デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな! 2009年02月

デブでアル中だけれども、頑張ってみるかな!

アルコール依存症と診断された日から、紆余曲折を経て回復の日々を綴る日記です。 アルコール依存症だけではなく、趣味やニュース、コラムについてもいろいろ書いていく予定です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

だいぶこれで軽くなったよ。 

昨日パソコンの大掃除を行った。
といっても中身を掃除したのではなく
レジストリのお掃除。

CCleanerでバックアップをとって、レジストリの
ごみを取り除く処理を行う。
次にNTREGOPTを用いて肥大化した
レジストリを最適化する。

これでだいぶ操作が軽くなったような気がする。

AMD(ATI)のグラフィックドライバーと
ピクセラのテレビチューナーの
ドライバーとテレビ視聴ソフトの
のニューバージョンが出たので
更新。
グラフィックドライバーの更新の際には
Driver sweeperを用いて
以前のドライバーを完全に削除する。

これでテレビの不具合
(画像補正機能をONにすると
画面が緑になって映らなくなる)が
直ると思ったらぜんぜん直って
いなかった。
いったい何のための更新なのか・・・・・。

今日は久しぶりに晴れるそうなので
洗濯しなくちゃな。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2009/02/28 09:30 ] コンピューター | TB(0) | CM(0)

温暖化の影響なんて実はどうなるかわからない 

雪が朝から降っている。
地球の温暖化のため降らない日が続いて
今年はもう降るまいと思っていたが
考えが甘かった。
おかげで朝から布団にもぐっている。

これも「デイ・アフター・トゥモロー」なんて映画を
前日に見てしまったせいだろうか。

この映画のユニークなところは
人間による温室効果ガス によって
地球が温暖化するのではなく
逆に寒冷化するという設定。

なにを馬鹿なことを言っているのだという
人もいるかもしれないが、
だったら、地球が温暖化したら
どうなるか正しく説明できるのかよ
って返されて、正しく回答できる人は
存在しないらしい
(もしわかるという人がいたら、その人は
「無知の知」を知らない人か
間違った情報にだまされている人か
よほどの天才ということになる)。

私などは以前は単純に少し気温が
あがって、海面が上昇するだけでは
ないだろうか、ぐらいしか思っていなかった。

環境の変化についても確かアフリカが
緑豊かだったころは、今より
数度温度が高かったはずだよな。
ひょっとしたら温暖化によって
再び緑豊かになるんじゃないのか?
ぐらいしか思っていなかった。

また私の意見ではないが
どこかの雑誌で地球がいまより少し
温暖化すれば、ユーラシア大陸
(シベリアのことだろう)における
耕作可能面積が広がる可能性が
あるとも読んだことがある。

しかし「本職の気象学者」
にこの質問をした場合
「どうなるかは実はよく解らない」
というのが一番誠実な答えらしい。


私がこのことを知ったのは
山本弘氏の「環境問題のウソ"のウソ」
という本を読んでから。

この本は題名にあるとおり
武田邦彦氏著の「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」
と「環境問題はなぜウソがまかり通るのか2」の批判が
大半を占めている。
8章構成で最初の7章が武田氏の上記の
2冊の著書のデーターと論理の間違いを
指摘した(ほかにも他の著書や
両氏の直接対談における間違いを
指摘している部分もある)内容になっている。

私は武田氏の著書は読んだことがないので
最初の7章における言及は避けさせていただく。
どちらが正しいかとか、どうのこうの
いうためにはやはり両氏の本を
読むべきだと思うから。

私は以前、他者の著書を批判するという意味では
同じ趣旨である、「こんなにヘンだぞ!『空想科学読本」について
山本氏(と学会)の肩を持ったことがあるが

その時は両氏の本を読んでいたから。

話を元に戻させてもらえば
この「環境問題のウソ"のウソ」
第八章の武田氏の著作批判に
ほとんど関係ない
「環境温暖化問題・どこまで本当なの?」と
「エピローグ」だけでもたいへんに読む価値がある。

武田氏と山本氏の討論自体に興味がなくても
地球温暖化についてひじょうに解りやすく
説明してあるからだ
(まぁより深く理解するためには
素直に最初から読むほうをお勧めします)。

「地球の温度は本当に進んでいるのか?」
といった初歩的な問題から
「では温暖化したらどうなるか?
温暖化を食い止める努力をするべきか?」
までの問題が実に理論的に書かれている。

先に書いてしまえば「どうなるか?」の
質問の回答は先に書いたとおり
「どうなるか解らない」である。
あまりにも地球の温暖化によって
変わるファクターが多すぎて
現代の科学では解りかねるというのが
本当のところなのである。

ファクターとしては、気候、海流、
海水の酸性度などいろいろあり
またそれらのファクターの変化の
原因となるファクターまでも含めると
とうてい計算不能なのだ。

ちなみに「デイ・アフター・トゥモロー」では
上記の「海流の変化」をメインファクター
にして寒冷化を説明している。

ぜひ一読してほしい本。
とくに最後のエピローグだが
地球の温暖化についての
認識がどのようなものであるか
再考させてくれること疑いなしである。

ちょっと後に追記

ただひとつだけ苦言を呈させていただければ
石油を単なる「燃料」としか見てないがごとく
「早く枯渇するのが望ましい」と
書いてあるのは非常に遺憾である。
石油はさまざまな炭素水素化合物の
集合体であり、そこから取れるのは
軽油、重油、ガソリンなだけではなく
ウィキペディアにはあまり詳しく書いていないが
ナフサはさまざまな化学物質の
原料になるのだ
(ウィキペディアを見ると石油の項目ではナフサは
ガソリンか溶媒になるようにしか読めないように
書かれている、ナフサそのものの項目では
まだ正しく書かれている)。

山本氏は石油を単なる「燃料(エネルギー)」としか
みていないのか、さまざまなエネルギーの
節約方法や、セルロースエタノール、
太陽光レーザーなどの代替案を
紹介してくれているのだが、
「じゃあ、化学製品の原料はどうするの?」
の質問には答えてくれていない。
まったく知らないとはどうしても思えないのだが・・・・・。

氏は「ケミカルリサイクル」については
前の章では述べているので
完全な片手落ちとはいえないが・・・・・。

続本を書く予定があって
そこでも「石油は早く枯渇するのが望ましい」
と主張するならば、
ぜひ石油製品(の原料)の
代替案も紹介してくれると
それらに関わる仕事に就いている者としては
とってもうれしいのだが・・・・。

“環境問題のウソ”のウソ“環境問題のウソ”のウソ
(2007/12)
山本 弘

商品詳細を見る


デイ・アフター・トゥモロー [Blu-ray]デイ・アフター・トゥモロー [Blu-ray]
(2007/12/21)
デニス・クエイド

商品詳細を見る

このBlu-ray版、容量が46.6Gあることは
先日述べたが、ビットレートが
25~40Mbpsという非常に高密度な
映像となっている。
起こる災害の性質上、ビルが
なぎ倒されるとか、派手な演出は
(この手の高予算映画にしては)控えめだが
見て損はない内容です。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/27 16:32 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

術式開始! 

さて朝九時(10時だったかな?)
に手術だがこれはこのクリニックが
開く時間である。

つまり朝一番の一番気力の充実している時期に
手術をしてくれるということである
(人によっては午後1番とか、
夜遅くなるほどのほうが冴える人もいるだろうけれど)。

繰り返しになるが私が受けたのは
イントラレーシック、単なるレーシックではない。

当時の品川近視クリニックにのサイトにはイントラレーシックと
単なるレーシックの違いが詳しく図入りで
のっていたと記憶するが
現在では単なるレーシックは行っていないためか
その情報は載っていないようようだ
かろうじて文章で簡単な説明がある。
(載っていたらすみません)。

一番のお客のためか手術は時間通りに始まった。
まずは改めて簡易検査を受け
目薬による局部麻酔をされてから
手術室1へ、ここでイントラレーザーにより
目のフラップを作る。
もちろんまったく痛くはないが
やはり恐怖感がある。
けれどすぐ終わる。
この段階で目は真っ白な霧に覆われたよう状態になり
ほとんどものは見えなくなる。

で手術室を移るのだが
看護婦さん二人に両手を支えられながら
部屋を移動、手術室2に移る。
ここでエキシマレーザーにより角膜の
矯正を行う。
手術を行っている間
視界はほとんど真っ暗なのだが
赤か、緑か青の光が見えて
それを見ていてください
(見ないでくださいだったかな?)
と指示を受けそのとおりにする。
ちなみにこのときたんぱく質を
焼いたような、独特のにおいがする
(小学生のころやった、蟻を虫眼鏡で
焼き殺したときにしたような臭いだ)。
ビビッてこのとき動かないように!

もう腹は据わっているので
恐怖を体に出さず、じっとしていた。
恐怖で体や目を動かしたりしたら
どのような事態になるかのほうが
恐ろしかったから。

でこの手術もあっという間に終了。
今度は若干ものが見えるようになる。
ちなみに上記の両手術の間
瞬きしないような器具を目に取り付けられたような
記憶があるようなないような気がするが
よく覚えていない。

それから薄暗い休憩室に案内され
(今度は多少は目は見えるようになっている)、
15分ほどじっとしているように指示される。

それから目を保護する特製の保護めがねをわたされ
手術の次の日の検査は必ず受けるようにと
指示される。で目薬をいっぱい渡されて
これをかなり頻繁にするようにといわれる。
カウンセリングもあったような気がする。

当然保護めがねは度は入っていない。
(眠るときもつけているようにといわれる)。
裸眼で見る有楽町の町は
やや白くにごっているけれど
焦点ははっきりと結ばれていて
安心することができた。

その日は実家にすぐ帰りおとなしくしている。
その次の日午前中に術後1日目の検査を行う。
その日には手術直後にあった
白い霧もほとんど消えており
はっきりとものが見える状態だった。
視力は両方とも1.5これは現在でも
変わっていない。
その他の問題もまったく見当たらなかった。

気分がよくなったので、有楽町の
雛鮨 西銀座にておすし食べ放題を
食する。偶然か父のいとこである
女性から(ずっと父より若い)
電話がかかってきたので
話のついでにちょと自慢。

本当は1週間後とか
1ヶ月後、3ヶ月後とかにも
検査は受けなくてはいけないのだが
それらはサボった。
特に異常はなかったし
電車代も馬鹿にならないから・・・・・・。

グレアはどうだか知らないがハロは
術後しばらくは顕著に現れた。
この状態で見る夜景は
ある意味非常に美しい。
今ではだいぶなくなった。

今のところまったく異常なく
モニターや本を一日中見ようが
まったく疲れ目などない状況にある
(これは手術のおかげではなく
私の目の特性だろう)。

コンタクトレンズやめがねでの
矯正視力の1.0~1.2だけでは
出せなかった風景が今でも私の
目には映る。

特に月がはっきり見える。
手術前では見えなかった
月の模様がはっきり見えるのだ
天気のよい日はプレアデス星団の星の数も
数えることができる。
(月の周りには多少ハロが見えるけれど)。

なお上記の記事はいずれもだいぶ前の
記憶を必死に思い出して書いたもの。
手術を受けようと思った際は、必ず自分で調べるなり
資料を送付してもらうなり、
専業の人に相談するなりして
決めるようにしてください。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/26 17:53 ] 自分について | TB(0) | CM(0)

私のイントラレーシック体験記 

今、レーシックが少し話題になっている。
(昨日の記事参照)
銀座眼科はようやく公式サイトの
ホームページに

現在、保健所の指導により営業を自粛しています。
ご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。

とだけ載せたけど
これではやはりアカウンタビリティを果たしてないと思う。

まぁそれはおいといて私のイントラレーシック体験記を。
私が手術を受けたのは4、5年前の
年末だったと記憶している。

(今ではだいぶ異なるかもしれません。)
場所は品川近視クリニック銀座院

検査の予約と手術の予約を
してくださいとサイトにあったので
2~3週間前に予約をする。たまたま
金曜日に社用で東京に
出かける日があったので
その日に予約。

ついでに検査結果の次の日に
必ず受けると決めているので
手術日を次の日にしてくださいと
お願いする。
東京だったら実家が自宅よりまだ近いので
そこに泊めてもらおうと思ったのだ。
オペレーターさんは狼狽していたようだが
手術日を検査日の次の日に入れてくれた
(これが結局ゴネ得の原因になる)。

社用が終わりいざ術前検査に
いったらすごい混んでいた。
(女性の比率が高いように思えた)。
受付を済ませたけれど
予約の時間から2~3時間以上
待たされた。
(休診日なしで夜10時すぎまで
やっている、日本一忙しいクリニックの
ひとつではないだろうか?)
その間手持ちの本や
おいてある雑誌(女性向けのものが多い)
手術の紹介ビデオ、手術のパンフレット
などを見ながらすごす。
お茶とかも用意されていた。

そこでハロ、グレアなどの
「聞いてないよ!」などの情報が手に入る・・・・・。
(当時の公式サイトは本当によく調べた
が載っていなかった。今日ちょっとサイトのQ&Aを
見てみたがやっぱり載っていない。)
まぁいまさらしり込みするほど
酷い後遺症でもないので落ち着いて待つ。

ようやく検査が始まる。
流れ作業的だが、患者一人につき
一人の看護婦(みなさん美人だった)が
ついて付きっ切りで検査に立ち会ってくれる。
検査は何種類もあるのだが
つまりこの検査が終わったら
あそこにいって、とかここにいってとか
たらいまわしにはほとんどされない。

基本的に一人に看護婦さんが
一人の患者に全部の検査に
立ち会ってくれる(と記憶している)。


検査は単なる視力、乱視の検査から
目に麻酔薬をたらしておこなう検査、
暗室で数分くらい場所で目を闇に慣れさせてから
(瞳孔を開かせるのだろうか?)
やはりその暗室で複数の検査を行う。
すべてが終わってから、
今度は看護婦さんではなく
医師による検査とカウンセリング。
特別な目薬をたらされ
目を覗き込まれて、会話
検査は問題ないとのこと。

質問はないかとのことで
私は唯一疑問に思っていた
「老眼」についての質問をした。
将来老眼になるのではないかと?

医師は笑って今垂らした
目薬によってあなたは
一時的に老眼になっています。
といって(よく覚えていないけれど)
納得のいく回答をもらった。

さてよく覚えていないが検査がすべて終わった
このカウンセリングの前後に
看護婦さん(たぶん年齢からして主任とか
副主任レベルの人に)なにか質問がないですかと
たずねられ、私は以下のようにたずねた。

今日の予約はちゃんと検査予約時間を
決めてそのときに来たのに数時間待たされました。
明日手術を予約しているのですが
このような状態では非常に不安です・・・・と


その看護婦さんはしばらくお待ちくださいと
受付の方に向かい、
しばらくして戻ってきて
明日の朝9時に予約を入れましたと答えてくれた。
(いまから思えば強引に予約を入れてたのだろう)
知らなかったとはいえゴネ得はおそろしい。

もうだいぶ遅くなっていたが私は
実家に戻った。

続きます。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/26 16:56 ] 自分について | TB(0) | CM(0)

風邪を引いてダウン 

どうも昨日からのどが痛くて
鼻水がひどい。

風邪を引いたようだ。
とりあえずは風邪薬を飲んで
横になっている。
食欲はあまりなし。

今頃はAAが始まっているだろうけど
やむを得ず欠席。

ニュースを見ていたら
東京・中央区の眼科でレーシック手術を受けた67人の患者が手術後に感染性角膜炎に
なんてニュースがやっていた。
とうとうレーシックで問題発覚か?
と思ったらレーシックそのものではなく
消毒(装置)が問題だったのこと
銀座眼科とか言っているので
すわ、私が手術を受けた
品川近視クリニック」のことかと思ったら
(東京都千代田区有楽町にあり「銀座院」と呼ばれている)
まったく別の「銀座眼科」のことだった。
品川近視クリニックの風評被害は避られないだろうな・・・・・。
ちなみにこれを書いている時点で
銀座眼科のサイトにはこの問題についての
言及はなし、アカウンタビリティという
言葉を知らないようだ。

上記のリンクはいずれも公式サイトのホームページに
リンクさせてあるが、私が受けたときよりも
だいぶ安くなったものだと思う。

以前週刊新潮で叩かれたような
無理やり意味のない値上げをしているような
感はゆがめなかったけれど・・・・・。

思い起こせば電話一本で検査と手術の予約を
(たぶん新人の)オペレーターを
狼狽させていっぺんに済ませて、
検査日の次の日の朝一番に
手術をしてもらったことを思い出す
(本当は予約まちで検査後
手術は何日か待たなくてはいけない
意図したわけではないが、むこうが無理やり
予約を入れてもらったのだろう、
いわゆるゴネ得である)。
あとで知ったのだが、オペレーターさんには
悪いことをした。

酷使していた某証券会社発行の
クレジットカードが破損。
セゾンカードなのでセゾンに
自宅から電話して、再発行の
手続きをしたら、すぐその後に
携帯電話に電話がかかってきて
証券会社のほうで
手続きをしてくれといわれた。
いわゆる手違いというやつで
セゾンのほうでは再発行の
手続きはできないとのこと。

面倒くさいけど、風邪で怒る気力もないので
言われるままに教えてもらった
電話番号にかけたが
そのさいそのネット証券会社の
ログインIDとパスワードを
出力しろときた
(もちろん機械音声)。
面倒くさいけど調べて出力
(自分では記憶してなく
特別な方法じゃないと
見れないところに隠してある)
なんとか処理を済ませた。

それらの手続き中に
スコアが低いと、就職や引越しに影響も”
その人の人格格付けをする「クレジットスコア」
日本でも導入の動き
、なんてニュースが
目に飛び込んできた(リンク先のニュースタイトルは
「ロンブーもビックリ!?人間格付けのクレジットスコア 」)。

興味深かったので調べてみたら
岩田 昭男氏による「クレジットスコアを知っていますか?」
森永卓郎氏のよる
「人間の価値を金で測る「クレジットスコア」導入に大反対する」
なんてコラムが見つかった。

両コラムとも興味深い内容だったので
お手軽にそのクレジットスコアを計れる
サイトを見つけて

ローンスコアとクレジットスコアを計ってみたら
両スコアとも大体750点付近という値が出た。

できる限り正直に答えたつもりだが
もし休職中であるとか病歴までも
審査対象に入れられたら
(上記の測定サイトにはそれらの項目はない)
100ポイント以上、下がるのではないか・・・・・。

これが導入されるとなると
森永氏がいうとおり嫌な社会に
なるかもしれないなぁ。

早く復職したくなってきたよ・・・・・。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/25 19:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

見たい映画は意地でも見る!しかし・・・・・・。 

いっぱい借りてきた映画の中に
「レニングラード大攻防1941」という映画がある。

1985年製作のソ連映画である。
ゴルバチョフが書記長に就任して
ペレストロイカが始まったといえる年だ。

私がソ連の戦争映画に抱くイメージは
国がバックアップして脚本はともかく
派手に戦車、飛行機、人員を動員した
派手な映画というイメージだった。

戦争と平和」とか「ヨーロッパの開放」とか・・・・・。
上記の「戦争と平和」のリンクは英語版ウィキペディアへリンク
この映画松井修氏の紹介では1965年公開、ウィキペディアでは
1968年、IMDBでは1967年となっている
ええいどれが本当だ!
(複数の映画を混同している可能性はありません、
それを確信するのに調べ疲れはてて「ヨーロッパの開放」
のリンクは張っていません。)

音楽は神経に作用し、愚かにも素晴らしいなどと口走って
このいやらしい地獄のような世の中に生きていながら、
あんな美しいものを創り出せる人たちの頭を
なでてやりたい気持ちにさせてしまうものだ。
けれども、人の頭はなでてはいけない。
手を噛まれてしまいかねない。
容赦なく頭を殴らなければいけない。

これは映画ライターの松井修氏が
映画秘宝コレクション「底抜け超大作」で
レーニンがベートーベンを評したと紹介した文章を
引用させてもらったもの(一部を漢字に変換)。

まぁつまり「芸術」というものの偉大さを認めつつも
それが国家に及ぼす影響を危惧したものと
とるべきものだろう(私の推測です)。

その後のソ連(レーニン)は1919年から「映画産業国有化政策」
とやらを布告して、ソ連製の映画はすべて
「国策映画」として教化の手段となったと続く
つまり、「芸術の影響」を「ソ連」の国策に
有利に働くようにしたわけだ。
(詳しくは「底抜け超大作」をお読みください)。

だから私もこの「レニングラード大攻防1941」に抱いた
イメージは派手な白兵戦や戦車戦、戦闘機が舞う
国策映画だった。DVDの後ろにある紹介文にも
パッケージも派手な戦闘を彷彿させるものとなっている。

見始めるとなんとうまく再生されない。
音声は普通に再生されるのだが
動画がしょっちゅう停止して
飛び飛びになるのだ。
おまけに冒頭の映像からひどいもので
DVDどころか何度も見たVHSビデオ
のような画質だった。
(案外本当に使い古しのVHSビデオから
DVDにコピーしたものではないか?)

とても見れたものではない!
DVDに傷があるのではないかと考えて
記録面を光にかざしてみたが、新品同様だった・・・・・
(新しく開いたレンタルビデオ店が
必ずしも新品ぞろいとは限らないが
このディスクに関してはそうだった)。
私のブルーレイドライブが問題か?
いや相性が悪いのか?
乾式、湿式両方でクリーニングしても
効果なし!

しかし映画の最後のほうには画質が悪くとも
すごい戦闘シーンがあるに違いないと
思った私はあきらめなかった。
DVD Shrinkを用いてDVDをリッピングして
ISOイメージに変換してハードディスクから
daemontoolsを用いて起動。

これだったら問題なく見れるはず・・・・・・・
と思ったら多少はましになったが
まだかくつきがある。
今度はタスクマネジャーを開いて
DVD再生ソフト(PowerDVD)の
優先度を「高」に設定。
ついでにメモリを食っている
他のソフトを強制終了。
これでなんとか見れるようになった。
(ほんのわずかだがやはりかくつく
これはやはり不良品ではないのか?)

で派手な戦闘シーンが拝めれば
少しは溜飲も下がろうものだが
そんなシーンはまったくなかった。
空爆シーンで10台未満の戦闘機が
爆弾を落として機銃射撃をするシーンと
軍艦が艦砲射撃を行うシーンが
すこしあるだけ。

映画の筋書きは包囲されている
レニングラードに火薬が不足していて
それを専門家(主人公)とその仲間が必死に
海路を利用して火薬を運ぶ、
それに多少の家族ドラマがおまけに
付け加わるというだけの
非常にお粗末な、羊頭狗肉の内容だった。
ドイツ兵とソ連兵の白兵戦などは
まったくないといってよい。

あまりにもひどすぎて、飽きて眠ることさえ
できなかった。
レニングラード大攻防 1941 [DVD]レニングラード大攻防 1941 [DVD]
(2004/11/05)
ヴァディム・マカロフスキノジェリ・チョニシヴィリ

商品詳細を見る

私があえて文中にamazonのリンクを張ったのは
このDVDを買って(見て)ほしいからではなく
この映画を評している人のレビューを読んでほしいから。
私が言いたいことを大体代弁してくれている。

ちなみにIMDBでは「Porokh」という「英語」で紹介されている。
これから推測すると
ロシア語表記は不明(しらべる気力なし)だが
「火薬」という意味のロシア語が原題と思われる。

「火薬」じゃだれも見ようとしないから
「レニングラード大攻防1941」なんて大仰な
邦題をつけたのだろう。

ちなみに特典としてこの作品の
予告編が収録されているのだが
上記のまだまともなシーンを継ぎ合わせて
「実戦と見まがうリアリティ」、
「CGでは再現できない」、「戦争スペクタルアクション」
とか謳っていて、詐欺(その)ものの代物だった。

これだけ書いてようやく溜飲が下がった思いがする。
ちなみにCGはメッサーシュミット Bf 109と思われる
戦闘機が超低飛行で空爆(機銃射撃?)を行う絵
がタイトルメニューとパッケージ(上のamazonのリンク参照)
だけで使われている(笑)。

底抜け超大作 (映画秘宝コレクション)底抜け超大作 (映画秘宝コレクション)
(2001/08)
映画秘宝編集部

商品詳細を見る


人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/24 16:00 ] コンピューター | TB(0) | CM(0)

データー量で解るDVDとBlu-rayの違い 

DVDを借りまくっているといろいろな
配給会社スタイルの違いがわかっていろいろと面白い。
(映画の配給会社ではなく
あくまでレンタルDVDの発売元という意味で)
早送りもできない他作品の予告編を長々と見ないと
本編を見れないせこいスタイル
(タイトル、メニュー画面に飛ぶこことも不可能)。
早送りはできるスタイル。

潔くディスクを入れればそのまま本編から
見れるスタイル。
本作品と他作品の予告編を
見るかどうかはタイトルメニューで
選択できるスタイル。

小規模な会社がディスクを配給しているところが
せこい手を使う傾向が多いとはっきりわかるのが悲しい
(Blu-rayソフトは大手が配信してることが多いためか
予告編を強制的に見せるようなせこい真似を
しないことが多い、っていうかほとんどだ)。

パソコンでDVDないしBlu-rayの映画を見るとき
おそらく家電の再生機でできないことが
少なくとも二つある、いやコピーとかそういうことではなく
(もしできたらごめんなさい)。

ひとつは全体のディスクの容量を見ることが
できること
、DVDは2層だったら6~8Gバイト
Blu-rayだったら大体17Gバイトぐらいのものが多い
(あまりサンプル数は多くありません、念のため)。

おっと、いま確認しながら書いているのだが
デイ・アフター・トゥモロー(Blu-ray)は
46,6Gもあった、侮れないな・・・・・。

私はDVDの場合2層だったら8.54G 、
1層だったら4.7Gをビットレートを最高にして
ぎりぎりに焼きこむものだと
おもっていたがそういうものでもないらしい。
(一層で4.1Gが最高だったかな)。
DVDは記録面の内側から外側に焼いていくのが
基本だが、外側ほど読みにくくなるので
ユーザーのDVD再生機で不具合が
おきにくいようにしているのではないだろうか?
(2層の場合は一層目を内側から外側へ焼き終えてから
二層目に移るのだろうか?それとも
1層の内側→2層目の内側→1層の内側→2層目の内側
と細かく編みこむように焼かれるのだろうか?
それにもよるけど。)

2つ目はビットレート(この場合は一秒間にどれだけの
ビットを画像表示情報として出力しているか
音声データーは除く)を見ることができること

(これは家電でもできるかな・・・・・、
むしろパソコンの再生ソフトによっては
見ることができないかも・・・・・・)。
DVDは3~8Mbps、Blu-ray は15~25bps
である派手なアクションが多いところほど
この値が大きくなる。

こうした具体的なデーターを見るだけでも
いかにBlu-rayがDVDに勝っているかが解る
(解像度とか1倍速(Blu-rayは1.5倍速)の
読み込み速度とかのスペックの値では
解らない値だ)。

今私はあまりにもDVDの画像が荒くて
ディスプレイ近くで見るのに耐えられずに
寝っころがって離れてみるようにしている。
だって地上デジタル放送より画像が荒いんだもん。
(で、退屈な映画だと眠ってしまう(笑))。

HDDVDとBlu-rayが企画争いをしていたころ
私は素直にBlu-rayが多少値段が高くても勝ってほしいと思っていた。
容量が大きいだけではなく、なにか技術的にも
新しいように思えたから。
容量が大きければ高くてもよいとおもったわけは
この記事をご参照ください。

願望どおりBlu-rayが勝利を収めてくれて
より綺麗な画像で映画を家で楽しめるようになった。
もっとBlu-rayのソフトが増えますように
そしてレンタルビデオの本数が増えますように。

おっと今ニュースをニュースをつけたのだが
「つみきのいえ」と「おくりびと」がオスカーを
受賞したようだ。

つみきのいえはまったく知らないが
「おくりびと」はさそうあきら氏の漫画で
読んだことがあるので知っている。
素直にいい作品だと思った。

正直ストーリーを知っている映画は
よほどインパクトがないと
みないのだけど
「ブルーレイだったら」見てもいいかな(笑)。

おくりびと (ビッグコミックススペシャル)おくりびと (ビッグコミックススペシャル)
(2008/08)
さそう あきら

商品詳細を見る
おくりびと (小学館文庫)おくりびと (小学館文庫)
(2008/07/04)
百瀬 しのぶ

商品詳細を見る


人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/23 22:15 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

いくらVFXがすごくとも背景がないと・・・・・ 

見まくっている映画をいちいちレビューしている時間がないのだが
これだけは言っておきたいという映画にめぐり合った。

ナイト・ミュージアム」ウィキペディアから引用させてもらえれば

ラリーは元気で明るい性格ではあるが、失敗ばかりで定職に就けずに離婚してしまう。そのため、大切な一人息子のニックと共に暮らせない。職探しに奔走する彼は、ようやく自然史博物館の警備員として働くことになった。
しかし、その博物館には、夜になると、展示物が魔法の宝物の力で動き出すという秘密があった。ラリーは唖然・呆然とするばかり。また、この博物館の元から居た警備員達が怪しい計画を密かに進めていた。果たして、ラリーは博物館を守ることができるのか。そして、またニックと共に暮らせるのか。

だそうである。
私は美術館よりは博物館が好きな性格であるが
それは差し置いて、実際に見てみると
どんなにすごいVFXを使っていても
正直あまり面白くなかった。

ティラノサウルスの骨格にしろ、ネアンデルタール人にしろ
その他の展示物にしろ
実際に動くとしたら、それにふさわしい舞台で
動いてこそその特殊効果(VFX)が活きるのではないか。
ティラノサウルスの骨格だったら
恐竜ゾンビ(スケルトン)の映画で
ネアンデルタール人、南北戦争の兵士だったら
彼らの生きていた時代の背景があってこそ。

博物館というごちゃごちゃに混ざった舞台では
それらが活きないのではないのだろうか?
(展示されているときはそれなりに
整理されて置かれているだろうけれど)
私はロサンゼルスのロサンゼルス郡立自然史博物館
とオーストラリアはシドニーにあるシドニー水族館を訪れた
ことがあるけれど少なくとも
彼らの展示方法は(日本より)雑だった。
英語がろくに読めないことを差し引いても・・・・・。

まぁそれらが混ざって動くというのは
面白いアイデアと思う人もいれば
私のように勿体ないと考える人もいる。

現代社会に脈絡なく(VFXを使って)いろいろなものが出てくる
という意味では似たようなアイデアの「ジュマンジ」を
見たときは素直に面白く思えた。
1995(日本では1996年公開)の段階でVFXがずば抜けていたので
それだけでおなかいっぱいだったのだ。
ストーリーはよく覚えていない。
テレビでも動物の毛皮(毛並み)の
リアリティを出すために、
最先端のCG技術を使っていると
見た記憶がある。
(偶然かどうか知らないが両作品とも
ロビン・ウィリアムズが出演している。)

しかし正直30もとうに過ぎて、
すれた私としてはもうそれだけでは
楽しめないなぁといったのが正直なところである。

やはり舞台がしっかりしていないと
ごちゃ混ぜだとなぁ・・・・・・。
といった感じである。
まぁこの映画ラストからしても完全に
子供向けだから
それでもいいだろう。

この映画商業的にはかなり成功したらしい。

むしろ成功しない
すれた社会のほうよりも
成功するワンダーを求める
子供、ないし子供の心を持つ
人が多い社会のほうが私は好きだ。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/22 19:30 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

ティム・バートンのCGアニメを見ると眠たくなる。 

特に好きな映画のジャンルとか
好きな俳優とか、監督というのは
自分にはないつもりである。

自分が映画を見るときに
一番重要視するのは
スクリプト(脚本)である。

筋が通っていて、矛盾がなくて
面白ければ、それが一番だ。

もちろんエキゾチックであったり
興奮する描写を見せてくれれば
多少は目をつぶる。

それでも好きな監督をどうしても
あげろと言われればティム・バートン
しぶしぶ挙げる。

なぜしぶしぶかというと
彼の映画は「実写」はたいてい外れなく
面白いのだが、「アニメ」になると
どうしても面白くないからだ。

ウィキペディアを参照すると
彼がかかわった映画では
『フランケンウィニー』
『ピーウィーの大冒険』(実写だがアニメの手法も使われている)
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』
『ジャイアント・ピーチ』
『ティム・バートンのコープスブライド』
がアニメ映画といえそうだが
はっきりってフランケンウィニー以外はいずれもつまらなかった。
ただしフランケンウィニーは短い映画なので
さっと見れたという事情もある。
ピーウィーの大冒険とジャイアント・ピーチは
途中で見るのをやめてしまった。
長編映画につ限れば
いずれも(私にとって)はずれということになる。
ちなみに製作と監督のいずれかに
かかわっている映画に限れば
『キャビン・ボーイ/航海、先に立たず』
以外のバートンの映画は全部見たことがある。
そして実写映画はいずれも面白かった。

『ティム・バートンのコープスブライド』
は今借りている真っ最中なのだが
みているとどうしても眠ってしまう。
なぜここまで彼のアニメ映画に拒否反応
(大げさか)を示してしまうのだろう?
日本のアニメに慣れすぎたためか?

やむを得ずメル・ギブソンのアポカリプトに
切り替えて見たのだがこれは面白かった。
脚本は単純でひねりはないけれど、
エキゾチックで目を飽きさせない描写がいい。

宣伝の際には「マヤ文明の衰退を描く作品」として宣伝されていたが、マヤ文明自体の衰退は描かれておらず、作品は終始逃走活劇である。


とウィキペディアにあるが、これはApocalypto
という単語をApocalypse(黙示録つまり
最後の審判)と故意か誤って結び付けたのでは
ないだろうか?
Apocalyptoの意味はぐぐればすぐ出てくるが
(英語辞書では出てこない)確かなソースではないので
ここににはかかない。

ちなみにマヤ文明の衰退を示唆するような
描写は確かに最後に本当にわずかだけどある。

ウィキペディアによるとこの映画は

・映画評論家の町山智浩は「この作品のストーリー構成や演出は、コーネル・ワイルド監督が66年に発表した映画『裸のジャングル』(原題:The naked prey)の影響が顕著であり、重要なシーンは丸パクリと言ってよいほど似通っている」と評論している。


だそうである。
私は『裸のジャングル』は見たことはないのだが
全体的な感じは
伝聞(あえて事実とは言わない)
に忠実に描こうとすると残酷な描写になる(パッション)
冷酷な敵役が登場して家族、同胞の敵討ちで殺しあう(パトリオット)
などいかにもギブソンらしい映画といえる。

IMDBによるとギブソンの次の監督作品は
未定だがプロデューサーとしての作品は
Sam and George 」とのこと
(邦題はまだきまっていないのだろう)。
これまでやってきた歴史物ではなく
無実の罪で20年投獄された
友人同士(それがサムとジョージなのだろう)を描いた作品らしい
(それなりに歴史描写もでるだろうけれど)。

昨日忙しいといいながらだらだらと書いているのは
レンタルビデオ店にいって調べてもらったら
土曜日までに返さなければいけない映画は
一本だけで残りの9本は日曜日
(月曜日の朝9時まで)に返せばいいと
わかったから、その一本はもうすでに見ていた。

さて、見終わった映画を返してくるとするか。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ





[ 2009/02/21 21:24 ] 趣味 | TB(0) | CM(4)

映画を見るのに忙しい 

映画を見るのに忙しい。
前の記事で書いたショップから
まだ10本借りていて
先の土曜日に借りたものは
日曜日の朝9時までにこれを
返却しなければいけない。

本当は日曜日から一週間の
ものもあるのだが土曜日に
借りたものとごちゃになってしまったのだ
まぁいいなんとかあと七本ぐらいは
それまでにみれるだろう。

これ以上書くと昨日みたいに
長くなるので今日はこれまで。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/20 20:26 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

映画を見まくっている 

近所のブックストア兼CD、DVD、コミックレンタルの店が
とうとう開店した。
ちょっと前の話だけど。

オープンセールで一本98円で借りれるので
今映画を見まくっている。
暇でやることないし・・・・・・。

ブルーレイもそれなりにそろっているが
ほとんど借りられていない。
私が思った以上に普及していないようだ。

このままでは更なるブルーレイのレンタルの
入荷に差し障りがあるのではないかと思って
見たことがない映画ははなるべく借りてみた。
もちろんDVDソフトも借りまくっている。
借りる上限は一人10本までと聞いていたが
実際は数回に渡ってレジにいけば
10本以上貸してもらえる。

おかげでだらだらと寝っこりながら
映画を見る日が続いている。
こんな生活を送っていれば
「覇気がない」といわれてもしょうがないな・・・・・・。
先日実家に帰ったら
弟が自室(実家に帰ったときは私も
使わせてもらっている)に
とうとう念願の37インチの液晶テレビと
ブルーレイレコーダーを備え付けてた。
とうとう買う踏ん切りがついたようだ。

余談だが今週号のPCFAN(パソコンの雑誌)
を見たら私のパソコンに搭載されている
Blu-rayディスクドライブのGGW-H20N は
ブルーレイとHDDVDの両方を見る(読み込む)ことができて
かつブルーレイへの書き込みができる
唯一のドライブであるらしい。


ちなみに家電用のブルーレイレコーダー、再生機
ともに両方とも読み込みできるものは存在しない
(私が調べた限りでは)。

書き込み、読み込み速度ともに決して
他社製品に(それほど)劣るものではなくまた
ウォン安のおかげか安くなっていて
売れまくっているらしい。

私がこのドライブを持っているのは
単にBTOがこのブルーレイ書き込み可能なドライブ
を(購入時は)これしか用意していなかったため
であり狙って購入したわけではないが
HDDVDを読み込むことができるというのは
将来何かの役に立つかもしれない
まさに「奇貨置くべし」である。

売れまくっているので生産停止になるとは
考えにくいが、なにがあるかわからない
今日日々なので、興味のある方は
ぜひご購入を。
GGW-H20N BK BOXGGW-H20N BK BOX
()
不明

商品詳細を見る


人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/19 22:20 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

覇気が無い!・・・・・・・か 

今日は病院の日。
久しぶりに更新をしよう。
久しぶりに地元のAAに参加して
帰ってきてからこれを書いている。

金融恐慌に加えて日々続く
派遣切りとか正社員に及ぶ
削減実施などのニュースなどなど、休職中の身には
実感できないけどつらそうな現実が
立ちふさがっているようで、
気分が鬱々していたのである。

やることといえば週一回のAA出席と
映画を見て見て見まくることだけ。
私はドラマは滅多にみない。
ましてや連続ドラマの類は。
2時間弱、長くても4時間で
ストーリーをまとめてくれる
映画のほうが好きだからだ。

だらだらと1クール付き合う気になれない
(ただ不思議なことにアニメだとそんなことは
まったくなくなる)。

実は昨日は良く眠れずに
電車の中でもうとうとして
受付をすましてから診察待ちの3時間強もの間
うとうとして主治医の診察を
受けたときは寝ぼけ眼だった。

先生はいつもどおりの
「よく眠れているか」とか
「食欲はあるか」とかの質問をせずに
「調子はどうだ」とかいう質問を
した後で「覇気が無いね、大丈夫かい」
とすこし大声を出して、様子を尋ねてきた。

まぁ先生なりの叱咤激励の言葉だったのだろう。
先生はアルコール依存症の権威だから
この病気の恐ろしさを良く知っている。
ただ覇気の無い生活を送っているだけでは復職のために必要な
診断書を出すことは出来ないだろう。

本当は1月に復職の具体的な内容を
決めるはずだったのだが、「所長の死」のこともあるのか
なにも決まらず、もんもんとしていたのである。
あと自分は寒いのが苦手で
冬は出不精になっていたせいもある。

「覇気が無いといわれてもしょうがない状況である。」
少しは覇気のある生活をしなければなぁ・・・・・。

とは言っても覇気のある生活って何だろう。
とりあえずは毎日ブログを更新して、
またダイエットでも始めるかな。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/18 22:57 ] アルコール依存症 | TB(0) | CM(0)

ペンギンが空を飛ぶ!感動した! 

ニュースを見ていた。
日テレを見ていたら、
弱視の子供たちへの特別な教科書が
不足しているというニュースをやっていた。

義務教育の子供に対して
使いやすい教科書が提供がされていないという
衝撃の事実。

ただ、単なる国の怠慢だけってことではなく
提供する側にも問題があるって感じがした。

私がこれはぜひやるべきだと思っているのは
健常者用の教科書も義務教育は
使いまわすべきだということ。
つまり私物ではなく、学校の備品として
扱えということ。
浮いたお金でもっとほかの部分の
教育を充実させる。

一部の外国ではそうしているそうだ。
エコにもなるし、教科書を大事に
使うようになるのではないだろうか。
当然、紛失、破損(落書きを含む)には
実費でまかなわせる。
いじめで他人の教科書に落書きするやつは
厳罰に処す。

まぁ私は教科書にはいろいろ書き込みをする
生徒だったし(落書きではありません)
昔のことを思い出すのに古い教科書を
引っ張り出していた人間なので
あまり強いことはいえないが・・・・・。
最新版は図書館(室)で借りれるように
すればよいのではないか。

昔は衆参両院の議員定数がころころ変わっていた
こともあるが、すべての教科書がそういった必要は
ないだろう。

毎年教科書が少しずつ変わることは
それなりにメリットはあるだろうけれど
なんか利権の臭いがしないでもない。
やはり教科書は使いまわしにしたほうがよい。
せめて3~5年は使おうよといいいたい。

上記放送の放送を見ていたら
アルビノの男の子が出てきた
(この子も弱視)。
2chの実況スレで「「アルビノ」という言葉で
グーグルイメージ検索すると
面白いよ」と書いてあったので、
やってみる。確かに面白い画像の記事や
ブログ、サイトを見ることができた
(人間のアルビノの記事はほとんどなく
ほとんどが動物に関する記事である)。

私が感動したのは主に動植物のニュースをあつかうブログ
奇想天外生物図鑑カラパイト」この記事。
【動画】 ペンギンが空を飛ぶ!!キングジョージ島のペンギンたちの恐るべき飛行能力
表題を見て2/7公開の「旭山動物園」の映画
「旭山動物園物語~ペンギンが空をとぶ~」
のことを思った人は残念。


でも一足お先にペンギンが空を飛ぶ動画をご紹介。

この動画に関してのコメントは
「奇想天外生物図鑑カラパイト」の管理人さんに
失礼なので控えさせていただくが
真相を知りたい人はぜひ、上記のリンクから
当該記事をお読みください。


人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/03 18:44 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

ちょっとがっかりすることが多くて 

今日は天気がよいのでお掃除に買い物
あといろいろ、八神健氏の漫画
どきどき魔女神判!」WIki(ウィキペディアではない)のパロディ元ネタの項目が
足りないように思えたので、17個ぐらい追加した(W)。

ツタヤ・ディスカッスの
エリザベス
【BLU-RAY】バットマン ゴッサムナイト(ブルーレイ)
到着。
これで無料8本貸し出しはいただいたので
「休会」の申し込みを済ませる。
しないとお金が引き落とされてしまう。
「退会」は一応やめておこう。
簡単に手続きできるのでみんなもどうぞ。
使い勝手はよいですよ。



近くのレンタルビデオ店がとうとう開店することになった
ので今日入会手続きを済ませてきた
(開店前からその窓口だけは開いている)。

入会金とかを払うのが面倒だったので
クレジットカード機能つきで申し込み。

入会優待はあまりたいしたものではなかった。
ちょっとがっかり。

NHKの「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」
視聴、「硫黄島」の生態を見せてくれるのかと
思ったら「南硫黄島」の話だった。
(YAHOO!テレビの番組表で見ると
南の文字が切れて「硫黄島は、東京の南1300...」と読める)
これもちょっとがっかり。
でも内容はそれなりに面白かった・・・・。
と言いたいが、上記の作業をしながら
またあまりにも生物学的にマニアックな
話なので・・・・・???という感じだった。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。
人気ランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2009/02/01 20:21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
優れもののカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2009年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


アッキーのプロフィール

Sobrietor:アッキー
現在34歳、サラリーマンですがアルコール依存症と適応障害で休職から復職に向けて努力中。趣味と生きがいを求めて日々探求の日々です。
いまのところは自分の文章をすこしでも多くの人が読んでくれて
コメントしてくれるのが生きがいです。


属性:アルコール依存症、適応障害、社会不適格者から回復中
願い:打ち込める生きがい、趣味
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックオフオンライン


i-mobile
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。