富だし。

今日は〆日で周りはみんな
忙しそうだけれども
私は何かできるわけでもない。
精々経営企画室の
スタッフとして名前負け
しないように経済界の
知識を蓄えるだけだ・・・・。
まぁいくら知識を蓄えても
実際の会社の仕事となると
なかなか活かせないことは
解っているけれど・・・。

大学時代を思い出せば
最初の3年間で学んだ
様々な知識は研究室に
はいったらほとんど役に
立たなかったし・・・・・。

そういえばビジネス誌とはいっても
週刊ダイヤモンド東洋経済
エコノミスト
見るだけでこの雑誌のことを
失念していた・・・・。
日経ビジネスオンラインは
ネットでも経済関係の
記事というかコラムを充実させていて
いつもただで読んでいたのだが
(メールを送って登録して
ログインが必要な記事も多い)
なぜ失念していたのか・・・。

上野駅の本屋ではダイヤモンドと
東洋経済はバックナンバーが
4、5週前まで置いてあるが
なぜか日経ビジネスだけは
その週のものしか置いていない。
それに加えて離れた場所に
置いてあるからかな。

いまウィキペディアで調べたら
日経ビジネスが発行部数が
一番だったことに驚いた。
産経や毎日新聞みたいに
売れていないからネットに
活路を見出そうとしているのかも
しれないと先ほどまで
誤解していた。

上野駅での取り扱いが小さかったのは
日経ビジネスは普通の本屋では
扱ってないことも多いからなのね・・。
まぁこれでダイヤモンド、エコノミスト
東洋経済、日経ビジネスのビジネス誌四天王を
制覇の道のりが整った
(全部ただ読み、斜め読みだけれども)
いつも行く図書館にはプレジデント
置いてあったから
それも読んでやろうか・・・・
平社員の私に役に立つ知識が
あるかどうかはわからないけれど。

昨日のことだけれども
先日亡くなった小父さんの
納骨式から帰ってきた
母が親戚と私と弟のことを話してきたみたいで
早くどちらかの孫が欲しいとか言ってきたけれど
今週の週刊ダイヤモンドの
記事はそんな思いなど
吹き飛ぶ内容。
特集名は

「子ども危機
この国で産み 育てるリスク」
世界2位の経済大国でありながら、この国で子どもを産み、育てるには少なからぬリスクが伴う。
出産・育児・教育をめぐり、さまざまな難題が山積しているうえ、
子ども自体の"変質"が進行していることも事態を複雑にする。
この国に生まれてよかったと、子どもたちは思ってくれているだろうか。

危機 1 現代の子どもを狙うネット、携帯の罠
危機 2 いつの間にか教育後進国 変質する子どもたち
危機 3 少子化は必然 貧弱な子育て環境
危機 4 出産・小児医療の危険な現実
危機 5 もう目を背けてはいられない子どもの貧困

子供が携帯ネットで様々な犯罪に巻き込まれるとか
1日7時間携帯に向かっているとか(お風呂でも!)
ゲーム、DVD、漫画、テレビを一日のほとんどを
とられて勉強をする時間も意欲もないとか
最近は聞かない学級崩壊も現在でも健在とか
指導力のない「ゆとり」先生が増えているとか、
保育園が頭の実に頭の痛い問題で
整っていないとか、子供の7人に1人は
貧困家庭に育っているとか・・・・。

記憶している限りさすがに
「子供が貧困の原因になる」とは書いていないが
十分にそれを読み取れる内容だ。
「この国で産み 育てるリスク」だから
親になる人向けの記事かと思ったら
実際には「自らの子供を(違法なり合法なりに)
性的搾取してお金を儲ける親とか
医療機関や教育機関に対する
モンスターペアレント、
モンスターペイシェント'sペアレントの
問題も取り上げられており
真面目な教師や医師がみたら
げんなりの内容も揃っている。
親の虐待とか、逆に
親が虐待されるとかの
記事はなかったかな・・・・。

つまり社会全体に対する
子供自体のリスクを喚起している
特集と見てよいと思う
(出来の悪い子供が
どんどん増えていることも・・・・・)。

それにしても子供に対するこの国の
待遇の悪さ(諸外国に対して酷すぎ!)
には呆れたというのが正直なところだ。
私の両親もそうだけれども昔は
中流家庭が多くて、子供の教育には
国がとやかく言わなくても
金をかけるのが当たり前の
時代が長く続いたから
対応が遅れたとしか思えない内容だ・・・。
実は会社の先輩に子供が産まれるのだが
それを知った今日その日に、
この様な記事を読むとは皮肉な話だ。

さて日経ビジネスの特集は
あまり面白くなかったけれど
いくつか興味深いコラムがあった。
一つは企業における
「メンタルヘルス」の大切さをとく記事。
なんでも2008年3月より施行された
労働契約法に使用者(雇用者)の
安全配慮義務が明記されて
こことかここを参照)
すなわちこれは
うつ病にとかの
メンタルヘルスの病に
かかった患者にも企業は
ケアの責任を負うことも
明記されたと見て間違いないとのこと。

で雇用者側が一番困るのは
ずっと休職していた
社員がいきなり休職期限が切れる前に
「復職可能」の診断書を
郵便で送ってくること・・・。
この場合、雇用者もどのくらい休職者が
回復したのかは解らないし
先生の方だって患者の務めている
企業の事情なんか分からないから
診断書の内容も「診療室ではまぁ普通にしていますよ」
とかの簡単な内容のものしか
出さないらしい
(それでも会社は立派な「復職可能」の
診断書として扱わなければいけないのだ)。

思えばそういう事態を避けるために
私の場合は3ヶ月に一度は病院で
上司と会って診察にも付き合ってもらって
最終的には総務部長(当時)にも
来てもらって先生と会談してくれたのだろう。

その上で診断書を書いてもらったから
私の場合はまだましだと思いたいが
(ちなみに上記の上司の来訪にかかった
人件費とかをビジネス的に考えると
凄まじい出費となる)
なんか権利を濫用しているようで申し訳ない。

まぁ最初の数ヶ月(!)はリハビリと思って
ストレスのない仕事をさせて
その上で大丈夫なようだったら
仕事をさせなさいとか、
無理なようだったら離職勧告になるかも
しれないが、その際には相互理解が
なされていないと揉める可能性ありとか、
第三者の行っている様々なリハビリ
(当然費用は企業持ち)に
参加させなさいとか記事全体には
精神の病にかかた被雇用者が持つ
権利を書き連ねてくれれて
結論は「企業はメンタルヘルス対策を
大事にしないといけませんよ」で
締めているのだが、
メンタルヘルス患者から見ると
まるで自分が腫れ物扱いで
「雇用者は簡単に退職願いを出さない
メンタルヘルス患者がいたら
これだけの ケアをしなければ
いけないのですよ!ご愁傷様!」
って書いてある様にも読めてしまう。
被害妄想だと思いたいが・・・。
まぁ離職勧告されないように頑張ろう・・・・。

あとは痛風についての健康コラム。
痛風は高尿酸血症が原因とされているが
(諸説あり、リンク先参照)
ビールはプリン体が多いため
痛風の人ないしその予備軍の人
は飲まないほうが良いとされているが
(「おたんこナース」でも
そのように描かれていたな、ウィキペディアにも)
実際にはそのようなことはなく
ビールが与える影響はそれほど
大きくなく、むしろストレスや
高カロリーの食事が尿酸値を
増加させるので、そちらのほうを
気をつけた方がよいとのこと。

尿酸値は高いけれども
もうお酒を飲めない私が
知ってもどうしようもない知識だが
会社に知らないで、ビールを
我慢している人がいたら教えてあげよう。
我慢してストレスを貯める方が
よっぽど良くないですよって。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/21 22:20 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

今日の仕事は・・・・・・・ 

昨日はそれなりに時間をかけて
書いたブログ記事を不手際で消してしまった。
内容は図書館で隣でやはり商工簿記3級
(と思われる)を勉強した青年がいた。
明らかに通信教育か講義を受けると貰える
(もちろん有料)の立派なテキストを
使っていたのだけれども
そのテキストを眺めているだけで
まったく手を動かしていない
(ページもめくらない)。
簿記は結局は作業だから
手を動かして、考えなくても
仕分けができるようになる
訓練をしないと駄目だよとか。
その赤い髪とヤギのような
顎髭では経理という信用がないと
まかされない職務にはつけないよ
というものだったのだが・・・・・。

まぁ今から思うと他人を
くさす内容だったから
発表しないほうが
良かったのかもしれない。

今日会社に来てライバル社が
損益計算書と貸借対照表に
細工をしていないか確かめてみた。
先日読んだ経理漫画の
「超高速・会計勉強法」に
載っていた細工の仕方とは
売り上げが横ばいなので
各利益率が安定してるのに
商品と売掛金が年毎に
増大していくのは
関連会社や商売先の倒産で
積みあがった在庫や
回収不能の債券をいつまでも
損失に計上せずにいて
損益計算書をごまかして
いる可能性があるとのこと
(違法とは言いきれないらしい)。

結果から言えば弊社もライバル社も
売り上げは確かに横ばいだが
両勘定項目が増大しているという
事実はなく、そのような種類の
会計操作はないとわかった。
まあこの会計操作は代表的なもので
他にもいろいろあるのかも
しれないけれど。

こういうこともIFRSが導入されれば
できなくなるのだろうか・・・・。
先日週刊ダイヤモンドに
損益計算書と貸借対照表が
大きく変わると書いてあったと
ブログに書いたが、これは
全く違う別の報告書に
変わってしまうの間違いだった。
訂正したい。
現在の両報告書はある程度簿記の
知識がないと読めないが
それがなくても一般の投資家にも
読みやすい形になるらしい。
両報告書は貸方借方が
あるのだが(損益計算書は
一見無いように見えるけれど)
それが無くなってしまうらしい。
まぁ両報告書はあくまで
決算の最終段階で
作られるものだから
簿記で習う仕分けまで
なくなってしまうとは
考えにくいけれど・・・・・。

さて今日の午前中の仕事は
ひたすらネットで
経済ニュースを読むこと
景気動向はだいたいみんな
今年の終わり頃には
緩やかな回復に向かうんじゃない?
って言っているか
長い低迷が続くんじゃない?
って言っているのが
大抵のようだ。
住宅動向はまだまだ読んでいない
記事が多量に見つかった。

あまり楽観的な見方は
していないのはほぼ一致している。
原因は消費の低迷というのも・・・・。
ただし新興国はまだまだ
意気軒昂な所が多いので
そこに活路を見出せとか・・・
(難しい見たいだけれども)。

午後は株式新聞も
当たってみるかな・・・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/21 12:44 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

こんなテキストを使っています。 

図書館に行く前に軽く更新。

日照簿記はもう完全に独学だけれども
テキストにはこんなものを使っている。
ブックオフで買うからほぼ半額で
買えるのでいろいろ買ってきた。
受かれば経費で落とせるし
(逆を言えば落ちれば
試験費込みで全部自分持ちだ)。

新会社法対応 簿記検定日商3級基礎編に面白いほど受かる本新会社法対応 簿記検定日商3級基礎編に面白いほど受かる本
(2007/02)
澤 昭人

商品詳細を見る


うーんちょといまいちかな。

20日で合格(うか)る!日商簿記2級最速マスター 工業簿記 (最速マスターシリーズ)20日で合格(うか)る!日商簿記2級最速マスター 工業簿記 (最速マスターシリーズ)
(2002/03)
会計創研総合研究所日商簿記試験部

商品詳細を見る

この本についてはまだ読んでないので
(まだ3級の勉強中)。

解りやすいのがこのシリーズ
サクッとうかる日商3級商業簿記 テキストサクッとうかる日商3級商業簿記 テキスト
(2009/02)
福島 三千代

商品詳細を見る


サクッとうかる日商3級商業簿記 トレーニングサクッとうかる日商3級商業簿記 トレーニング
(2009/02)
福島 三千代

商品詳細を見る


サクッとうかる日商2級商業簿記テキストサクッとうかる日商2級商業簿記テキスト
(2009/03)
福島 三千代

商品詳細を見る


サクッとうかる日商2級工業簿記テキストサクッとうかる日商2級工業簿記テキスト
(2009/03)
福島 三千代

商品詳細を見る


サクッとうかる日商2級商業簿記トレーニングサクッとうかる日商2級商業簿記トレーニング
(2009/03)
福島 三千代

商品詳細を見る

サクッとうかる日商2級工業簿記トレーニングサクッとうかる日商2級工業簿記トレーニング
(2009/03)
福島 三千代

商品詳細を見る

サクッとうかる日商2級工業簿記 テキストサクッとうかる日商2級工業簿記 テキスト
(2006/01)
福島 三千代

商品詳細を見る


サクッとうかる日商2級商業簿記 トレーニングサクッとうかる日商2級商業簿記 トレーニング
(2007/02)
福島 三千代

商品詳細を見る


え、なんでこんなにズラズラ並べたかって?
いや上記の「サクッとうかる」シリーズで
ブックオフで手に入らなかったのものがあるから
amazonから取り寄せようと思って・・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/20 08:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

祭りにも不景気の影が・・・・ 

図書館にいくといつもより
駐輪場に自転車の数が多い。
ふと隣の公民館を見てみると
祭りの準備をしている。

ああ、なるほど今日は市の
お祭りと言う訳か。

19時ちょっと前に図書館を
出るとさらに自転車の数は増えて
浴衣の人の姿が目立つ。
本当はお祭り関係者は
別の駐車場を使ってくれと
書いてあるのだけれども
(図書館の裏手の
敷地内にある)
従わない人が多いみたいだ。

私もどんな感じかと
祭りを尋ねてみた。
この祭りは大きな公園や
神社仏閣でやるのではなく
駅前の通りを歩行者天国にして
屋台を並ばせて
その通りを山車や神輿が
威勢の良い声を挙げて
進んでいくというものだ
(少なくとも私が子供のころは)。

しかし今日見てみると
明らかに私が子供のころよりも
屋台の数が少ない。
昔はこの辺りまで屋台が
立ち並んでいたのに・・・・、
という所はもうがらがらだ・・・。

先日新聞でこの不況の中で
協賛してくる企業が
少なくなったから各地方の
夏祭りが縮小、ひどい場合は
廃止になってしまっていると聞いた。

明らかにこの祭りも規模が
小さくなっている。
実は隣町(隣の市)でも
先日同じような祭りが
開かれたのだけれども
それは平日に開かれた。
開かれるのが平日では
神輿を担ぐ人など祭りの
関係者が普通のサラリーマン
だったら困るだろう。
つまりよほど規模を縮小して
やったんだろうな
(見ていないけれど)
それに比べてわが市は
休日に開くだけまだ
ましなのかもしれない。

祭り自体にはそれほど興味がなく
また空腹だったので、
ちょと巡っただけで
家路についた。

本当に不景気ってろくなことはない。
そんなことを思わせてくれた
夕焼けは綺麗だけれども
寂しい夏の夕暮れだった。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルス<br /><br />ブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/19 20:16 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

人間も暑いけれどフェレットはもっと暑い 

今日は暑い、にんげんは 
半裸になって扇風機に当たっていれば良いが
そうもいかない家族が我が家にはいる。

そうフェレット2匹。
ちょっとぐらいの暑さだったら
このように一匹がハンモックから
でてしのぐのだが。
いつもはこうだけれども

あまりの暑さに二匹とも
ハンモックを出て寝ている。
当然特等席は
態度のでかいマロンが
とってしまいミミは下で寝る。
今日は二人ともハンモックを出ています
空のハンモック
空のハンモック

あついよ~状態のマロン
まぁマロンはいい気で寝ているけれど・・・・

身悶えるミミ身悶えるミミ2
身悶えるミミ3
下は湿度が高くて
寝苦しいのか
ミミはしょっちゅう寝返りをうつ。

そろそろクーラーを
いれてやらねばな・・・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/18 22:56 ] フェレット | TB(0) | CM(0)

読み易い本は却って買わなかったりする 

今日も上野駅の本屋で
立ち読みをする。

レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか―するどく見抜き、ストレスがなくなる心理術レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか―するどく見抜き、ストレスがなくなる心理術
(2009/03/20)
内藤 誼人

商品詳細を見る

あ、この本は前新聞で広告を
うっていたな。
これはおもに二つの絵を比べて
「どちらが○○なのか?」
という質問に主に心理学的、
社会学的な分析から作者が
答えるもの。
「レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか」
もその取り上げられている設問のひとつ。
他にも「どちらが上司?」とか
「浮気しやすいタイプはどちら?」
「時間を大切にする人はどっち?」
「事故に会いやすいのはどっち?」
「このペットのご主人はだれ?」
「この旦那さんと30年連れ添った奥さんはだれ?」
などいろいろな設問がある。
うーんなるほどと、うならせてくれるものも
あれば、えー本当?と思わせてくれるものいろいろ。
ちなみに大体、科学的な検証
(アンケートが多いけれども)が
されたものが多い。

超高速・会計勉強法 (ビジネスCOMIC Bコミ)超高速・会計勉強法 (ビジネスCOMIC Bコミ)
(2009/04/16)
國貞 克則井上 博文(脚本)

商品詳細を見る

おっと、会計についての漫画だ。
カバーがもかかってないな・・・。
「簿記の知識不要」と
表紙に書いてあるけれども
ある程度簿記の知識が
あった方が楽しく読める。
まぁそれなりに面白い。
いまいち不理解だった
キャッシュフローについて
少し知識が増えた。
最後の方に違法スレスレの
PLのごまかし方が書いてあったので
火曜日出社したらライバル社が
そのようなことをしていないか
ないしそのような傾向がないか
確かめてみよう。
データー流出、紛失が
怖いので持ちかえらないので
今は確かめることができない。

なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?
(2007/03/27)
夏川 賀央

商品詳細を見る

この手合の本ってすごい
著者の主観的で書いてあって
実際には役にたたない場合が多いんだよな。
ざっと斜め読みして、
「定時にさっさと帰る」、
「仕事帰りに本屋で立ち読みする」、
「定型通りの仕事をしない」などなどの
私の行動にある程度の理論武装を
してくれるものであった。
でも他のビジネス書のどれかには
真逆なことをかいてあるんだろうな。

この手合いのビジネス本って
読者が自分に当てはまるところを
抜き出して、自己満足するために
書かれているんじゃないだろうか・・・・。

本当にこの手の本を読んで実行していれば
世の中はさぞ「仕事ができる人」で
溢れているだろうに・・・・。
この手のビジネス自己啓発本は
実用書とは別に考えた方がよさそうだ。
まぁ役に立つことも書いてはあるのだろうけれど
下手をすると「自己満足本」になりかねない。

上記の三冊の本は
ちょっと速読の心得があれば
簡単に読み通して、結論を
抜き出せるものばかりだ。

別にそれが悪いと言うわけでは
ないけれど、私の様な「読書は好きだけれども
再販制度がある限り立ち読みは
いくらしても良心に恥じない」って
人間には、本屋で立読みで
読まれてしまう。
どうかご容赦を。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/17 22:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

やはり大企業には叶わない各財務指標 

ライバル社との比較を行っていると
いろいろ興味深いことが解ってくる。

前の記事でライバル社との利益率が
高いと書いた。
利益率といってもいろいろあって
計算の際に分子に経営、経常、純利益etc...
をとったり分母に売上高、総資本(総資産)、
経営資本をとったりする。

まぁいずれの値も今期は
弊社の方が高いのだが、それは
前も書いた通り販売費及び一般管理費を
低く抑えられていることが大きい。

しかしそれらの利益を抑えていることは
必ずしもいいこととは実は限らない。
上記の費用にはいわゆる営業、事務方で
働いている人の給料、福利厚生費
また小規模のインフラも含まれている。

実はライバル社は社員に対する
待遇や設備投資が
(少なくとも金額の面では)
大きいのかも知れない。
わが社はライバル社ほど
販売費、一般管理費の内訳を
細かく書いてないので知る術はないが。

でも利益率が高いからといって
他の値はどうだかといって
調べてみると結構やはり上場している
著名な大企業には叶わないなぁという
所がいっぱいある。

例えばその企業が抱えている負債を
支払う能力があるかどうかを示す
「流動比率」、「当座比率」、
「固定比率」、「固定長期適合率」などなど。
まぁ求め方はいちいち書かないけれど
これらの値はいずれも叶わない。
弊社が有利子負債を多く抱えているのに対して
ライバル社はほとんどないからだ。
ただし上記の値はいずれもここ3年を見ると
ライバル社の値が悪化しているのに対して
弊社は改善に向かっているので
差は小さくなっている。

あとわが社が有利子負債を多く抱えていると
書いたけれど、それはあくまでライバル社に対して。
有利子負債にかかる利子がどれだけ財務に
影響を及ぼしているかを測る値に
「売上対支払利息割引比率」という値が
あるけれど、この値に関しては
弊社は業界(製造業)水準を下回っている
(この値は高いければ高いほどまずいので
下回っている方が良いのだ)。
弊社はまだ良好な状態にあると言える。

さて他の値を見てみると
回転率とか回転期間でもやっぱり
ライバル社には当社は叶わない。
この回転率、回転期間は
やはり分子分母にいろいろな値を
とるのだけれども要するに
その会社が在庫や債権を
どれだけ時間で効率的に
捌(さば)いているかを
示す値(回転率は高いほど
回転期間は短いほど良い)。

各在庫や固定資産、売上債権で
計算したけれど一つも
勝っているものがない。
これはやはり在庫管理が
ライバル社に比べて非効率、
固定資産を活かしきれていない
信用が上場企業に比べて
小さいから信用取引の
規模が小さい
(信用取引とは株でお馴染みの
あの取引とはちょと意味合いが違います)
ことなどが考えられる。

利益率がライバル社より高いからといって
いい気になってはいけない。
そんなことを思い知らせてくれた結果だった。

午後は借入金依存度などの値を計算するか・・・・・。
絶対これは良い値は出ないだろうな・・・・。

まぁこういった問題を解決するために
我が部署はあるのだ
(まだ活動は本格的していないけれど)。
ただこういった計算をして問題をただ
「ありますよ」と示すのだけだったら
誰にでもできる。
具体的な解決案を示してこそ
経営企画室の役割だ。
そのためのアンテナを張り巡らせて
おくに越したことはないだろう。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/17 12:55 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

こんな本を今日は読みました 

仕事上がり後御徒町から
秋葉原に行く、今日はパソコンの
部品目当てではなく秋葉原の
ブックオフにいくため。

簿記の本を2冊ほど購入する。
そのまま上野まで歩いて
浅草通りを歩いて
浅草稲荷町店を目指すが
10分歩いても見つからなかったので
引き返す。探し方が悪かったのだろうか?

上野駅の本屋でいつもの様に読書。
クレジットカードのポイントから
交換した1万5千円もの図書カードを
持っていたのでなにか買うに
値する本がないかどうか探す
(ブックオフでは使えなかった)。
思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る

「思考の整理学」ちょと読んでみたけれど
ハッキリ言って爺さんの
古い価値観からの説教みたいで
あまり食指が動かなかった。

宇宙暮らしのススメ―小惑星移住計画宇宙暮らしのススメ―小惑星移住計画
(2009/07)
野田 篤司

商品詳細を見る

面白かったのが野田篤司氏の
「宇宙暮らしのススメ―小惑星移住計画」
宇宙旅行のイロハから始まり
具体的な宇宙旅行について簡潔にでも
面白く書いており、一気に読んでしまった(オイ・・・・)。
書の冒頭にツィオルコフスキーの有名な
「地球は人類のゆりかごだ
だがゆりかごで一生を過ごす者はいない」
の言葉を引用して人間が
現実的に宇宙に進出して
生活していく方法を描いている。
(この言葉、幸村誠氏の「プラネテス」
では「だまされているぞ!そいつぁ
ツィオルコフスキーのついたウソだ!」
と登場人物に言われているのだが
現役の宇宙エンジニアであり
あさりよしとお氏に表紙と挿入されている
漫画を書いてもらっている
野田篤司氏がそれを知らないはずが
ないので意識して引用したのだろう。
なぜ「ウソだ!」と書かれているかは
是非プラネテスを読んで欲しい。
野田氏は本書を読む限り「ウソだ!」と言った
登場人物に結構感情移入していると
私は読んでいる。
プラネテス (1) (モーニングKC (735))プラネテス (1) (モーニングKC (735))
(2001/01)
幸村 誠

商品詳細を見る

SFでは宇宙(地球以外の場所)で
暮らすとなると火星、月、太陽系の
外の未知の惑星、
またはスペースコロニーとか
がたいてい舞台になるけれど
野田氏は
「宇宙で暮らすならばここだ!」
という場所を実に理論的に
書いている(火星や月がなぜ
暮らしたり移住したりするのに
適していないかも)。
その場所とはどこ?
(表紙に書いてあります)

さおり&トニーの冒険紀行 オーストラリアで大の字さおり&トニーの冒険紀行 オーストラリアで大の字
(2009/07/18)
小栗左多里&トニー・ラズロ

商品詳細を見る

「ダーリンは外国人」で大人気の
小栗左多里女史の新作
「さおり&トニーの冒険紀行
オーストラリアで大の字」
私がオーストラリアで体験したのは
コアラとワニを抱っこして、ウォンバットを
触って、グレートバリアリーフに潜って
カンガルーとエミューを食べて・・・
まぁそのくらいだが
さおり&トニー両氏はそれに加えて
さらにラクダに乗ったり、
アボリジニ料理を楽しんだり
各地を巡っていて私をはるかに
超える体験をしていて実に羨ましい。
(カジノについては描いてなかったが
行かなかったのかな?)

この二人はこれからも体験エッセイストとして
ただで、しかも仕事でいろいろな
体験を出きるのだろう・・・。
実に羨ましい。めづめづ 京都は
あんまり羨ましく感じなかったけれど・・・。
めづめづ和文化研究所 京都めづめづ和文化研究所 京都
(2008/11/14)
小栗 左多里トニー・ラズロ

商品詳細を見る


で結局買ったのは
この雑学本。

図解 どっちが得?「おとなの雑学」 (王様文庫)図解 どっちが得?「おとなの雑学」 (王様文庫)
(2009/01/28)
インタービジョン21

商品詳細を見る

あまり中を確認せずに
これだけ立ち読みしたから
申し訳ないというくらいの気持ちで
買って帰りの電車の中で
半分位読んだのだが
中身はちょっと微妙。

知らないことは確かに
へぇそうだったのか、と思わせてくれる
ところも多いけれど知っている分野
(とくにエレクトロニクス)では
情報が古いよ!と突っ込みたくなる
ところもたくさんあった・・・。

まぁとにかく
仕事帰りに大きな本屋のある生活は
最高だ。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/16 23:40 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

裁量労働制と一斉付与の原則と・・・・ 

定時(朝9時)から出社しだして
わかった事だが弊社では朝9時に
女性社員(3人)が朝一番のお茶をいれてくれる。
ただし基本的にこれは最初だけで
更に飲みたければ自分で汲む。
出先から営業の人が帰ってきたときは
女性社員の誰かが気を使って
いれることも多いようだ。

本社では定時やお昼にベルがなったり
することはない。この時間から仕事をしろとか
この時間から休めとか特に決めていないらしい。
朝礼とか昼礼も普段はない
(特別な発表や業績の定時連絡ときはあるだろう)
お昼休みも正午の15分くらい前から取りはじめて
13時頃から各々の裁量で始めているらしい。

それに対してかつて私が働いていた研究所と
工場では決められた時間に
ベルがなって、その合図に伴って
仕事をするように求められる。
毎日の朝礼、昼礼はないけれども
(研究所は特別な発表や業績の定時連絡にある
工場勤務の人はそれに加えて毎週金曜日にある)
ラジオ体操の時間が朝一番にあって
それに参加することを求められる
(本来は工場勤務の人のためだろうけれど
研究所の人も参加することになっている)。

きまった時間に鳴るベルは本来は工場現場、
工場事務の人のためのもので研究所所員は
裁量労働だから従う必要はないけれど
同じ敷地内にあって職場が近いので
自然と合わせる形になっている。

当然お昼時間も12時にいっぺんに
とる形なので工場の食堂は正午過ぎに
いっぺんに意混雑する形になる
一斉付与の原則というやつだ)。
研究所の人間が先に食事を済ませてしまえば
少しは緩和されるのだろうけれど
それは流石に遠慮しているらしい
(人気のあるメニューが品切れに
なったら工場の人が不満を抱くだろう)。

タバコの時間もそうだ。
弊社では本社勤務の人間はいつでも
タバコを吸うことが許される
(もちろん余裕がある時に)。
各々の裁量に合わせて、仕事が忙しいときに
仕事をして、時間が空いたときにタバコを吸う。
これは研究所も同じだ。

ただし研究所はタバコを吸うための
吸煙設備を備えた特別のブースがあって
そこでタバコを吸う
(私が入社した頃はとくになんの
吸煙設備も仕切りもないスペースで
吸っていたから大きな進歩だ)。
本社はそういうスペースがないのでオフィスを出て
会社の入っているビルの前で吸う。

それに対して工場勤務の人は休憩時間以外に
タバコを吸うことを基本的に許されない。
工場の人たちがタバコを吸うブースも
あるけれどそこは休憩時間以外は
使用禁止である。
休み時間に働らかざるを得なかった人が
本来の勤務時間に休憩をとることは
許されているが、やはり居心地は悪そうだ。
そういった工場勤務の人はちょくちょく
研究所をいろいろな用で訪れるのだが
いつでもタバコを吸える研究所の
雰囲気を羨ましく思っているそうだ。

しかしその指摘はあまり当てはまっていない
工場では昼間の1時間の休みの他に
午前は10時から15分、午後も3時から15分
休みが与えられている。
その時間はほとんど研究所の人たちは
仕事をしていることが多い。
研究所の人の仕事は基本的に
一人作業で、反応過程などの管理で
決まった時間に休みをとれないことが多いのだ
(昼間の休みも潰れることがある、
まぁ研究職では当たり前だけれども)。
当然夜は残業で工場勤務の人よりも
遅くなることも多い。

しかし裁量労働制の元で働いている人と
一斉付与の原則のもとで働いている
人が一緒に働いているとどうしても
不満を抱く人が出てくる。
当然工場で働いている人が
そういった感情を抱くことが多い。

飲み会の席の話だが私は
「俺たち工場で働いている人間は
勤務時間は話す間もなく働いているのに
お前たち研究所勤務の人間は『いつでも』
タバコをすってべらべらおしゃべりしている」
とか「お前たち研究所勤務の人間と工場勤務の
人間の生涯賃金がどうだこうだ」とか
言われたことがある。

『いつでも』とはとうぜんその工場勤務の
人が研究所を訪れた時の時間だが
研究所は裁量労働制だから
いつでもタバコを吸うことは許されるし
またタバコを吸いながら報告書を読んだり
仕事をすることも多い。

生涯賃金についてはこれは
あまりどうのこうの言いたくないが
工場勤務と研究所勤務の人の賃金を
一緒にしてしまったら、いろいろな意味で
却って不平等になることは疑いない。

こういった軋轢を防ぐためにも
大抵の大企業では工場と研究所は
別にしていることが多いそうだ。

おっとまだ書きたいことがあるけれど
仕事に戻る時間だ・・・・。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/16 12:55 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

IFRSが与えてくれるかもしれない私の会社における存在理由 

今週号の週刊ダイヤモンド
立ち読みしたら「IFRS 襲来!
国際会計基準への対応を急げ」という
特集を組んでいた。

IFRS(アイファース、アイエフアールエス
イファースとか読むらしい、
直訳は国際財務報告基準だけれども
「国際会計基準」と言われることが
多いらしい。)
はリンク先を
参照にして欲しいけれども
日本の企業が出さなければ
いけない(とくに上場企業が)
財政報告書が大きく国際基準に合わせて
変わってしまうらしい。

日本では2015年、米国で2014年の
導入というからまだまだ先のことだけれども
EUでは2006年に中国でも2007年に
もう導入しており他の国も
続々と続いている。

アメリカが従来の
会計基準を捨てないと思っていたら
結局導入を表明したので
日本も追従するらしい(笑)。
メートル制を頑固に導入しない
アメリカでさえ折れたとなると、
さぞ素晴らしいものかと思って
記事を見てみるとどうも
そのような生易しいものではなかった。

ウィキペディアにも
細々変わる点は書いてあるけれども
週刊ダイヤモンドの記事では
大きく変わる点として
①規則主義から原則主義へ
②純利益でから包括利益へ
が挙げられていた
(あともうひとつあったと思うけど忘れた)。

①についてだが、規則主義と原則主義は
ここにも載っているけれど
簡単にいうとこれまではお上の決めた
マニュアル上の基準で
日本とアメリカの会社は会計書類を作成してきたけれど
これからは独自の基準で決めなさいというもの。
自由化という生易しいものではなく
まず各社の会計基準作りも大変だし
勝手に決めて良いからといって
都合の良い会計基準を作っていたら
株主や投資家に叩かれるという恐ろしいものだ
(アカウンタビリティとセットなのだ)。

②はこれまでの損益計算書から読み取れる純利益や
経常利益重視ではなく、貸借対照表に示される
純資産からから
導き出される「包括利益」という
ものを重視するというものだが
この包括利益とやらどうやら前年度の
企業の純資産と今年度の純資産の差
で求めるらしい。
企業の経営者から見ると汗水たらして
本業、副業でかせいだ経営利益、経常利益が
その他の変動の影響も大きく現れる
「純資産」というものに一絡げにされて
しまうのだから抵抗があるという。
また貸借対照表と損益計算書の
書き方もおおきく変わる。

まぁIFRSについては詳しいことはこの様など素人の
記事等読まずにプロの書いた原稿を読んでほしい。
実にわかりやすく、面白く書いてある。

私が印象に残ったのは八田進二青山大学教授
(この人日本の内部統制制度の確立に
尽力した人らしい)の短いコラムというか
インタビューだった。
IFRS導入となるとこれまでのような
簿記だけの知識だけでは会計はやっていけなくなる
マクロ経済、ミクロ経済を包括する
知識その他が求められる。
また企業の内部統制がいかに確立しているかも
重要なポイントになるだろうというものだった。

今日も図書館で簿記の勉強をしていた
私だけれども、もう複雑というか
情報量が多くて泣きたくなる。
最初の導入部の各仕分けとかは
うまく学べたので日商3級ぐらいは
楽勝かと思っていたら、精算表をつくれとか
多くの仕分けをいっぺんにあつかう
問題となるともう訳が解らなくなる。
もう慣れるしかないけれど。

さて、私が簿記を学んでいるのは
経理で仕分けをやったり
財政書類作るためではない
企業分析などを行い
内部統制や経営戦略を練ったり
まぁ様々なこと(「経営企画策定(短期、中期)」
『投資効果測定」、「管理会計制度改善」
「It企画の作成」、「内部統制」、
「新規事業の立案、推進撤退」
「既存事業の継続、撤退」、「業績管理」
「その他特命事項」)のためだ。

実は経理をやるためにはそれほど
簿記の知識ましてや資格は必要ない(らしい)。
今は会計ソフトがいいものが
いっぱいあるから、最低限の
知識と会計ソフトの扱い方を知っていれば良く、
仕分けも自動的にやってくれるし
間違いが生じても直ぐ解る(らしい)。
こちらのページを見ると会計初心者でも
パソコンにインストールしたその日から
中小企業の会計が出きるとある。
大きく出たものだ

八田教授のいうことが本当になれば
私の会社における存在理由はそれになるだろう。

私は今はただひたすら自分の会社とライバル社の
比較を行っているだけだ。
弊社は売上高経常利益率とか
経営資本経常利益率とかでは
ライバル社を上回っている。
しかしIFRSで計算するとどうなるだろうか?
弊社は有利子負債が多いから
絶対に包括利益とやらは不利になるにちがいない。
週刊ダイヤモンドには大企業の純利益と
包括利益の具体的な値が示されていたが
ほとんどの企業で包括利益がはるかに
純利益を下回っていることが解る
(ごくわずかに上回っている企業もある)。
純利益で黒字でも包括利益では赤字のところも多い。

もちろん上のデーターの比較などは
とっくのとうに常務がやっているだろうから
私が今やっていることは何一つ弊社の
企業活動の役に立っているわけではない。

だからなにか会社における存在理由や目的を
持たないとモチベーションがもてなくなる。
このたびの週刊ダイヤモンドの記事は
大いにそれを与えてくれるものだった。

さて明日はちょっとだけ胸を張って
出社ができそうだ。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/15 22:53 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

AAの理想と現実のギャップは大きい 

今日のAAはビックブックミーティング
「仲間の話、気づいたら神がいた」。

アルコールで全てを失いかけて
AAの教えによって救われた
日本AA黎明期の人の話。
日本人んで若い頃海軍でラバウルに
いたことがあるというから
生きているとしたらかなりの年のはずだ。

そのアルコール依存症患者は
若い頃から酒を飲み続け
例によらずアルコール依存症になった。
精神病院に入るなど紆余曲折を繰り返し
理解のある奥さんとカトリックの
神父により救われた。
彼は結局物語の最後で12のステップを
職業として生活する道を
選ぶのだがそこまでにいろいろ
自分を振り返り自省している
ところが多いのが印象に残る。
書いてある文章を読む限りは
立派な人格者である。

私もこの機会にミーティングで
自省してみた。私は現在
酒を飲まない生活を送っているが
その心境は飲んでいる頃と変わっているか?
いや何も変わって無い気がする。

現在のところは大きなストレスもないから
飲まずにいられるが、さてその
状況が変わったら?
AAの元で変わっていかなければ
いろいろやらなければ
ビックブックは「危険な状態」に
なると警告している。
危険な状態とはもちろん
誘惑に負けたり、ストレスを
言い訳にしてお酒を飲んでしまうことだ。
そして全てが元の木阿弥にもどってしまう。

なにか変わっていかなければいけないのに
今のところは会社の方で手一杯で
なにもしていない、不安な気持ちが募る。

私は会社と家族に散々迷惑をかけて
それでもなお許されて、その中においてもらえる。
大した貢献もしていないのに。

まぁとにかく飲まなければなんとか
やっていけるそんな思いで
AAに繋がっている。
このような話をした。

さてAAに繋がるといっているけど
私が今悩んでいるのがAAの挙げている
理想と実態の違い。
AAには善い人が多い。
しかしAAが理想として挙げている
人格者が多いかどうかははなただ疑問だ。

AAの教えに忠実な人ほど実は
よくよく見てみるとドライドランク
断酒期間だけをプライドに
している人を多く見てきた
気がする(その人たちには
その他に誇れる社会的
ステータスはないことが多い)。

最初からもっとソフトな
理念であれば良いのにと
思わない日はない。

まぁあまり愚痴をいってもしょうがないか。
できる範囲でやっていこう。
自分の器の範囲で。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルス<br /><br />ブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/14 21:36 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(2)

蕎麦はダイエットに良い!はず・・・・ 

昼間に会社の掲示板を見てみたら
朝は会社員の人が二人結婚したという
おめでたいニュースが
貼ってあった場所に替わって
今年に入っての営業成績が
おもわしくないので
管理職の給与のカットを行うという
悪いニュースが貼られていた。

さて7月から巻き返さないと
単年度赤字になってしまねない。

<日経>◇ハウスメーカーの6月、3社が受注額増 住宅減税で改善の兆し
 ハウスメーカー大手の一部で、住宅の受注状況に改善の兆しが見え始めた。
6月の受注は、住友林業など3社が前年同月の実績を上回った。
景気悪化で住宅市場は長期的に冷え込んでいたが、
住宅減税など政策の効果が徐々に表れている。
 地方のフランチャイズ加盟店を含めた三井ホームの
6月の受注金額は前年同月比5%増と、10カ月ぶりに増加に転じた。
都市部が中心の三井ホーム単体では
13%増加しており、首都圏を中心に回復が目立つ。
 住友林業も6月の受注金額が9%増と、1年ぶりに増加した。
パナホームも戸建て住宅の受注が1年ぶりに増加している。
 受注回復の背景には住宅取得を優遇する政策が次々と打ち出されたことがある。
住宅ローン減税の拡大や贈与税の軽減措置などが、
景気対策目的で実施されている。
一方、積水化学工業やミサワホームは前年同月比を下回って推移しており、
厳しい状況が続いている。市場では「住友林や三井ホームは営業強化の効果が出た。
ただ依然として受注水準は低く、本格的な回復トレンドとは言い切れない」
(野村証券の福島大輔アナリスト)と、厳しい見方も出ている。
受注単価の下落も懸念材料だ。
高額の受注が期待される建て替えの需要が回復せず、
資金余力が比較的小さい若者が購入者の中心になっている。
三井ホームの松本賢二専務取締役は「政策で若者から動き始めた状態。
まだ(景気回復を)待っている高額の物件が動き始めれば、
回復は本物になるだろう」と話す。



なんてニュースもあるからひょっとしたら
見通しはすこしは明るいかもしれない。

今日も昼食はもりそば。
もりそばを食べると
いつも夕食時にはえらく
腹が減った状態になって
ご飯が美味しく食べれるのだが
それがなぜかという疑問の
答えが先日読んだ週刊文春に載っていた。

蕎麦は食べた後、他のご飯や
ラーメンなどの麦からできた
食品よりも食後の血糖値を上げる効果が
なだらかである。
血中血糖値が急激に上がると
脳は身体に脂肪を蓄えるように
命令を出す。

つまり蕎麦は太りにくい食品だと
いうことだ。確か蕎麦は麦とか比べて
タンパク質のの含有量が多く、
でん粉の含有量が少ないはずだから
合計カロリーも少ないだろう。

ただし、だからといってなんでもかんでも
蕎麦を頼めば良いというものでもないらしい。

蕎麦は小麦と比べて値段がずっと高いから
ちゃんとした(高い値段の)蕎麦屋で
だす蕎麦はともかく、大衆店のやすい蕎麦屋
だと蕎麦の含有量が小さい、
駅の立ち食いそばなど2割しか含んでいない
可能性もあるそうだ。
つまり上記の上げた蕎麦の効能を
得たかったら、高いそばを食えってこと。

いつも行っている蕎麦屋さんはどうだろうか?
大衆店だけれども値段はちょと高め。
店は狭くて、配膳というか注文を受けて
配るのは一人だけれども
厨房には結構人がいる
(5人くらいいるような・・・・)。
人件費はどうだろうか・・・・?

まぁ麺にコシはあるし、美味いし
あれだけ夕食時に腹が減るってことは
それなりに蕎麦の含有量が高い
麺を使っていると信じたい。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/14 12:39 ] 仕事について | TB(0) | CM(0)

また失望させられるのかなぁ 

衆議院が21日も解散で8/30に選挙だそうだ。
中選挙制だからそれほどの惨敗にならないと
首脳部は踏んでいたそうだ。
それでこの惨敗だったら、小選挙区制である
衆議院選挙はどうなるのだろうか?

まぁ8/30まで日があるからどんな神風が
吹くかわからないけれど・・・・・。

こういう風に政権交代の風が吹くと
私はどうしても村山政権の
悪夢を思い出ししまう。

あの時私は選挙権はなかったけれど
思想的にはだいぶ戦後民主主義教育に
普通に囚われていた。
ひどい反日教育を受けたわけではないが
図書室にある歴史の本を読むのが
好きだったので、そこ書いてある
発展途上国や少数民族の
「独立」の戦いとかいうものを
善対悪の単純な図式でしか
捉えられないようになっていた。

共産党は政治献金を受けず、戦前から
戦争反対を唱え続けた唯一の党であり
平和のために一応まじめに取り組んでいる
政党だと思っていた。
政権をとってほしいとは
おもわなかってけれど
(共産主義は当時から嫌いだったから、
政権を取らないんだったら、
「善き野党」として機能するんじゃ
ないぐらいに思っていた)。

私は細川、羽田、村山内閣発足に関連する
第40回衆議院議員総選挙時には
選挙権を持っていない。
でも自民党はずっと政権を
握っているから、自民党の政治家が
いい気になって汚職を平気で
繰り返す、これで少しは政治は
良くなるのではないかと
思っていた。

だが結果は無残な結果に終わった。
ゴタゴタの上で選ばれたアカ政党出身の
村山総理は自衛隊に対する嫌悪感から
兵庫県の罹災民を見殺しにした
(少なくとも私はそう思っている)。
当時私は復興の仕事のアルバイトとして
現地に入ったが
(ボランティアではありません)、
本当に現地はひどい有様だった。

村山談話河野談話は当時の責任ある
人間の発言として記され
多くの「日本人」を殺し
そして現在でも呪いの様に
「公式見解」として残り
殺し続けている。

今日の日経新聞の夕刊をみたら
16年前の自民党が下野したような
ことが起こるかも知れないという
民主党の関係者の浮ついたコメントが乗っていた。
冗談ではない!

正直今の民主党はつまらない
揚げ足取りをする能力はあっても
政権を運営していく能力は
ないと思っている。
不幸なことに・・・・。
まだ自民党の方がましだと思う。
失策をしたら村山総理のように
「初めてのことだから」とでも
言い訳するのが目に見えて怖い。

かくいう私も日本が二大政党制に
なって、アメリカの様に
ライバルが常に張り合うような
政治体制になれば、汚職とか
我田引水的な政治は少なくなると
思っていた。
しかし民主党のあまりにの情けなさに
失望して、町山智浩氏の著作により
アメリカの二大政党制の良さが幻想だと
知ってすっかり希望が持てなくなった
(イギリスはまだましなのかな?)。

まぁ理想的な二大政党制に
なるためにはいくらかは
国民は出血を強いられなければ
いけないのかもしれない。
そのためには民主党には
一度位は政権をとらせなければ
いけないのかもしれない
(最初は絶対に失敗すると
おもうけれど)。
民主党と自民党に過去の失敗に
学ぶ知性があれば
カルト大国アメリカよりは
ずっとましな二大政党制が
できるかもしれない。

まぁ上記したように私が
政治、政党に対して抱いてきた
理想は常に裏切られて
きたのだけれども・・・・。

裏切れ続けてきた
私にお慰みを!
クリック!
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/13 20:21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

字が汚いと致命的なだなぁあ 

私の使っている簿記のテキストは
科目が7日分に分けられていて
6日目に帳簿、伝票、試算表がくる。

最後の試算表の問題。
基礎が解っていればそれほど
難しくはないけれど、
なにしろ書かなければ
いけない情報量が多い。

①仕分け→②Tファームの作成
③試算表の作成の順番で
作るのが基本。
①の仕分けは頭の中でやって
②Tフォームから紙に書いていく
(そうしないととても試験時間内で
終わらないそうだ)。

問題は私の文字が汚くて
自分でも読み辛いこと・・・・。

Tフォームを作成するには
定規があればいくらか楽なんだけれども
その定規も試験に持ち込むことは
許されないらしい。

今のままの私の字だと
とてもじゃないけれど本番の試験で
計算間違いをしないような綺麗な
字や表を書けるか不安になる。
まともに綺麗な線も書くことができないし。

とめはねっ! 鈴里高校書道部
読んでもあまり参考にならないな・・・
漫画の面白さはともかくとして・・。

()


商品詳細を見る



なんとか6日目のレッスンを終えて
7日目の決算に入る。
決算期はどこの会社でも
会計関係の部署は地獄だと
いうけれどそれがなんとなく
解るくらいややこしい。
とくに収益、費用の繰り延べと見越しが。

うーん今日は借りている映画を
さっさと見ちゃうとするか・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/12 20:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり 

やっと機会にめぐまれていたので
小畑健×大場つぐみ」の「バクマン。」を読む
(私は基本的に単行本派)。
バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2009/01/05)
大場 つぐみ

商品詳細を見る


まだ一巻の途中だけれども
(三巻まで読む予定)
主人公二人組
(二人共程度の差はあるけれど
頭が良いという設定)
が二人共
「天は人の上に人を造らず
人の下に人を造らず」

意味を誤解しているのに驚いた。

もちろんこれはフィクションの
中の二人がが間違えたことにしているのであり
原作者の大場つぐみは正しい
意味を知っている可能性はある
(この二人のタッグで送り出す漫画だったら
何人もの教養のある人によりチェックされているから
それら全員が見逃したとは考えにくい、
大御所(笑)過ぎて誰も指摘しない
可能性もあるけれど)。

しかし「天は人の上に人を造らず
人の下に人を造らずと」という言葉は

「 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。」
(中略)
「されば前にも言える通り、人は生れながらにして貴賎貧富の別なし。
ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、
無学なる者は貧人となり下人となるなり。」

と続くように
人の身分、ステータスの上下を決めるのは
「天(生まれ身分とかの先天的なもの)ではなく
その人が修めた学問(後天的なものですね)」であると
言っているのだ(まぁこれも極論ですけどね)。

私は身分こそがその人のステータスを決める全てでは
ないと思うけれど、「人は生れながらにして貴賎貧富の別なし。」
というつもりもない。
生まれながらして貴賎はともかく富裕の違いはあるし
両親の社会的ステータスが高ければ
それもやはり受け継がれやすい
(低い方もね!)。

その悲しい現実は様々なデーターで
実査に現れている
(東大に行く学生の親が年収が高い
傾向があるというのはその最たるものですね)。

ああ、勉強すればするほど
(勿論身に入ることを前提にね)
社会のステータスが現実に
決まるのならば、世の中は
もっと平和なのかもなぁ・・・・。
面白くない世界になってしまうことも
否定できないけれど・・・。

人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
[ 2009/07/11 23:21 ] 日記 | TB(0) | CM(5)
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2009年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。